今年最期の記事だから・・・・

ここ最近ネガティブな記事ばかり書いてしまったが、今年ももう最後なので、このままではいけないと思い、何か明るい話題をと探すが、生憎思いつかない。

やはり最期の記事は音楽ネタで・・・

新春を迎えるにあたって、シューマン 春の夜 Fruhlingsnacht Op.39-12 S.568-12 (リスト編曲) を、ヨゼフ・レヴィーンのピアノで聴くことにした。

最も多分・・・この曲はまさに「春の夜」にこそマッチングするのだとは思うが、2010年の春を待ち望むということで。

ピアノのレヴィーンは、ロシアの歴史的ピアニストで、卓越したテクニックの持ち主として有名。

ウイキには、「1892年にモスクワ音楽院ピアノ科を、同級生にアレクサンドル・スクリャービンとセルゲイ・ラフマニノフがいる中、大金メダルを得て卒業。」とあるから、相当のテクニックを持つ人だったのだろう。

また彼の妻、ロジーナ・レヴィーンもピアニストで、中村紘子はロジーナ門下の一人であるらしい。
夫妻による連弾が残されているらしいが、小生は未聴である。

曲はほんの1分にも満たないほどの小曲だが、小生は大変気に入ってしまった。
リストの編曲が成功したのか、原曲そのものがよいのか・・・おそらくは両方の力がうまく機能した結果だろう・・・

雨だれのようにも聞こえる、右手の分散和音にロマンあふれるメロディが奏でられる。
メロディラインは、あの「愛の賛歌」のメロディに類似しているから、ひょっとすると、あの曲はシューマンの引用なのかもしれない。

春浅き雨の夜、物想いに耽る・・・遠くにいる恋人を想い慕うような感じを抱かせる曲である。
しかし、そこには得体のしれない「悪魔的なもの」が潜んでいるようにも・・・

悪魔に魅入られた男、あるいは女性の心境のようにも聴こえてくるが、これも「水」を表現するかののような音型からくるものなのだろうか。

シューマンとラヴェルのピアノ曲には、まだ確固としたものがないのだけれど、何か共通点があるように、小生は最近思っている。

来年の課題としておこう。

本記事を持って今年最後の記事といたします。

皆さん来年もよろしくお願いいたします。

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-30 12:53 | トピックス | Comments(2)

一言あってもよかったのに「削除」するとは

おとといの事件・・・「小生の写真の無断転用」があって、そのことをブログに書いた。
今朝その無断転用したブログ記事が、ブログ主によって削除されていた。

そのブログには、コメント者もあったはずだから、記事削除すればコメントも削除されてしまい、一方的な削除をすることは、あまり感心出来ない。

小生は一言・・・「勝手に使って申し訳ないが、是非使わせてください」という連絡があれば、拒否するつもりはなく、ただ他人の写真を平然と盗用し、そしてあたかも自分のものであるが如くのように、写真に解説まで付けて使用したことに、少々嫌な気持がしたまで。

こちらに連絡もなく、記事の削除で、「なかったことにしましょう」というやり方は、どうにも理解と納得ができない。

かつて掲示板「猫」でよく議論した人のブログ記事が、これも小生がよくお邪魔している人の記事の盗用ということで、ブログ上で叱責された。

その後多分当人同士いくばくかのやりとりがあったのだろう、記事盗用の人は、それから一切音楽ネタを記事にしなくなったばかりでなく、ブログタイトルを変えて再出発した。

これならば、少しは反省の色がうかがえるが、小生にとってはその人のクラシック音楽ネタがもう読めないので、少し寂しかったが、これも仕方あるまい。

そのようなことを経験しただけに、今回の事件はまたもや後味が悪いものになってしまった。

記事削除と同時に、一言あってしかるべきではなかったのだろうか。
逆に言えば、一言あれば記事削除はしなくてすんだものを。

今キャッシュを見てみたら、写真が全て削除されていた。
自分に都合が悪いものを「削除」で済まそう・・・「リセット」出来るとお思いのようだが、ブログを続ける限り、そのことはついて回るのです。

だから連絡をし、一言いえば、それで全てが解決したのに・・・
残念なことだ。

反省の色があまりうかがえない。
よって小生の記事を削除しないでおく。

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-30 08:38 | トピックス | Comments(0)

