樋口某「音楽で人は・・・」愛と対立のクラシック

BOOKOFFであさっていたら、この本が見つかった。
愛と対立のクラシックというサブタイトイルから、どの様な展開があるのか興味があり読みかけた。
少し前、ある方と善悪の対立がクラシック音楽の通奏低音という意見にかなり議論しあったことがあったのも影響した。

対立のクラシックとは、彼が言うには「ワーグナー派とブラームス派」のこと、ロマン派の作曲家のおもな人物を取り上げてどちらに属するのかのという私論を述べたもの。

ところが、この内容が華々しく根拠の薄いもので、なにを根拠にそういう分類をするのかが、それぞれによって拠り所とするものが異なるから、全く説得力に欠ける。

尊敬していたから、だとか遠縁だからとか、誰かの記述の一部を根拠にした、いわば、バッタものだ。

大前提がベートーヴェンの5番と9番で、その音楽的な違いから派生したのが両者ブラームスとワーグナーの対立概念であるとし、登場する人物は、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ベルリオーズ、リスト、シュトラウスファミリー、ドヴォルザーク、ブルックナー、Rシュトラウス、マーラー、ヴォルフ、新ウイーン派。
それぞれがどちらに組するかをああでもないこうでもないと述べているが、わかりやすいと思ってやったのかもしれないが、こんな二元論に終始するのは、彼の音楽に対する接し方の限界だろう。

要するに根拠レスであり、したがって全く説得力がなく、おおよそ音楽を聴いていて直観でわかりそうな部分のほうが多いと思われる人物だけを取り上げてるから、大きくはまちがいはないが、わざわざ出版する価値があろうか。

仏印象派は全く出てこないし、ロシアの音楽家も全く出てこない。

そもそもなぜ「対立」をキーワードにして分類する必要があるのか、音楽の中身や傾向によるものよりも、尊敬したということや、誰かの妹を嫁にしたとか、ユダヤ人だったとか、読みかけたがいったいこの人物は、何の目的でこの本を書いたのかがさっぱり見えてこない。

すでに言及されつくした感のあるエピソードや、ハンスリックの著述からいいとこどり、・・・この二元論に似合うものばかり引っ張り出して書いているのが気に食わないし、分類しやすい作曲家ばかりをあげつらっていることから見ると、この人はまともな音楽の聴き方をしてないと思わざるを得なくなってくる。

このような本を読んでそれが本当のことだと思い、それぞれの作曲家をもしそういう目で見たら、見られたほうが困惑してしまうに違いない。

3分の1読んで胸糞が悪くなってしまった。
こんな内容の本は読まないほうがよい。

ウイキペディアで過去の著作を見ると、この人物がよく見えてくる。
著作の一部を上げると以下のようになる。
『受かる小論文の書き方 YesかNoか、まず結論から決めろ』
『Yesと言わせる文章術 自分の意見が面白いほど伝わる』
『人の心を動かす文章術』
『頭がよくなるクラシック入門』
『大人のための名曲案内64選 人生を深く味わう』
『頭がよくなるオペラ 品位を高める、知性を磨く』
『笑えるクラシック 不真面目な名曲案内』
『ヤバいクラシック』
『ヴァーグナー 西洋近代の黄昏』

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-28 14:01 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(21)

使い道のないセレクター

d0063263_10183537.jpg
d0063263_10324320.jpg


プリアンプにアキュフェーズのC-220を使用していたころには、これが必要であったが、YAMAHAオンリーにしてからは、必要がなくなった、FRのオーディオセレクターCS-2。
d0063263_1093050.jpg

なぜこれが必要だったかというと、C-220には外部入力端子が、フォノ以外には全くないからだ。
フォノ専用にだけ作られた、いかにもアキュフェーズらしいアンプで、プリアンプだがパワーアンプ並みの設計で、純A級だから熱をすごく持つアンプである。

d0063263_1092737.jpg

したがってCDPなどの外部入力をし、しかも複数を切り替えて使用するために必要になるというわけだ。
一時ボリューム付のCDPをパワーアンプに直結し使用することが流行ったが、それだと複数の機器に対応できないから、このような切替え装置が必要になったと思われる。

内部配線や使用したパーツにはハイレベルのものが使われシールドもしっかりしているといううたい文句で、15×12×6㎝の箱で1Kgの重量がある。

今遊んでいるがさて、どういう使い道があるのか思案中だが、今すぐに使えるものでもない。
しかしプリをアキュフェーズに戻した時には必要になる。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-28 10:28 | オーディオ | Comments(3)

