「ほっ」と。キャンペーン

難題のブランデンブルク協奏曲

HABABIさんからのリクエストだが、小生は大のバッハ苦手である。
こんなにすごい人なのに、有名曲しか聞いてない。
それもほとんど演奏家を選ぶことはなく、ロ短調ミサ以外はほとんどが1種類しか所有してもいない。

会社を辞めたらジックリ聴こうと思っていたが、まだその機会を見つけてない。
大全集も発売されてることだから、そろそろかとも思うが、有名曲の異演奏も捨てがたいので目下思案中だ。

ブランデンブルク協奏曲は、1962年に購入してもらった初心者向けの全集に収録されていたので、3・4・5番はよく聞いたが、6曲ある全集盤は2種類しか聞いていない。

したがって愛聴盤というには、たいへんおこがましいが、長く聞いてきたものは、ハンス・シュタートルマイヤーとミュンヘン室内管弦楽団の演奏だ。

実はこの演奏について書こうと思っていて聞き直したのだが、これという特徴があるわけでも、何かが秀でているようにも思えなく、まあ、無難にこなしてるといったところに思えるので、指揮者のプロフィールでもと思ったが、この人の資料が全く見つからない。

ミュンヘンシ室内管弦楽団についても同じで、ミュンヘンフィルのピックアップメンバーか何かだとの想像もできないから、シュタートルマイヤーについてほかのの録音を探すが、非常に少なくて、ダンツィ:フルート協奏曲が出ているぐらいであった。

全集の解説書にはバロック音楽を得意とする、としか書かれてないし、ダンツイはベートーヴェン時代のひとだから、「得意」というのはなんだか怪しいが、それほど情報がないマイナーな人なのだろう。

めずらしいということと、長く聞いてきたものというだけのことでしかない。

そこで皆さんとダブル可能性が大いにあるが、小生のバロック音楽の数少ない愛聴盤といえる、バッハの管弦楽組曲と同じ演奏家を選ぶことにした。

d0063263_18534262.jpg

それはクルト・レーデルとミュンヘンプロアルテ室内管弦楽団の演奏である。

実はこの音盤を購入するとき、思い描いたのは、クルト・レーデルが管弦楽組曲で見せた、フルートの洒脱な装飾音符を自由気ままに…といってもそれが実によくマッチングしたアドリブとなっていて、バッハの固いイメージを払しょくさせてくれたから、ブランデンブルクでもきっとそういう演奏であろうと想像してのことであった。

さらに登場する人がその道の名手ばかりで、よくぞこれだけの人を一堂に会することができたものと感心したことであった。

もうすでにご存知かと思われるが、主なメンバーは、
フルート:クルト・レーデル他
オーボエ:ピエール・ピエルロ、ザイヘルト
トランペット:モーリス・アンドレ
チェンバロ:ロベール・ベイロン=ラクロア
ヴァイオリン:ラインホルト、パルヒェット
そのほか
これだけの名手がそろった演奏は、きっと素晴らしいだろうとの予想をしたからであった。

比較対象が、先のハンス・シュタートルマイヤーと、ルドルフ・バウムガルトナー/ルッェルン弦楽合奏団だけなので、何ともならないが、バウムガルトナーによく似た演奏である。

5番でのチェンバロのアドリブがさえわたるのが、ラクロアのレーデル盤。
ビオラと珍しいビオリーノピッコロを1番で使用したのが、ヨゼフスークの演奏のバウムガルトナー盤だ。
しかしパルヒェットもスーク以上にバイオリンでは活躍し、この人の柔らかい音にはスークと対照的だ。

モーリス・アンドレは素晴らしい奏者だが、バロックトランペットは刺激的な音を出すのが小生には気に入らない。
フルートで指揮もするレーデルは、ここでは慎重に吹いていて、組曲のような遊び心が全くないのが残念だ。

バウムガルトナー盤の2番5番でのフルートはオーレルニコレ、ニコレは端正で、しかもノンビブラ-トで吹いているようで、好感が持てる。

バウムガルトナーは初期の録音ではザッハリッヒな演奏だったと解説は言うが、この録音ではそんな気配もなく、テンポもゆったりとしていて、レーデルと似通った演奏になった。

ザッハリヒなのは、一番長く聞いたシュタートルマイヤー盤。
バッハに遊び心なんか不必要と言わんばかりの生真面目な演奏である。

ほかにも聞いてないわけではないが、印象に残るものは、変な意味でカラヤン盤しかない。
カセットテープを購入し、車ではかなり聞いたが、少々大仰で迫力がある演奏で、これもいいものだと当時は思っていた時代があった。