右クリックの功罪・・・写真が無断使用された

とても後味が悪いものを発見してしまった。

このブログ「牛久沼の詩」で使用されているマズア/N響の写真が、小生が26日にマズア/N響の第9としてUPしたときに使用した写真とまったく同一のものだということである。

そもそもこの写真は・・・とっさに思いついたことと、録画の機械はVTRしか持ってないため、ハイヴィジョンで放映された、TV画面をデジカメで撮ったものだ。

都合30枚ほど撮影しブログには、その中から3枚を厳選して使用したもの。

だから写真の上下左右には、所有TVのフレームまでもが写っているが、あまり目立たない。
そのため、通常ならトリミングをして余分をカットするのだが、今回はサイズ変更だけで使用した。

放映されたものを撮影して、自分のブログにUPすることも、厳密にいえば良くないのかもしれないが、公共放送だし、動画ではないし、記事に写真があるほうがよりリアルかと、あえて使用したものだ。
(ひょっとして、小生のその判断そのものが誤りだったかもしれないが・・・)

しかし・・・ネットの世界ではよくあることとはいえ、少なくとも他人が30枚に及ぶ撮影写真の中から厳選し、記事に添付しUPした3枚を、そのまま自分のブログにコピペし、あたかも自分が撮影したような雰囲気で、解説まで添付し、ブログ記事をUPしているのだから、少々気持ちが悪くなる。

この写真が、小生が撮影した写真に間違いないことは、写真そのものからも、そして何よりTVのフレームまでが小生所有のTVとまったく同一なことからもわかる。(多少はモディファイすれば、まだ救いがあるが、そのままの使用とは、いかにも手抜きすぎる)

写真そのもは、3枚ともに被写体も撮影角度もドンピシャである。
確率から言っても同一になることはあり得ないことだ。

放映中の撮影、だから被写体として映っているのは、ほんの一瞬のことだから、同一のタイミングdで写真撮影ができる確率はほとんどない。
小生が撮影した写真を使用したことは、絶対に間違いないと確信し、断言できる。

これを盗用というか否かは少々難しいが、無断使用したことは間違いのない事実。
多分、公共放送の映像からの写真だから、フリーパスだと思ったのかもしれないが、30枚撮影した写真の中からこの3枚を厳選したのは小生自身だ。

それにデジカメ撮影の手間だって、厳密にいえばあるわけだ。

あまり騒ぐことでもないことは分かっているが、他人の写真を使用する際には、一言連絡するのが筋だし、マナーというものだ。

このままでは、小生自身が、他人の撮影した写真を盗用した(もっともNHK放送からは借用したのだが)のかと疑われることにもなりかねない。
読者はUPされた日時などは見てないと思われるから、変な誤解も生まれやすくなる。
ちなみに小生の記事は放送直後の26日にUPし、無断使用のブログは27日にUPされている。

そして「マズア N響 第9」でググレば、両方のブログ記事が引っかかるから、読者は両方読む機会があるわけで、とても始末が悪い。

そして小生は、こういうマナーの悪い人物が、他人の写真を無断でコピペしてまで、クラシック音楽ブログ記事をUPするのかと思うと、なんだかやりきれなく、そして気持ちが悪いのである。

そのブログにコメントしようとしたら、会員登録が必要で、ログインPWも必要とのことで、面倒なのでやめておいた。

黙って写真を使用した「牛久沼の詩」のブログ主さん、もしこのブログを見たなら、今からでも遅くないから、一言連絡を!

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-28 17:07 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

母校の歌と新ロゴマーク

小生の母校同志社大学が来年創立135年を迎え、その記念に新しいロマークを制作したとの情報があった。

公募で当選したのは国際中学校 2年生 飯岡利奈さん。
ロゴ作成の背景を「」の下記のように語っていて、小生はこの「ワンパーパス・・・同志社大学カレッジソングの一文を中に入れたことに懐かしさと、ある種の感慨を受けた。

