木曽駒高原の桜

d0063263_1541056.jpg
昨日天気が良いという情報で、木曽へ桜を見に行った。
いや、正しくは先祖の墓参りのついでに桜を見ようと行ったわけだ。

先祖の墓は木曽駒高原の中腹にあり、ふもと付近では今ソメイヨシノが満開。

しかし、目当ては先祖の記念の土地に、数百年の歴史を刻む1本の桜。

天候不順なので少しタイミングをはずすと、早すぎたり、遅すぎたり。
しかも天気が良い日はまれなのことだから、昨日は期待をもっていくことにした。

念のため過去のデータを見ると、2003年の4月28日は運よく満開だったから、咲く姿は何らか見られることとさらに期待した。

実によい天気で、めったに見られないことなのだが、真っ白な残雪を蓄えた木曽駒ケ岳も一望できた。

まずお墓参りをして、先祖の地に向かう。

老木にもかかわらず、今年も見事に可憐な花を咲かせてくれた。
直径約1.2Mほどだから、幹の周囲の長さは約4M。

標高800M極寒の地で、これだけの巨木に成長するのに、いったいどれだけの歳月を耐えてきたことか。

先祖はきっと、この桜の開花する春を待ちながら、厳しい土地での暮らしを耐えてきたのだろう。

前から気になっていた桜の種類を判別するためと、仏壇に飾って上げるために、ほんの少し桜の枝を折ってきた。

仏壇に飾るのだから、許してくれるだろう。

この桜の正体を調べると、多分「江戸彼岸桜」の「しだれ」と推定。
長寿で巨木になる
愕が丸い
以上のことから多分間違いないと思う。

「樹齢2000年を超えるといわれる神代桜や樹齢1500年を超える淡墨桜、樹齢1000年と言われる樽見の大桜、その他にも樹齢300年を越える石割桜などが有名」とあるから、寒冷地でも長生きする桜なのであろう。

d0063263_14595117.jpg
d0063263_1503481.jpg
d0063263_1514935.jpg
d0063263_1522286.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2010-04-29 15:04 | 歴史 | Comments(0)