これぐらいしかかけないので、あとはお二方にお任せすることにして、これからのバッハ視聴の参考にさせていただければ幸いだ。

by noanoa1970 | 2012-07-28 19:09 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(5)

浅川マキインタービュー



こんなに話しする浅川マキは珍しいので、張り付けておくことにした。

by noanoa1970 | 2012-07-23 12:14 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(2)

コンヴィチュニーの「カルミーナ・ブラーナ」

大手CD通販のサイトを見に行ったら、以前から入手しようと思っていたコンヴィチュニーの「カルミーナ・ブラーナ」が約半額に値下げしてあった。
思わず購入しようとしたが、念のため動画はないかと検索したら、ニコニコにそれがあった。

ありがたいとは思ったが、購入をためらってしまった。
CDが売れないわけだ。

音質に恵まれないモノーラル録音ではなおさらだろう。
1音1音ずしりと重く、テンポも遅いほうだ。
しかし、ドンジャカドンジャカとお祭り騒ぎにならないところは、さすがコンヴィチュニーだ。

カルミーナ・ブラーナが好きだといってたのは、手塚治虫さんだった。
小生のお気に入りは
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団だがLPは残ってない。

直ぐ後にヨッフム盤が発売になったが、ディスカウの声質が好きでないから、今もあまり聞かなくなっている。

コンヴィチュニー盤がこういう形で聞けたことは、いいのやよくないのやら、ちょっと複雑な気持ちになっている。

by noanoa1970 | 2012-07-12 22:40 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(2)

モーツァルト41番「ジュピター」交響曲雑感

ドイツ国歌(ドイツの歌)のおおもとは、クロアチア地方の民謡で、それにアウグスト・ハインリヒ・ホフマンが詩をつけたものだといわれている。
さらに讃美歌194番「栄えに満ちたる」のメロディーとしても使われている。

このメロディーは、ハイドンが弦楽四重奏77番「皇帝」2楽章に引用したので有名になり、現在サッカーなど開始前の儀式・・・・国歌演奏でも流されるから、世界中に広まり、メロディーを知っている人は多いだろう。

「ドーレミレーファミーレシドー」という音となるが、これはモーツァルトの41番「ジュピター」交響曲の終楽章の主題と非常に類似する。

そのフレーズは「ジュピター音型」と言われていることは、コアなファンならご存知であろう。
今は亡き掲示板「クラシック招き猫」でも話題となり、ほかの曲でこの音型が使われていると思しきものがあるか否かという設問に、小生が答えたものがハイドンであった。

ジュピター音型「ドーレファーミー」、ラララララー・・・と続く4つの音からできていて、モーツァルト自身の音楽を含め古来多くに使われたという。

ハイドンの弦楽四重奏皇帝のメロディーと比較すると。

ドーレファーミー
ドーレミレーファミーレドー
ジュピター音型には、たった1音「シ」がないだけであることがわかる。

上のハイドンおよびドイツ国歌をよく見聞きすると、モーツァルトの終楽章の主題、つまり「ジュピター音型」に非常によく似ていることに気が付く。

もっとも、ジュピター音型「ドーレファミー」は、ドレミファの4つの音の順番を、というよりミとファを入れ替えただけのものだ。

しかしこの入れ替えは、おそらくモーツァルトの直感のなせる業であろうが、このフレーズは常人ではたぶん思いつけないもののように思える。
そしてこの奇異に聞こえるフレーズだからこそ、あの壮大なベートーヴェンの「エロイカ」に勝るとも劣らない大フーガを形成するもとになれたのだと小生は思っている。

終楽章のある部分を瞬間的に聞くと、今でもベートーヴェンと混同することがあるぐらい、終楽章ジュピター音型のフーガは凄い。

最初ハイドンからの引用かと思ったが、ハイドンの「皇帝」は1797年、モーツァルトの41番は1788に作られたから、そんなわけはなく、可能性とすればクロアチア民謡(あるいは周辺諸国・民族)からの引用だが、果たしてどうだろうか。

モーツァルトは諸外国に演奏旅行を頻繁にしたことから、ひょっとすると、どこかで耳に入ったのかもしれない。
イタリアに行くのにクロアチア他異民族の文化圏を通った可能性は高い。

がしかし小生は、ジュピター音型は引用ではなく、モーツァルト自身のちょっとした素晴らしいひらめきの発想ではないかと今は思っている。
2つの音を入れ替えるだけで、元のフレーズからは想像もできないぐらいのオリジナリティがあり、単純だが常人の発想ではない。
こういうことがいとも簡単にできてしまえるところが、モーツァルトをモーツァルト足らしめる所以であろう。

