聖金曜日

「聖金曜日」とはキリストが十字架にかかったその日を記念する日のこと。
4月14日がそれにあたるという。
掲示板「猫」ではその日には「受難曲」を・・・という呼びかけのスレッドがたったようだ。
ワーグナーの「パルジファル」にも「聖金曜日の音楽」という場面があり、独立して演奏される。
勿論バッハをはじめとする様々な「パッション」もその日の音楽としてはふさわしいが、実際はその日にはミサは行われないという。

しかし「スターバト・マーテル」、は、聖金曜日の「聖務日課の聖歌」と「聖母マリアの7つの悲しみ」の祭日のための続唱いう2つの場面で用いられるというから、その日を記念して「スターバト・マーテル」を聴くのもよいだろう。
事実掲示板「猫」では、その日にちなんで「スターバト・マーテル聞きまくり」をするという、「てつわんこ氏」の投稿もあるようだ。

小生も「スターバト・マーテル」は、大好きなほうで、スカルラッティ、ヴィヴァルディ、ペルゴレージ、ハイドン、シューベルト、ロッシーニ、ドヴォルザーク、そしてプーランクなどはよく聴くのだが、それなら少し変わりどころを・・・・と思って聞こうとしたのが「聖母マリアの7つの悲しみ」である。

小生はマリア信仰を非キリスト教世界の「女神信仰」の残像と思っているが、とにかく「マリアの7つの悲しみ」とはいかなるものであるかを探ってみた。

それによると

聖母マリアの7つの悲しみとは
7つの悲しみの道行
「7つの悲しみの道行」のはじめの祈り
第1留 聖母は老シメオンの預言によって悲しむ・・・イェルサレムでシメオンという人が幼児イエスを祝福したあと、イエスの受難を預言し、マリアの心も剣で貫かれると預言したとき

第2留 聖母はエジプトへ逃避する・・・ヘロデ王が出した「幼児皆殺し令」を逃れるために夫ヨセフともにエジプトへ避難したとき
第3留 聖母は御子を見失う・・・・12歳になったイエスをイェルサレムで3日間見失ったとき
第4留 聖母はカルワリオへの途上で御子と出会う・・・イエスが十字架を負ってゴルゴダの丘へ連れられていくのを見たとき

第5留 聖母は十字架のもとにたたずむ・・・十字架にかけられたイエスの足元に立ったとき
第6留 聖母は御子の亡骸を抱く・・・イエスが息絶え、十字架から降ろされたとき
第7留 御子が墓に葬られる・・・イエスが埋葬されたとき

その7つの悲しみの道行の結びの祈りであるという。

小生はこれを非キリスト教文化とキリスト教文化が穏やかに融合したといわれる、アイルランド=ケルトに古くから伝わる、伝統歌を現代感覚でアレンジした
「エクトル・ザズー」「HECTOR ZAZOU」の「ライツ・イン・ザ・ダーク」「LIGHTS IN THE DARK」 の「アルバム」に求めることにした。
d0063263_8203343.jpg



アルバム副題に 'un voyage aux origines des chants sacré d'Irlande' とあるように、「アイルランド聖歌の起源を探る旅」がテーマ


アイルランドに残る古い聖歌や伝承曲をフランスの実験音楽家“エクトル・ザズー”がアレンジした音楽。古くからこの地方で歌い継がれてきた祈りの歌と、と現代が織りなす神秘的な音楽は、今までのアイリッシュ音楽の感触のを保ちながら別の世界をも見せてくれるようで、かなり気に入っている。

1.星
2.聖母マリアの7つの喜び
3.死者の詩
4.3人のマリアの哀哭の叫び
5.聖母マリアの7つの喜び
6.3人のマリアの哀歌
7.受難の詩
8.我等が父の御名のもとに勝利せんことを
9.聖母マリアの7つの悲しみ
聖母マリアの感情の波について語っている。7つあるヴァースの一つで、特定の悲しみについて、表現しており、それぞれのヴァースは、同じオープニングのリフレインを、繰り返した後、それぞれの悲しみがそれに続いている。中世ヨーロッパの伝統に即したこの曲の、さまざまなヴァ-ジョンがアイルランドで見つかっているという。
この曲・・・女性とバックには「ブーズキー」だろうか「ウード」だろうか太く低い音の弦楽器と太鼓が鳴らされる、・・・は、「ケリー郡」で収集されたもので、「ロザリオの祈り」の後、伝統として、歌い継がれてきたものである。
10.主の御心に捧げる小さな歌
11.マリアの哀歌
12.愛の求め
13.すべての希望の墓

[PR]

by noanoa1970 | 2017-11-09 19:29 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

