プロコフィエフと越後獅子

d0063263_2175821.jpg

バイロン・ジャニスでプロコフィエフの3番の協奏曲を聴いている。
この曲はスカッとするので憂鬱な時にはもってこい。
さてこの曲の3楽章には昔から日本の「越後獅子」が引用されているという解説が多い。
プロコフィエフが日本に滞在した時耳にしたのだとされる。
アルゲリッチの動画で問題の個所をピックアップしてみると以下のところ、3楽章が始まると同時に其れらしきメロディーが聴こえてくる。
https://youtu.be/6Xayz4dZ9tU?t=48s
それでは「越後獅子」はどうだろうか以下の個所を聞いてみてください。
https://youtu.be/xQ7Qo77cSYA?t=2m12s
どうでしょう引用したように聞こえたでしょうか。
民謡を引用するのが得意なプロコフィエフですから事実の可能性は大と思います。
弦楽四重奏2番mの説明にウイキによればプロコフィエフは、カバルダ民謡の主題を作品中に用いたが、それと同時に独特な和声付けの様式を維持している。とあり協奏曲でもプロコフィエフのリズムと和声がシナジーを造っている。
[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-03 21:07 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

ブリコラージュの作曲家「アイヴス」

民謡を引用した作曲家は結構多い。
古くはベートーヴェン、ブラームス、ドヴォルザーク、チャイコフスキーを始めとし新古典派やロマン派の作曲家
後期ロマン派ではマーラー、近代音楽でもバルトークは知られた人だ。
あまり知られてないかもしれないがドビュッシーも其の一人といってよいだろう。
これら以外にももっと多くの作曲家の作品があり枚挙にいとまがないほど。
アメリカの近現代の作曲家アイヴスも其の一人。
アイヴスは熱心には聴いてこなかった作曲家の一人だが、有るとき交響曲の2番を聴いて、まるで引用の伝道師のような曲風に「なにっ」と思ったことが有った。
1つや2つ引用することはあっても、アイヴスのように引用だらけの作品にはお目にかかったことがないから、いったいこの作曲家は何を考えて曲作りをしたのかと不思議に思う事しばし。
そしてこれかもしれないと気付いたのは、骨董の世界で貼り合わせ繫ぎ合わせる美術手法の「呼継」、すなわち壊れた陶磁器を復元(単に復元ではない)するのに全く違う種類のものをもってきて完成させる技、ブリコラージュといってもよいかもしれない手法のことだ。
異質の材料を使って作品を仕上げるのだが、元の作品よりも芸術性が高くなるのは非常にまれなことだろう。
3番には宗教的な香りがするフレーズの引用が有るとおもったら、タイトルの「キャンプミーティング」とはキリスト教伝道の集会の事だったので納得してしまった。
d0063263_14362054.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-03 14:37 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

あまり聞いてないヴァイオリニスト

カンポリというヴァイオリニストは今まで聞いたことがない。
指揮者がクルトウェスというからには聞かなくてはなるまい。
カンポリはオイストラフほどではないにしろ太く明るい音色を出す。
この時代のヴァイオリニストにしては素直な演奏だった。
d0063263_2164979.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-02 21:07 | Comments(0)

オークレールのチャイコフスキー

ヴァイオリンのオルレアンの少女、ミシェルオークレール。
「気は優しくて力持ち」という表現は恐らく女性には使わないと思うのだが、久々にすばらしいチャイコフスキーを聴いた。
クルト・ウエスという指揮者の名前も昔懐かしい。
ウイーン交響楽団との演奏。
発売元のMASTER SEAL RECORDSについては情報に乏しい。
d0063263_2104858.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-02 21:01 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

収納BOX

LP用の収納箱を整理。
d0063263_2037389.jpg

d0063263_20363593.jpg

d0063263_2036335.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-02 20:38 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

センターラベルいろいろ

古いレコードノセンターラベル
d0063263_20285657.jpg

d0063263_2028502.jpg

d0063263_20284317.jpg

d0063263_20283534.jpg

d0063263_20282811.jpg

d0063263_20275878.jpg

d0063263_20274833.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-02 20:30 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

ワルターはいい

LPでワルターのモーツァルトとマーラーを聴く。
ニューヨークフィルとの演奏は素晴らしいの一言。
d0063263_20223489.jpg

d0063263_20202183.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2015-04-02 20:25 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)