モーツァルト自身このフレーズは大発見と思ったのであろう、だからこのフレーズを元にフーガにして4楽章を作り上げた。
特にフーガには作曲家の熱い心が漲ることが多いと小生は常〃感じているが、そのことは「神の後にすがる」というものから、崇高で荘厳の象徴として使われるかのようになっていったのではないかと仮定したい。
それがこのジュピター、あるいはベートーヴェンのエロイカに象徴されるのだと思うことがある。

d0063263_1627650.jpg

ただしこの曲の演奏としてはフーガといえど大仰にならず、まるでモーツァルト自身が演奏指揮したかのように、流れの中に身をゆだねているかのような演奏が好みである。

もちろんモーツァルトの音楽的特徴も、さらに典雅をも潜ませたものとして、モーツァルト演奏のリファーレンスといっても過言でない、ベルンハルト・パウムガルトナーが、ザルツブルグ・モーツアルティウム音楽院管を指揮した演奏を上げたい。

この演奏は小生が初めて全曲を聞いたものでもあるから、刷り込みだと言われても仕方ないが、1962年からCD復刻される、50年にわたって聴いてきたものだ。

ワルターも、フリッチャイも、カラヤンも、ベームも、マークもよい演奏であると思うが、何回も演奏し録音した彼らと異なり1発勝負でこれだけの演奏が可能なパウムガルトナーはモーツァルト研究家としての自身の表れであろう。

モーツアルティウム管は出来不出来が割と激しい…というのは学生だけでの編成と、社会人との混成、そして卒業生のベテランを招集した時ではまるで違う。

幸いにこの録音は、パウムガルトナーが乾坤一擲で録音したものと思うほど、演奏の質が良いから、優秀な卒業生で編成したものであるとの想像ができる。

パソコンDSPでは「パ」と「バ」が似通っているせいか、そもそも知られてないせいか、今でもルドルフ・バウムガルトナーと混同するものを見ることがあるが、困ったものだ。


by noanoa1970 | 2012-07-07 21:00 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(1)

最後のDRAC興亡史

「DRAC興亡史」という名称で、小生の学生時代を、所属した音楽サークルの5年間に焦点をあてて書いてきた。

40年ほど前のことだから記憶違いはあるとは思うが、記憶のなくなるまでにと思いつつ、いっきに書いたのが、2007年8月のことだった。
9月までに全28話書いたのだから、よくやったと今では思うほどの力の入れようだ。

DRACで検索すると、当時はまだコンピューター関連の記事はWEBにはなかったように、検索に筆禍りやすかったのか、我々の時代の後の世代の諸氏からアクセスがあり、近々まで所属したという人からもアクセスがあった。

お読みになった方はお分かりだと思うが、実はDRACは1971年で空中分解し、73年で完全に崩壊した。したがってその後のDRACが存在するのか否か、もし存在するとしたらどんなサークルになりなにをやっているのいかが気になった。

75年入部というある人と連絡をしあうようになり、75年以降彼の滞在した期間までの様子はなんとなくわかった。

DRACは会則にもある通り、クラシック音楽を研究するサークルで、音楽鑑賞サークルではないが、70年に「現代音楽」との関連からから「ジャズ」をも対象とした。

しかし75年以降はそのジャズも細々、ロックが中心のサークルに変貌したという。
研究らしきものはどうもやられてないようで、自分好みのバンドのアルバムを持ち込んで、うんちくを述べるという状態となっていた。

我々のサークルが所属した文化団体連盟は、文化創造を旗印にしたから、我々の諸活動はそれに縛られていたから、単なる鑑賞サークルではテーゾンデートルをなくすことになる。

対外的には水コンと言って水曜日の2講時が、チャペルアワーとなっていて全学部の講義がない日。
それを利用して大阪のレコード会社から借りてきた新譜見本版を紹介したり、テーマを持たせたプログラムでレコードコンサートを開いた。

音楽を聞くチャンスに恵まれない田舎の小学校で、コンサートを開いたこともあった。
機関紙はキチンと出したし、各グループの個人の研究成果を書き記すこともあった。

by noanoa1970 | 2012-07-04 13:16 | DRAC | Comments(0)

アクセスが多いブログ記事

エキサイトブログのサービスに、投稿記事で読まれている上位を、月度ごとに集計したものがある。
大概は新規作成記事だが、中に1つだけ読まれ続けているものがあることに気が付いた。