リモコンが壊れたと思ったら

現在使用中の、フィリップスCD-950だが、去年棚から降ろしているとき、開かなかったトレイがするっと滑り降りてきて開いたので、試しに使ってみると、トレイ以外に悪いところはなかった。
だから手動操作で使っているのだが、リモコンを試すと、全く反応しない。
それでデジカメの動画モードでリモコンからの赤外線の出力をチェックすると、リモコンは壊れてなかった。
本体の受光部の故障だと思いあきらめて使って早1年。
ところが、三日前にオーディオ関係の使用説明書とかカタログ、保証書、広告などを入れておいたホルダーを整理していると、CD-950のマニュアルが出てきた。

d0063263_1943397.jpg

なにかヒントはないかと熟読すると、意外な項目があった。
写真No24、リモコン機能をON・OFFするスイッチが機械の後部にあったのだ。
以前は全く問題なく使えていたのだが、その時このリモコンを操作すると、上に設置したメリジャン207Ⅱが反応してしまう。
それとは関係はないのだろうが、ともかくリモコンのON・OFFのスチッチが何かの拍子にOFFになっていたらしい。
d0063263_20302480.jpg

さっそくONにしてトライしてみると、今度は問題なく反応する。
この機械は10年以上使用してなかったが、メリジャンがおかしくなり、パイオニアは音質が気に入らなくて何とかならないものかと思っていたCDPだったので、手動開閉トレイさえ辛抱すれば、あとはまったく問題のない、しかもスバラシイ音が・・・・メリジャンと同等かそれ以上の音質のCDPなのだ。

d0063263_20312447.jpg

価格はメリジャンの5分の1というから驚いてしまう。
ネットで検索すると、人気が再復活しているらしく、アマゾンの中古出品では198000円という高額な値段がついていた。

定価65000を小生は35000円で新品を入手したから、こんなにいい音がするのなら、2台購入しておけばよかったと思ってしまった。

いまだに人気があるmarantz CD-34と双璧のハイコストパフォーマンスの機械であろう。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-27 20:32 | オーディオ | Comments(4)

完成された「未完成」

d0063263_10182216.gif

先日お亡くなりになったウォルフガング・サバリッシュさんが、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団を指揮したもの。
1970年代初期の録音のようだ。
これといって特徴はないのだが、ほんの少しコーダ部分でためを作るところがあって、このころはまだ20世紀初期のロマンチックな演奏法を引き継いでいたように感じられる。

年齢とともにザッハリヒになってきたように思うのは小生だけの感じ方かもしれないが・・・。
サバアリッシュの本領は、やはりオペラかもしれないと思うのは、モーツァルトの「魔笛」それに、「ニーベルンクの指輪」を見た時からだった。

特別好きなそして大指揮者というレッテルを貼られることはないが、おそらくこれから追悼盤が沢山発売されるであろうから、改めて聞いてみたいと考えている。


[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-27 10:19 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

ボーイソプラノのピエ・イズ

アレッド・ジョーンズ君のボーイソプラノ。
ウイルコックス指揮/ロイヤルフィル。
これも第2稿版である。
オケ伴奏は特に美しいが、ジョーンズ君の息継ぎ加減が限界点まで来てしまい、アインザッツも緩慢なところがある。しかしボーイソプラノとしては超一流だろう。


[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-26 23:13 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(2)

引き続きフォーレのピエイズ

d0063263_943434.jpg

今のところ最も気に入っているピエ・イズはこの音盤。
1893年版第3稿、ラター校訂版の演奏。
ジョン・ラターが指揮をしたもの。

ソプラノはキャリリーヌ・アシュトン、ボーイソプラノのようだが女性である。
ビブラートを極力抑えて天使のような静謐さを、醸し出している。

ピエ・イズではわかりにくいが、第2稿と3稿を融合させたような感じで、バイオリンソロが蚊の泣くような音で奏される。
基本は第2稿のようだ。

全体を支配するような声は女性陣のもの、男声合唱がいないわけではないがごく小さく歌わせている。
このことは、この曲を教会で演奏することを目的としたような静謐さ、そして、天使のように上から降ってくる声を響かせようとする工夫なのだろうか。