それはこの歌が、小生たちが最も多くの機会に歌ったものであり、何がしかのイベント・・・それがコンパでもなんでも最期にはこの歌と同志社チェアーでしめたものだった。

今でもOB会の最期なこの歌で締めくくられる。

「中学1年の新島襄墓参の時、カレッジソング「ワンパーパス」をみんなで歌い、最後“For God, for Doshisha and Brotherhood.”とあったのがとても印象に残っていました。第166回新島襄生誕記念懸賞論文で優秀賞を頂いた時、それは、新島襄のアメリカ・日本でのたくさんの人々との出会いや経験、接してこられた人脈などが私たちの学校のベースになっていて、このW・M・ヴォーリズ氏作詞の校歌にも表わされ、最後にこの歌詞で力強く締められているのだと学びました。新島襄が1875年に設立なさったこの伝統ある学校で学べることに感謝することを忘れないでおきたいと思いロゴマークにこの歌詞をいれました。」

しかしなぜか・・・それが当たり前だったのか、小生はこの歌詞を1番しか知らずにいたので、今探してみると歌詞は全部で4番まであり、しかも作者は、なんと今も多く残るあの洒落た西欧建築で有名な「ウォーリーズ」であることが分かった。

許可認定の返信が届いたので、いち早く新ロゴマークをUPすることにした。

4番の歌詞「For God, for Doshisha, and Brotherhood! 」が入っていて良い出来である。

d0063263_11321782.jpg


Words by W.M. Vories
Music by Carl Wilhelm

1. One purpose, Doshisha, thy name
Doth signify one lofty aim;
To train thy sons in heart and hand
To live for God and Native Land.
Dear Alma Mater, sons of thine
Shall be as branches to the vine;
Tho' through the world we wander far and wide,
Still in our hearts thy precepts shall abide!

2. We came to Doshisha to find
The broader culture of the mind;
We tarried here to learn anew
The value of a purpose true;
Dear Alma Mater, ours the part
To face the future staunch of heart,
Since thou hast taught us with high aim to stand
For God, for Doshisha, and Native Land!

3. When war clouds bring their dark alarms.
Ten thousand patriots rush to arms,
But we would through long years of peace
Our Country's name and fame increase.
Dear Alma Mater, sons of thine
Will hold their lives a trust divine
Steadfast in purpose we will ever stand
For God, for Doshisha, and Native Land!

4. Still broader than our land of birth,
We've learned the oneness of our Earth;
Still higher than self-love we find
The love and service of mankind.
Dear Alma Mater, sons of thine
Would strive to live the life divine;
That we may with increasing years have stood
For God, for Doshisha, and Brotherhood!

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-28 11:33 | トピックス | Comments(0)

クルト・マズア/N響の第9

d0063263_1441824.jpg
年末恒例NHK第9コンサートが22日開催され、その模様がBS-Hで放映されるのを楽しみにしていたのを、本日観ることができた。

興味は大きく2つあって、1つはマズアはかねてから第9の女性パートに、少年少女合唱団を、起用していて、本公演でもそうする旨伝えられていたこと、そして第2楽章のティンパニをディミヌエンドさせているのが今回見られそうなことである。

マズアは82歳という年になって、その指揮ぶり・・・楽曲解釈が変化したのではないかかと、期待と不安を持って臨んだのだが、その心配は見事に裏切られた。

やや早めのテンポで音楽を造り、ほとんど・・・かなり細かいものは見受けられるのだが、インテンポで通していた。
3楽章は指揮者によっては、抑揚をつけてオケを歌わせるものがあるが、マズアは、かなり即物的に音楽を進める。

このようなスタイルの演奏は、録音されたものを何回も聞くには良いのだが、ことライブでは少し物足りなさを感じるだろう。

30年ほど前のゲヴァントハウス管とのスタジオ録音と、さしてその解釈に変化はないようで、マズアの第9の演奏スタイルが昔と同じように、したがってその姿勢や解釈に微塵もたじろぎがないということであろう。

d0063263_14433591.jpg
オケはスタンダードな両翼配置で、ティンパニを中央奥に配置する。

N響は技術的にはとても素晴らしく、世界的水準レベルに達しているとは思うが、この演奏では、かなりクール。
今の季節これだけの慣習と総勢200人以上の大舞台なのだから、もう少し熱いものが感じられてもいいのではないだろうか。


しかし言いかえれば、熱くなる心情を通り越したところにある、プロなりの客観性が出た演奏ともいえよう。

マズアの指揮ぶりは、大仰なところは一切なく、指揮棒も使わないから、派手さは全くない。
年のせいかというと、そうでもなさそうで、指揮台のバックガードからかなり離れたところ・・・オケに1番近いところに立っての指揮であった。