それは、「YAMAHA NS-1000を最良に鳴らす法」とタイトルした記事だ。

d0063263_1537525.jpg

小生も苦労したが、このスピーカー、モニタースピーカーとして当時有名になったから、購入したはよいが、思うように鳴ってくれないじゃじゃ馬スピーカーだ。

このSPを洋間に設置するとハイ上がりで、弦の音色が金属的になる傾向にある。
小生もそうだったが、それを解消するためにアンプをいじる人が多いが、40年近く調整した結果、アッテネーターの調整が一番聞くし必要とわかった。

出荷時、アッテネーターは±0の位置。
それをそのまま使うことが大きな問題で、和室あるいは吸音効果の高い部屋ならいざ知らず、洋間ではとんでもない音になる。
さらにクリティカルなのでほんの少しの+-で音質が劇的に変化する。

だから丹念に調整が必要なのだ。

中古市場には多くの1000モニが出ているが、これはtくさん売れたことと、同時に思った音が出なかったことをあらわしている。

固着さえなければ、このSPのエッジは丈夫だからまだまだ十分使用できる。
これが5万円以内で入手できるのだから、とてもよピ話だ。

それに最近のアンプは本当の馬力があるから、このSPのドライブに十分だろう。

1000モニで困っている人が多いと予想され、小生のブログ記事の中のエヴァーグリーン的存在なことも理解できそうだ。

しかしそんなにパパット調整できると思ったらおお違いだ。

by noanoa1970 | 2012-07-03 15:38 | オーディオ | Comments(5)

本当かガセか

先ほど千葉沖で地震があった。
こんなことをある新聞が掲載したが、果たして予知が当たったのかどうか。
d0063263_1274835.jpg

by noanoa1970 | 2012-07-03 12:10 | 日常のこと | Comments(2)

蛍を見に多度峡に。

6月29日晴れなので、蛍を見に行くことにした。
去年は岐阜県と三重県の境まで行ったが、見ることができずに帰ることになった。

それで今回はよく知っている多度峡に行くことにした。
去年のことがあるので期待ぜずに。

d0063263_22382346.jpg


d0063263_2312710.jpg


d0063263_22384926.jpg


d0063263_22572055.jpg



18時半に到着したが誰も他にはいないので、蛍はやはり出ないのかと思いつつ、川岸を探索して時間をつぶした。

18時半夕闇が迫ると、あちこちで河鹿のなく声がしだし、だんだんその声の数が増していく。
蛍が出なくても、河鹿の鳴き声を聞いただけでもよかったなどと言いながら待っている20時少し前、急に人が10人ほどになったが、みな蛍を見に来た人だ。

中に地元の方がおられたので、それとなくポイントの情報キャッチ。
やはり草木がたくさんある付近がよいらしい。

時計はちょうど20時だ。
するとそれを待っていたかのように1つ2つ蛍が飛び出し、歓声が思わず上がる。

30分でその数はさらに増えてきて、今までで一番の数の蛍を見ることができた。
蛍が飛ぶたびに感激、目で追いきれないが、すぐ別のが飛ぶ。

撮影できるかわからないがシャッターを押してみた。
蛍を追うのは困難だから、光ったらそこに合わせてシャッターを切るのだが、次のシャッターが下りるまでの時間がかかるのでもどかしい。

20枚ぐらい撮影した中、1枚だけが見るに耐えられるものだった。
何匹いるのかがお分かりになれるだろうか。
d0063263_22434861.jpg


すごいのは、駐車場からすぐのところでも見ることができること。
見物の場所が広範囲なことも素晴らしいことだ。
国道からわずか15分足らずの所でである。
さすがは神の山多度山の水の流れの川である。
水温は真夏で17から18度という。

昔ここに釣りに入って夕暮れを待って、落ち込みにキャストしたら、いきなりバシャと魚が出たが、合わせが速すぎて釣れなかったことがあったが、おそらくイワナあるいはヤマメだったろう。

自宅から30分でいまだこのような自然が、そして蛍がたくさん出る川があるのは幸せなことだ。

気候がもっと良ければ、蛍の乱舞が見れるかもしれない、そう予感するに十分なものがあった。
気温が少し低く、晴天で月が明るい中でこれだから、蒸し暑いぐらいの天候ならすごいことになるかもしれない。

日和を選んで再度行ってみることにする。

よいものが見れて興奮した。

by noanoa1970 | 2012-07-01 22:56 | 季節の栞 | Comments(0)