先輩小出さんの写真

d0063263_20483929.jpg
2008高山駅前の蕎麦屋で
d0063263_20483441.jpg
2008高山市内観光中
d0063263_20230950.jpg
1967年小豆島合宿
d0063263_20230589.jpg
1968年木曽駒旅情庵合宿
d0063263_20225622.jpg
同じく木曽駒合宿
d0063263_20225246.jpg
1968年オーディオフェア小出さん企画
d0063263_20224974.jpg
1968年北小松学舎春季合宿
d0063263_20224597.jpg
1967年小豆島?
以上全てて小出さん撮影、この時のカメラは「ライカ」
d0063263_20081806.jpg
2008年上高地
d0063263_20110256.jpg
上高地小出さん撮影
d0063263_20060902.jpg
奥飛騨温泉、深山荘の露天
d0063263_20040370.jpg
高山にて、小出さんは蔵元を回って少々酩酊
d0063263_20030736.jpg
深山荘露天、中道さんと
d0063263_20024219.jpg
ライカではなくこのときはNIKONデジカメ、
やっぱりLPだよ、CDにはない魅力があり音質も良い・・・と上高地手前のオーベルジュ「グリンデルワルト」でd0063263_20023403.jpg
[PR]

by noanoa1970 | 2017-07-21 12:16 | トピックス | Comments(0)

松本勝男さんの作曲したタイサンボクの花について

d0063263_16124434.jpg
修学院の家内の実家のタイサンボクの花が咲いた。
ブログを初めて間もないころ、DRAC(同志社大学レコード音研)の大先輩にあたる松本勝男さんがCCD(混声合唱団)在籍中に作曲した「泰山木の花」という曲の楽譜をサークルBOXで発見したという、ある方のブログを見つけ、松本さん、どのような曲を書いたのだろうと気になっていたことがあったが、其のことをすっかり忘れていたのを、昨日花を見つけて思い出した。
それで早速発見した方にメールを差し上げると、ご返事を即刻頂いた。
まずは作詞者の息子さんにあたられる方のブログに記載されているものを引用させていただいた。どうやら花や植物がお好きらしい。
コメントができないようなので、無断借用になりました。

引用
タイサンボク(泰山木)とは、という説明は、このさい省略させていただき、狙いの誌の一部が紹介されてるので、そこから。

「露のはれまのひといこい/月の天使の白たえか/天津おとめの羽衣か/れいこうあたりにふくいくと/泰山木の花咲きぬ 散りてはかなき人の世の/人のさだめを思いつつ/あいのたつきはつれづれに/れいこうあたりにふくいくと/泰山木の花よせぬ」。
古めかしい歌詞ですが、これは「番傘」の川柳作家でもあった、私の亡父による「泰山木の歌」。
松本勝男氏の曲がつき、同志社大学グリー・クラブによって歌われました。
父が71歳で没して43年、私も同じ年になりました。

以上が、小生がメールした方からの作詞者の情報です。

松本勝男さんの「泰山木の花」の発見をブログに書かれ方からの情報は以下の様なものでした。
偶然にも法学部政治学科の大先輩に当たる方でした。

・譜面は「松本勝男作曲」とだけあるので、松本氏は「旋律だけ」ではなく、「男声四部合唱曲」として作曲されたものと思われます。

・指揮して当時の同志社グリークラブに歌わせた指揮者は、1954年に3年だった澁谷昭彦氏(後に経済学部教授、現在もお元気で教会等で活動中)、その時1回だけで、その後演奏記録がありません。

・澁谷さん以降の指揮者さえ、これを同志社グリークラブのレパートリーと認識していたかどうか疑問です。というより曲の存在を「知らない」と思います。

同志社グリークラブ部報S28年11月号にこの詩が掲載され、この詩がグリークラブにより歌われるのを死ぬまでに一度でよいから聴きたいと切望しておられる旨の記述があるそうです。

・八木氏は故人となられましたが、ご令息のブログがあり、この詩が掲載されています。
 http://yagi070.exblog.jp/3205363/ 
一番上の「詩」はこのブログ記事から借用したものです。

新情報がありました。
松本氏は同志社グリークラブに在籍はしておられたものの、才人の常で、「在籍した」にとどまった模様。GleeMenとしての活動は記録にありませんでした。
・このほか唯一、1949.9.25栄光館「同志社グリークラブ創立45周年演奏会」に「松本勝男作曲・狐のわざ」という曲を歌ったことが記録されていますが、譜面は未見です。
情報提供していただいた方は、楽譜を公開するのを逡巡されておられたようですが、意を決して小生の要望を叶えていただきました。

小生の記事の誤謬もご指摘くださいました。

・貴信中いくつか誤認(失礼)があるので・・
松本氏のころにCCDが出来たのは間違いありませんが、CCDには氏の伝承が全くありません。同志社グリークラブの常任指揮者だった森本芳雄先生が同志社創立記念日に同志社グリークラブと同志社女専クワイアで新島襄作詩大中寅二作曲「庭上の一寒梅」を歌うため集合させ、それがCCD発足の引き金になったと聞いています。
(前回のDRAC-OB会で配布された資料の中に、森本芳雄氏が指揮するCCDの演奏を録音したことが記されてますので、松本氏と森本氏は懇意だったと思われます。松本氏がグリー在籍中、女子と一緒い歌いたいと願い・・・諸先輩からの伝聞、相談した相手が森本さんだった可能性もあると思います)
私は3年だけでなく4年もCCDを振っていました。当時は学生が振るのが同志社では常識でした。(了解いたしました)
☆ところで私のブログを引用されておられますが、当該年度分はプロバイダーのトラブルで全部消えており、私の所では見ることが出来ません。どこかに残訣が見つかれば、と思っています。

[PR]

by noanoa1970 | 2017-07-11 09:33 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

引っ越しオーディオ機器

京都行きオーディオ機器類です。
d0063263_15391084.jpgテクニクス専用梱包材あり







梱包剤なし
d0063263_15390624.jpg
d0063263_15390835.jpg

梱包材なし
d0063263_15390485.jpg
CDPとパワーアンプ梱包材なし


d0063263_15390253.jpg
梱包材なし
d0063263_15390053.jpg
梱包材なし
d0063263_15385824.jpg
専用梱包材なし

LPP梱包材なし
アームは大理石の上にアルミ厚板
d0063263_15385439.jpg
CDP梱包材なし
d0063263_15385234.jpg
梱包材なし
QUAD取扱い注意

プリアンプ:ハーマンカードン薄型、ヤマハC2a、アキュフェーズC-220
パワーアンプ:ハーマンカードンHK87、インナーサウンドE-300
LPP:メリジャン207MK2、パイオニア、フィリップス
SP:QUAD63、ヴィクターSX500、ヤマハNS-1000
LPP:テクニクスSL-10,SL-1200GAE、マイクロSX-111FV+バキューム装置
アームAC-3000MC、SAEC308L、テクニカAT-1501L
DVDPL
TAOCラック、TAOC SPベース、PLボード
その他小物



[PR]

by noanoa1970 | 2017-07-06 15:57 | 京都 | Comments(0)