1稿の演奏は今までなかったがそのうち出てくる可能性があるだろう。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-26 09:44 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(4)

ボーイソプラノのような清楚で清らかなソプラノ

d0063263_18403162.jpg

フォーレのレクイエムより「pie jesus」
ローズ・マリー・メザックのボーイソプラノのようなソプラノで。
小編成、室内楽的で清楚なレクイエムです。
お気に入りのLPからUPしました。
カバーデザインは「ピエール・ラボラッセ」とありました。
ルドンの「沈黙のキリスト」なかなかのキリスト像です。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-25 18:42 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(3)

マニュアル残しておいてよかった

スピーカーからゴロゴロ音が出るようになったので、アームやカートリッジを点検したが、異常はなさそうだし、ターンテーブルからも異音は聞こえてこない。
しかし起動するときに少し擦れたような音がするので、一応ゴムベルトをアルコールで拭いてみることにした。

よせばよかったのだが、ついでにプーリーも拭いてやろうとしたところ、使用したアルコール綿がターンテーブルの中に吸い込まれてしまった。

一大事だが仕方ないので、ベルト交換の時数回しかやったことのない、ターンテーブルの持ち上げを実施する羽目になった。

重量が20K近いから専用の取っ手を差し込んで上に持ち上げるのだが、失敗すれば吸着用のガラス面を破損する恐れがあり、そうなるともう復活は完全に遮断されてしまう。

最初は慎重になりすぎたのか、持ち上がらないので、ふた呼吸おいてから力を入れて引っ張ると要約抜けてくれた。

問題のアルコール綿はすぐに見つかったが、外れたゴムテープを元通りにしなければならない。
もう一度アルコールで拭いてやって、テープの、裏表を確認してから、専用の金具に引っ掛けてもう一度ターンテーブルを持ち上げて元のさやに納めなくてはならない。
過去には数回ベルトが外れてしまいやり直したが、なぜか一発でできてしまった。

d0063263_22465649.jpg

専用の金具とマニュアルを残しておいて本当によかった。
これがなければどうしようもなくなって途方に暮れたことだろう。

苦労して購入した機器も、こんなメンテナンス道具があってこそ、生きて長く使えるのだということを実感した。
なんかの表紙にプーリーで裏表が一か所だけ逆になってねじれが出ていたのを、カートリッジが拾っていたのだと推測した。耳を近づけても聞こえなかったのだが、ボリュームを上げるとSPから周期的にゴロゴロ音を発生していた。
今回の作業で、動きがスムーズになったのか、起動する際に擦れた音はしないし、ゴロゴロ音は聞こえてないようだ。


[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-24 23:06 | オーディオ | Comments(2)

Singin' In The Rain JUDYGARLAND

MGMレコードのジュディー・ガーランド集。
ミュージカルから選択されている8曲入っている。
有名な「虹の彼方に」もあるが、ここはSingin' In The Rain、語りそしてバースから入ったもので、「リトル・ネリー・ケリー(1940年)」の中で歌われたもののようだ。
有名なジーンケリーの「雨に歌えば」はこれよりもずいぶん新しく1954年。
中にレコードジャケット6枚分のおおきなポスターが入っていた。
天才子役とは、彼女のことを言うのだろう。

ターンテーブルのベルトをアルコールで清掃したので、何かが変わったかも。


[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-24 13:45 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(4)

バレンボイムのフォーレクより「ピエ・イズス」

d0063263_1419462.jpg

この「ピエ・イズス」は数あるものの中でお気に入りのもの。
バレンボイムのゆったりした演奏も合唱もよいし、なにしろディスカウがクリュイタンス盤で見せた厳格さが和らいでいるのがよい。
アームストロングのソプラノは、けっして清楚ではないが、そこに安住するのではなく、要するに、決まっている歌い方だ。
あまり評価されない演奏だがこれは素晴らしい。


[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-23 14:21 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(8)

オーディオの敵はケーブル

d0063263_16403642.jpg

パワーアンプと切り替えスイッチ間のケーブルの距離が長すぎるので短くしようと思った。
昔使っていた極太のコードがあったので、それに決めて作業に取り掛かったが、このケーブルが非常に厄介で、カッターナイフで刻みをいれるのだが、太く重くて回ってくれないので、仕方なくこちらの手を回すが、おなじ位置に刻みが入らない。
したがって上皮はそう簡単に剥けてくれないし、中の線の周りにびっちりとシールドされてるから、ちょっとやそっとの力では抜けてこないのだ。