「魔王」雑感-6

明らかにキリスト教化が進んだことが、死を目の前にしたオルフに「キリストよ助けたまえ」、と言わせていることで分かる。しかし神はオルフを見殺しにし、太古の妖精=自然神によって命を奪われる。いかにキリスト教化しても太古からその地方の「民族固有の神」は長い歴史の間も力を衰えない。キリスト教に改宗した・・・と思われる「オルフ」がタブーを犯したことで、太古の神々から「死」の報酬を受けることになるのだ。
d0063263_1451768.gif


なお「魔王」雑感に貼り付けた「絵画」は「詩人グエルの世界」より、拝借させていただきました。下記URLです。とても「不思議な、感性を刺激」する絵です。是非ご覧ください。
http://guel.ld.infoseek.co.jp/
[PR]

by noanoa1970 | 2005-11-13 08:54 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

シューベルトの謎と秘密-4

d0063263_918036.jpg

どなたでも知っているシューベルトの「魔王」、確か中学の音楽の授業でも取り上げられたと記憶する。子供が「魔王」を見て父親に訴える場面では、恐怖すら感じたことを思い出す。
このときの「魔王のシューベルト」に抱いた感じをもち続けたなら、苦労は無かったと今思うのは贅沢であろうか。そのときの感性は長い年月の間に「いわゆるシューベルト」の概念へと変化してしまった。「シューベルトの光と影」の「陰」の部分が実感として見えてきたのは、それからかなり時を経てからのことである。

さて歌曲「魔王」で魔王が子供を3回誘惑するところの最後のメロディと上記「未完成交響曲」の1楽章第2主題」は同じものである。・・・・これは正直自分では気がつかなかったこと。外国の音楽学者だったかが触れていたのを知って確認してみたことによる。「魔王」の該当場所が特定されていなかったので、少し苦労はしたがやがて其れと分かった。歌詞がついたものと、楽器のみの音楽、しかも調性が違うし、4拍子と3拍子の違いが大きく影響したので、今まで何回も聞いてきたのに気がつかなかった。
ましてや「魔王」は4つの人格の声の質を違えて歌いこんでいるため、曲に集中してしまうと、聞き逃してしまう。

この未完成の第2主題を表して「美しく、優雅な、甘い、やさしい、穏やかな」・・・などと形容するものが多いのだが、おかげで少し異なった感性を小生はそこに見つけることが出来た。
これは「魔王」「悪魔」「悪霊」の死への甘い誘いの旋律である「未完成交響曲」は2つの主題がいずれも、デモーニッシュ、1つが直接暗黒面を表出するのであるが、2つ目は一見「甘い幸福」を装っているからもっと性質が悪い。
「未完成交響曲」第2主題として引用された「魔王」の該当箇所の歌詞を見てみよう。
"Ich liebe dich, mich reizt deine schöne Gestalt,
Und bist du nicht willig, so brauch ich Gewalt."
わしはお前が好きだ、かわいい様子が気に入った、
一緒に来無けりゃ力ずくでも連れて行くぞ

「魔王」と「未完成」の同じ旋律を使うこと・・・このことは何を示唆するのであろうか。
歌曲「魔王」では(病気の?)子供を馬に乗せてどこかに連れて行こうとする父親と、子供が途中で見る「魔王」、そしてその甘い誘惑の罠、おびえる子供を「悪魔」ではないからシッカリしろといって諭す父親、試走する馬、その情景を語る語り部の4つの人格で構成されている。北欧神話から題材をとり、ゲーテが作ったものにシューベルトが曲をつけたもの。
最後に子供が息を引き取るところで曲は終わる。

さまざまな見方があるようだが、小生はこの物語に「北欧のゲルマンの神」がキリスト教文化によって「悪魔」に変身させられて、・・・・変身させたのはキリスト教(教会など)であるのだが・・・・キリスト教の三位一体=「父と子と聖霊」に反抗してなのか、子供の生命を奪う「悪霊」として登場し、本来ならば父親=父なる神が其れを防ぐべきところを、意に反し、変身させられ「魔王」となった「古代ゲルマンの神」によって、父親の権力=キリスト教的権威・権力がもろくも崩れ去る姿を想起してしまう。

子供が見た魔物はシッポがあるというからこの「魔王」とは「サタン」のことである可能性が強い。キリスト教以前の「神」・・・つまりキリスト教支配に都合が悪い古代信仰対象の神などは、ほとんど変身させられ、「悪魔」「魔女」「サタン」となったのである。
「ゲーテ」はこの物語の原型中に潜む「古代の歴史的ロマン」を見ていたのではないか?そしてシューベルトは彼の心象の底辺にある、「反父権」「反権力」「反教会」・・・「反キリスト教」的思想にのっとり、「ゲーテ」によって覆刻されたこの物語の奥に潜むものを理解し、其れを積極的に取り上げたのではないだろうか?
「キリスト教以前の文化」・・・例えば古代ギリシャ神話、古代ゲルマン神話など・・に対する憧憬言い換えれば、「母系性社会への憧憬」はこの辺りにも現れる。

