昔の味・・・本場のジンギスカン

少年時代のこと、夏に親戚一同が集まる場所の一つに、サッポロビールの名古屋工場が経営する、巨大ビアガーデン「浩養園」というところがあった。

名古屋駅から100m道路を東に行った、千種区の吹上というところにある、広大な敷地のビアガーデンで、予約なしではとても入りきれないほど。
交通の便があまり良くないにもかかわらず、当時はにぎわいを見せていた。

売りは、工場直送の生ビールと、ジンギスカンで、木立に囲まれた自然な雰囲気のあるところで、会社に入ってからも時々利用したことがある。

学生時代の京都、確か1968年だったと思うが、銀閣寺交差点の西に、「王将」という学生向けの中国料理の店が開店した。
客席数15人ほどの、小さな店だったが、それが「王将」1号店と聞いた。
しかし確かな情報ではない。

餃子が一皿60円。
10皿完食すると無料になるとの、看板が出ていたので、10皿ぐらい平気で食べられる・・そう高をくくって挑戦したことがあった。

しかし結果は無残にも6皿で終わってしまった。
その理由は、当時の京都では有名で、食べ慣れていた「珉珉」の焼き餃子の、軽く3倍近くあろうかという巨大なものが1皿に6個も乗っていたから。

「珉珉」なら軽く10皿ぐらいは食けたと思うのだが・・・・
3倍の量では、いかに食べざかりでも無理であった。

それでも店内の張り紙には、おそらく体育会系の学生だろう、10皿食べた人の名前が既に10人ほど書かれてあった。


「王将」には時々世話になったが、中に「ジンギスカン」という格安のメニューがあった。

しかしジンギスカンは、やはり「珉珉」のもののほうが数段上。
120円ほどのあの値段では致し方あるまい。

ちなみに餃子は1皿60円だった。

いずれにしても、当時のジンギスカンは、マトンを使っていたから、そして冷凍と解凍を繰り返していたのだろう、血と一緒にうま味成分が抜けたような、味のない硬い肉で、おまけに臭みがあるから、それを強力なソースでごまかしているものばかりで、その時ばかりは、「浩養園」のジンギスカンが懐かしく思われた。

ただ「浩養園」のジンギスカンは、肉の質はいいのだが、つけだれが非常にプアなため、満足度があまり高くなかったのは残念であった。
タレ持参なら素晴らしいジンギスカンになると思ったが、一度も実現しなかった。

北海道の本場のジンギスカンは、実においしい・・・・そう聞いていたから、北海道に行って本場のジンギスカンとやらを食べてみたいという欲求は、だんだん膨らんできたのである。

d0063263_16134266.jpg
それで北海道旅行の最中に、釧路の郊外の大きな牧場の中にあった、ジンギスカン専門の店に入って、念願の「本場のジンギスカン」の味を堪能することにした。

北海道がなぜジンギスカンの本場なのか、当時はそんなことを詮索することもなく、ただそういうものとしか思わなかったが、ラムとマトン両方をうまく使い分けた羊料理に伝統的にたけていて、しかも当時の北海道では、北海道産の羊を使ったものしかなかったから、これが美味しさの第1のポイント。
つまり肉が新鮮・・・それに尽きるのだろう。

おまけに大自然の真っただ中で食べることができるのだから、これはもうたまらない。
ビールはサッポロであったが、この牧場とサッポロビールは無関係。
でも、地元発祥のビールをあえて出すところに北海道の誇りなるものを感じた次第。

40年近い昔の味の残像は、今でもあるようだ。

最近ジンギスカンが見直されているようで、いろいろな肉屋を当たっているが、マトンやラムを置いている肉屋は、小生の住む地では、未だに見つからない。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-08-24 16:24 | 歴史 | Comments(4)

Commented by HABABI at 2008-08-24 22:33 x
こんばんは
私は札幌で生まれ育ち、小学校に入った頃に母に連れられて、初めてジンギスカンというものを食べました。久しく、肉はラムではなくマトンでした。今、関東に住んでいますが、マトンは手に入らず、ラムを食べています。幸い、ここではスーパーマーケットで売っているので、我が家の冷凍庫には必ずと言っていいほど、入っています。タレはベル食品のものです。これも売っています。ここは北海道出身者の多い場所なのです(大きな工場があって、かつて大勢の職員が北海道から移動して来たのです)。
最近はジンギスカンは健康食品のように言われていますが、何が健康なのか、よくわかりません。
今でも覚えているのは、薄野にあったジンギスカンの店のものが、牛の乳のような味がして、すどく美味しかったことです。ベルのタレでも、加えるニンニクの量次第では、似たような味になります。食べた次の日は、口臭に注意です。
Commented by noanoa1970 at 2008-08-25 10:00
>牛の乳のような味
美味しい新鮮なマトンはたぶんこのような味と香りがするのでしょう。通は、ジンギスカンではラムよりマトンを好むそうです。よい牛乳の少し濃いめの香りの肉、内地では到底食べることができないようで、残念です。スーパーで売っているとはうらやましい限り、今度北海道の名店のものを取り寄せてみようと思いますが、どうでしょう?ベルのヤレは全く知りませんでした。北海道では有名なジンギスカン用のタレなのでしょうか?
Commented by HABABI at 2008-08-25 21:07 x
こんばんは
こちらで売っているのは、ラム肉です。残念ながらマトンは売っていません。でも、結構いい味です。焼くときに使う油が、羊のものならいいのですが、食用油では、ちょっと具合が悪いかもしれません。ラードの方がましだろうと思います。
ベル食品のタレは、北海道ではポピュラーです。インターネットでも注文できると思います。
Commented by noanoa1970 at 2008-08-27 10:10
HABABI さん
ご教示感謝です。