力を振り絞って、都合4か所の表皮を剥き次は中の芯線の皮むきだが、これは8か所長さをそろえておかないといけない。

以前のコードはそんなにも太くはないから作業が楽だったが、これは実に重労働で、タップリ汗をかいてしまうほどだった。

ターミネーターを付け替えて、どうしようか迷ったが、ついでに、ぎりぎりの長さしか取れなかったので、いずれひっかける恐れのあったQUADのケーブルを交換することにした。

写真で赤黒の撚線のコードは確かベルデンの安いものだがQUAD用に。。
平たいグレーの線はYAMAHA用、一番太いのが苦労して接続したメーカーは覚えてないないが、パワーアンプと切り替えスイッチを結ぶメインケーブルだ。

音を期待してではなく、前のケーブルがあまりにも長く、あまりにも短いので少し余裕を持たせるのと、邪魔になるのを抑えるための作業だったが、合計4時間かかってしまった。

重たいパワーアンプを前に出すのも苦労したが、こんなに思いとは…やはり寄る年波には勝てない。

音の変化について気が付いたことがあればまた次回に書くことにするが、改善効果は薄いような感じがする。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-22 17:03 | オーディオ | Comments(4)

オーディオクラフトAC-3000silverオイルダンプ量

箱の中をゴソゴソやってたら、こんなものが出てきた。

d0063263_8231048.jpg

d0063263_823133.jpg
d0063263_8274967.jpg


各種フォノカーリッジ人適したオイルダンプ量の表だ。
70年代のオーディオ機器専門メーカーは、こんなことまでしてデータを公表したのだ。
オーディオマニアもマニアなら、メーカーはもっと高水準で、しかも自力でデータを蓄積した。

ただしこのデータは、クラフト社のどなたかの耳によるものだし、装置自体が変化するがゆえに、参考にはなっても100%あてにはできない。
要するに、自分の耳が頼りだということだ。

小生が少ない時間ながら、ダンプ量を設定したのと比べてみることにした。

オルトフォンMC-20MKⅡを、小生はプラス1.0
SUPEX,SD-909をプラス1.5に設定した。

クラフト社のデータは、まったく同一のカートリッジがなかったが、MC-20Sが0.3とSUPEX-SD-909MKⅡが1.0であった。

その他シュアーもパナソニックも、ADCやエンパイアなど懐かしのカートリッジデータもある。
表を見て懐かしいカートリッジがあることに気づいた方もおられると思う。
カートリッジデータとしても貴重だ。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-21 08:26 | オーディオ | Comments(3)

トーンアーム微調整

使用中のAC-3000シルバーはオイルダンプ1点支持のアームがゆえに、細かい調整を必要とする。
インサイドフォースキャンセラーや針圧調整は簡単だが、このアーム独特の調整が別途必要だ。

d0063263_18414678.jpg

幸い17Pもあるアームの取説が出てきたので、それを参考にしてとりかかった。

d0063263_16315450.jpg

その1つは、オイルダンプ量の調節。
カートリッジにあったダンピング量を適切に調整できれば、そのカートリッジの力を最大限発揮できるという。
探しても見当たらなかったが、付属していたマニュアルの付録には、ベスト@ポジションが当時発売され、定評のあるカートリッジごとに視聴結果データをつけてあった。
ただしこの視聴はオーディオクラフト社の結果であって、それが正しいとは限らないことに難問がある。
大枠参考にしながら、あとは自分の耳に頼るしかない。
試行錯誤し、ようやく今の段階でよろしいと思われるポジションを発見した。

d0063263_16391783.jpg

次に厄介なのが、水平バランスいわゆるラテラルバランスといわれるもの。
インサイドフォースキャンセラーをOFF,針圧を0にして水平を保つようにしてから、アームの軸受部分の左右ン歩バランウを確認する。
爪楊枝で左右を突っついて同じ角度で傾くように調整しなくてはならないが、ある程度以上は間勘の世界だ。
それまでオルトフォンでは特に右側の音量がほんの少し小さいように感じたのはこのためだったのかと思わせるほど右側の傾きが少なかった。
減殺は多分バランスが取れていることと思うし、心無しか音量も同じようになったおかげで奥行き感が出てくるようになってきた。