シューベルトがゲーテを通してそこに見たものは、「父親殺し」「ミサ曲のクレド」「さすらい人リズム」「ダクテュロス調」等の集大成としての、「反父権」=「反教会」=「反キリスト教」であったのではないだろうか。しかし相手は絶大な権力を持つ相手に面と向かって対抗することは出来るはずも無く、そこから出てくるものがシューベルトの場合、「放浪」「さすらい」であった。
(「シューベルティアーゼ」もそうした概念でくくることが出来るのかもしれない)

このPTSD的な症状はシューベルトが若くして持っていた心の闇であり、その原因は、この世に永らえることが不可能な自分を見たときに始まったのではないかと思われる。

「未完成交響曲」に底知れない暗黒の部分やデモーニッシュな部分を感じることがあるのは、「魔王」のモチーフが第2主題として使われていることだけではなく、このような情念がいつもシューベルトの底辺に流れていたからに他ならない。

シューベルトは、チョット見で明るく感じられる曲でさえ、よく聴くと拭い去ることは決して出来ない悲しみを絶えず覗かせる。

「未完成」の「デモーニッシュな演奏」として小生は
ムラヴィンスキー/レニングラードフィルの演奏をあげたい。
d0063263_1351992.jpg




 
[PR]

by noanoa1970 | 2005-11-08 09:15 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

シューベルトの謎と秘密-1

シューベルトといえば小生は、かねてから彼を言い表す言葉どおり、「歌曲の王」、「若くしてこの世を去った音楽の天才」「未完成交響曲」の作者、そして比類なき美しい「メロディメーカー」、また「交響曲9番グレート」でベートーヴェンを信奉した作曲家であるという認識を実感してきた。しかし数年前からそれだけではないシューベルトが見えるようになって来た。其れというのは、シューベルトの1番4番のミサ曲を最初に聞いてから、時を経て、全曲の6番まで聴き及んだことをきっかけにして、シューベルトに抱いていた小生の概念が大きく変化することになったからである。
d0063263_15105721.jpg

小生はそこに「シューベルト」の深層に潜む何か得体の知れない「ダークサイド」なるものを見たような気がした。
そのきっかけになったのは、以下の2つの言及に触れたことであった。
1-『彼の作曲したミサのクレドはすべて、
“Et unam・・・・・・・・ecclesiam”(一、聖、公、使徒継承の教会を信ず)の一説が欠落していルト言う事実。。その理由は不明だが、かつて一部の音楽学者達が主張したようにシューベルトの反教会的姿勢を意味するものではなく、単に彼が使用していたテキストが何かの理由でその部分が欠けていたからにすぎないのでしょう。』
あるいは
2-『シューベルトのミサにおいて、「聖なるカトリック教会 una sancta catholica」という言葉は一切出てこない』

以上の2点はいろいろな人が指摘するところであります。「クレド」は「信仰告白」でミサにおいては最も大切なものの一つ。シューベルトがその中のこの部分を省略したのは、「慣例説」「忘却説」「作曲上の理由」「使用テキスト不備説」そして「反教会説」などが上げられるが、その真偽は不明のままである。またシューベルトのミサは教会では演奏されることが無かったという説も有る。
特にミサ曲第5番では「唯一の教会を信ずる」という部分がカットされているのが特徴的で、この点から、「反教会説」が出てきたものだろうとも推測できる。
しかし実は、シューベルトのミサにはそれ以上の秘密が隠されていたのである。問題の「クレド」=教義の要約としての「信条」・・・では通常は「A」のようになるところを、シューベルトは「B」のように作っているのである。
「A」
1 Credo in unum Deum, 私は信じます、一である神を、
2 Patrem omnipotentem, 全能の父を、factorem coeli et terrae, 天と地の創り主を、
visibilium omnium すべての目に見えるものと
et invisibilium. 見えぬものの創り主を。
「B」
1 Credo in unum Deum, 私は信じます、一である神を、
2.○○○○○○○○=(Patrem omnipotentem, 全能の父を)・・・本来入れるべき重要箇所のこの部分を全てのミサで省略しているfactorem coeli et terrae, 天と地の創り主を、
visibilium omnium すべての目に見えるものと
et invisibilium. 見えぬものの創り主を。

Patrem omnipotentem, 全能の父を、の省略
   このことは一体何を物語るのであろう?
              続く
[PR]

by noanoa1970 | 2005-11-05 14:03 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)