タグ:サミュエル・コールリッジ・テイラー ( 2 ) タグの人気記事

ブリテン諸島の近代音楽

サミュエル・コールリッジ・テイラーという作曲家は、イギリスでは始めての黒人の血が入った音楽家である。小生はそのことをまったく知らなかったが、彼の「アフリカ民謡による交響的変奏曲op63」を聞いていて、なぜアフリカ?と疑問に思ったので調べると、彼の出自が明らかになった。
なるほどそうだったか、しかし小生の好みの、「バラードイ短調op33」を聞く限りにおいては、まったくそのような生い立ちが有ることなど感じさせなかった。

フランスにも黒人の血を引く作曲家「ジョゼフ・ブローニュ・サン=ジョルジュ」がモーツァルトと同時代に存在して、その音楽を古いレコードで聞いたことは、以前のブログでも書いたが、、イギリスにおいても、時代は新しくなるが、そのような音楽家がいたことは非常に喜ばしく、そしてその音楽に興味がわいてくる。
d0063263_932183.jpg

本日は
「バラードイ短調op33」を聞くことにする。
ブリテン諸島の、いずれかの地に生まれた、音楽家の作品とばかり思って聞いていたが、この曲はそれほどまでに「黒人の血」を感じさせない。
小生はこの曲の主題らしき旋律に、アイルランドの伝統歌「素早き戦士」をみることができた。
この「素早き戦士」は、アイルランドの伝統歌の伝道者として、世界的に有名な「チーフ・タンズ」のアルバム「ロング・ブラック・ベール」で、「ポリス」の「スティング」が古代アイルランド語で歌う。勇ましいアイルランドの兵士を歌ったもので、恐らくくは、戦士が戦場に向かうときの、「行進曲」であろう。

余談であるが、「ロング・ブラック・ベール」とは、おそらく「婦人の喪服」を指しているものと思われ、ローリング・ストーンズの「ミック・ジャガー」によってアルバムの中で歌われる「バラッド」は、夫以外の男を愛した女が、夫を殺害する。そして愛した男が死んだ後にも、「ロング・ブラック・ベール」を身に付け、墓の中の男に会うために、夜な夜な男の墓を訪れる・・という「ほかの男を愛した女の夫殺人」の実話を歌ったもの。
小生は、このアルバム以前に「ザ・バンド」の「レヴォン・ヘルム」が歌っているのを覚えていたが、これも素晴らしい演奏。
ドラムをたたきながらの彼の声は、おどろおどろした詩の内容ピッタリである。

この伝統歌を「テイラー」は編曲して使ったものと小生は推測している。
その性であろうか、この曲の中間部までは、勇ましい曲調で突き進む。去年の暮れ、TVがスペシャル番組ばかりとなった時期に、有るTV曲のクイズ番組の合図に、この曲の冒頭が突然鳴り響いたのには少々ビックリした。
しかしまだまだ作者も曲も無名に近い。
中間部は勇ましさが消えて「牧歌的」な局長となる、このオーケストレーションは、アルバート・ウィリアム・ケテルビー(Albert William Ketèlbey, 1875年 - 1959年にそっくりのところが有る。テイラーは、1875ー1912、若くしてなくなっているしケテルビーの有名作品は彼の死後のものだから、参考にしたのはケテルビーなのかもしれない。

簿家的な中間部を過ぎると再びあの「素早き戦士」の編曲らしき、勇ましい音楽となって終わる。12分ほどの曲だが中身は濃いものがあり、小生は好きである。
[PR]

by noanoa1970 | 2006-10-12 09:00 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

ブリテン諸島の近代音楽

d0063263_12511973.jpg「チャールズ・ウィルフレッド・オール」(1893-1976)の「コッツウォルド丘陵の民謡」を聞いた。「オール」と言う作曲家は初めてなのだが、「コッツウォルド」と言う名は聞き覚えが有る。
話ではイギリス随一の・・・もはや観光地として名高く、

ウキペディアによれば、
d0063263_12453578.gif
大ヒット映画「ハリー・ポッター 」
「ピーターラビット」の作者、「ビアトリクス・ポター」
「エマ」で有名な「ジェーン・オースティン」
歴史的に有名な名宰相「ウィンストン・チャーチル」
そして交響曲ヘ長調op.8「コッツウォルド丘陵」と言う、「オール」と同名の曲が有る、冥王星が惑星からはずれて、ホットしているであろう「惑星」の作曲家「グスタフ・ホルスト」
「アール・ヌーヴォー」の元祖とも言うべき「アート&クラフツ運動」の指導者「ウィリアム・モリス 」

彼らを生み出した地であるともいう。
d0063263_12424640.jpg

「蜂蜜色」・・・「ライムストン」の石造りの家と、自然、古くは羊毛の産地として栄えた古い町でイギリスの・・・「ブリティッシュ・カントリー」の代名詞とされるから、観光客も多いらしい。d0063263_12441831.jpg
残念なことに、小生は訪問したことはない。
アイルランドとともにぜひとも死ぬまでに行っておきたい場所である。

音楽は
「牧歌」風な伝統歌をモチーフにしたと思われる耳になじむもので、イギリスのカントリーの「牧草地」をも思わせるような、起伏は有るが、それがなだらかで小高い丘をあがって行くと、そのさらに向こうに牧草地が広がって、小川が流れ、羊が群れをなしている。

鈍色の太陽の光があたりを、やわらかい風とともに包んでいて、仕事に少し疲れた牧童たちが、木陰に体を横たえながら、談笑したり、お茶とクッキーで、軽いブランチを楽しむ・・・・そんな光景が目に浮かぶようだ。

何も目新しい手法を用いることなく、素直に沸いてきた曲想を、そのまま音楽に仕立てた・・・そんな音楽。
ブリテン諸島の近代音楽の中には、このような作風の人が特徴的、何かの理由があると思うのだが、それはまだわからないままである。
個性的ではないが、非常に「イギリス的」と、言うしか今のところない。
[PR]

by noanoa1970 | 2006-10-10 12:53 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)