カートリッジを交換した時にやらなくてはならないかもしれないが、一応オルトフォンを常時使うと今のところ決めたので、交換後必要ならば、またやることになる。

DL-103に交換接続したが、音が全くでなくなった。
シェルとカートリッジの接続が怪しいと思い、つなぎかえてみたが、結果は同じ。
シェルを変更してみたが、やはり同じ結果だった。

しかし原因はそこにあったのではなく、トランスに問題があった。
FRのXF-1は低インピーダンス用、すなわち2から3Ωまでのカートリッジしか適用しないもの。
DL-103は40Ωあるから適合しなく、よって音を遮断していた。

d0063263_1838657.jpg

それで今度はSUPEXのSDT-77というトランスを使ってみることにした。
このトランスは2Ωから50Ω適合となっており、MMカートリッジ用にトランスをスルーすることができる便利さが合う。
ただし音質は確認が必要だ。



[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-18 18:42 | オーディオ | Comments(4)

デジタル録音とアナログ録音

ERATOのパイヤール/室内管弦楽団2つの録音の、パッヘルベルのカノン。
1つは1983年デジタル録音初期のもの。
もう1つは、1970年のアナログ録音だ。

1970年盤が痛く気に入っていたので、補足にとデジタル盤を入手したが、これがひどかった。
弦の音もアンサンブルもテンポも抑揚も、どこをとっても1970年盤の比ではない。

メンバーが変わったのか、演奏がよくないし、音が非常によくないのに呆れ返ってしまった。
70年盤は奥行まで再現するが、83年盤は平面的でのっぺりした音しかしない。
ただここの楽器はくっきりとはしているが、そのせいでアンサンブルのみだれもはっきりとわかってしまう。

80年代初期のデジタル録音に良いものはないというのが実感で、例はこれ以外にも数多い。
ERATOともあろうものが、十分なヒアリングをしてから発売したのだろうから、驚いてしまう。
小生がプロデューサーだったら、このような醜い音盤は発売しなかっただろう。
30周年記念限定プレスの名が泣いてしまう。






[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-18 11:51 | オーディオ | Comments(2)

発見!オーディオアクセサリー

d0063263_19432631.jpg

古い箱の中から出てきたのは、アームリフター。
オーディオテクニカのAT6006a,SAFETYRAIZERという生意気なネーミングがついた小物。

昔はこんなものは必要なかったが、最近になってレコード盤が最終溝に多すると、作業を一時中断してアームを持ち上げるのが億劫になってきた。
この道具はアームが最終溝に到達すると、機械的に黄色い丸がついたレバーが押され、そうすると赤い丸がついたレバーに伝達されて、あとは油圧でアームを持ち上げてくれるものだ。

フルオートプレーヤーでは上げ下げは自動でやってくれるが、なぜか高級機と呼ばれる製品には手動のものしかついてないから、音楽終了後リスニングポジションからプレーヤーまですぐに行く必要がある。
ほっておくとブチブチと音を立てるし、溝なしの部分をトレースするので、いくらダイヤモンド針といえど摩耗は多分激しくなってしまうし、レコード盤にもよくはないだろう。

ためしに稼働させてみたが、油圧動作が不安定なのか、センサー部分がおかしいのか、暫く動いてくれなかったが、何度か動かしていたら、よく動くようになってきた。
長い間使ってなかったから、油圧のオイルが多少硬化したのだろう。
1970年代中ごろのものだから、おかしくなっていて当然なのだが、昔を思い出したらしくどうやらまじめに動きそうだ。

使用法が間違いないかネットで調べると、使用してる人がちらほらいたが、どうやらほとんどの人がオークションで入手したようだ。
はっきりとした記憶はないが、当時5000円以内で入手できたはずだが、なんと2倍から3倍の価格がついていた。

かつてはアームやカートリッジをを得意とするメーカー・・・SUPEXもそうだが、こういうものを作っていたが、今は絶滅状態だ。

CDのような簡単操作はできないので、手作業の針の上げ下ろしに慣れてない、デジタル時代のアナログ入門者には必需品なのだろう。

もし今どこかのメーカーが製造すれば、光センサーか無音センサーで感知してアームをリフトアップすることになるだろう。
しかしこういう機械式のものは、どこかに可愛げがあり、それは必死に働こうとしているように見えるからだ。

[PR]

# by noanoa1970 | 2013-02-15 19:44 | オーディオ | Comments(10)