マズアは、口でも指揮をする。

そして各パートへの指示がかなり細かいことが特徴だが、後はほとんどオケに任せているような気配が漂う。

2楽章のティンパニは、やはりディミヌエンドしていたが、奏者はかなり苦労すると思われるが、難なくこなしていたのはさすがであった。

テーネの歌い方は「G-F」で、小生の好みの方法だ。
一番心配した邦人のソロは、全員高水準で、最初に出るバリトンは、高域に少しだけ難があるものの、最近ではベストに入る出来栄えとお見受けした。

テナーもほとんど崩れがなく、この難しいパートを高水準でこなしていた。
それに引き換え、女性ソロ陣は少々焦り気味なのか、上がり気味なのか、多分本領を発揮できずに終わった感があった。

さて総じて素晴らしかったのだが・・・

小生が1番ガッカリしたのは、せっかく起用した少年少女合唱隊だ。
といっても、彼らの技量のことではなく、せっかくの起用の意図らしきものが発揮されず、まったく効果的でなかったこと。

d0063263_14421857.jpg
小生は女性パートの代わりに、少年少女合唱を起用するものと思っていたが、それは勝手な誤解で、そうではなく、正面左わきに20から30名の合唱隊が配置されるのみで、後は通常の合唱団の人数配置に彼らを加えたにすぎなかった。
したがって期待した少年少女合唱の、レスビブラートの天国的あるいは宗教的静謐さの声が、大人の声に同化されたのか、あるいは埋もれてしまい、これでは非音楽的意味しかない結果となってしまった。

これは少年少女合唱隊では数が不足したので、通常合唱団に彼らを加えることでの妥協の産物なのだろうか。
それともこの大舞台を経験させたいとの思いやりなのだろうか。

この場に参加した彼らは、一生思い出として残るであろうし、今後成人しても合唱をやる人も多いだろうから、そういう意味では、良かったことになろう。

少年少女合唱を、とても期待しただけに、残念なことであった。

それにしてもマズア・・・こんなにもザッハリッヒな指揮者だったかと、これから手持ちの音盤を聴いて確認してみることにした。

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-26 14:45 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(2)

幼子イエスのエジプト逃避行

昨日書いた、ヘロデ王による「エルサレムにおける幼時虐殺」の主題を扱った絵画は数多く制作されていることが解った。

『エジプトへの逃避途上の休息』という言葉でググルと、かなり多くの古今東西の作者による絵画がある。

旧約聖書中のこの逸話は、やはり、キリストが運よく生命を維持できたという話であるから、キリスト教にとっては原点的で、最も祝福される話の重要な1つなのだろう。

ベルリオーズが着目したのも、このような文化的背景の賜物であったと言えそうだ。

パロッチ作
d0063263_1972047.jpg


パルミジャニーノ作
d0063263_1992597.jpg


母マリアに見守られ、人と木の安息をとる幼子イエスが、とても微笑ましく描かれている。
これから待ち受ける困難などは、これからは見えてこない。

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-25 19:13 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

キリストの幼時からCoventry Carol へ

今年はベルリオーズの「キリストの幼時」を、クリスマスに聴く曲とした。
このオラトリオの題材は、古代ユダヤのヘロデという王が、救世主キリストの誕生を恐れ、国内の2歳児以下の幼児を全て虐殺したという、旧約聖書の中の話によるもの。

キリストとその両親は、このことを察知し、エジプトに逃れたというから、もしヘロデに虐殺されていたならば、今のキリスト教は存在しないことにおなる。

したがって、キリスト教にとっては重要な逸話であり、この時運悪く虐殺の対象となった幼児は全て聖人とされるほどである。

クリスマスに相応しいか否かはさておき、広い意味での宗教的雰囲気を持つ曲は、どれを聴いても似合っているように、小生は思っている。

かつてはM・Aシャルパンティエの「真夜中のミサ」が、そして最近ではヘクトル・ザズーの「light in the dark」がお気に入りだったし、フランスのキャロルもその中に入っていた。

ベルリオーズという人の作品は、小生はあまり好んで聴くことはないのだが、この「キリストの幼時」は昔からとても気になる存在で、本日聴けたことは誠に喜ばしいことだ。

ベルリオーズにおける宗教性は、卑近なところでは「幻想交響曲」中の、「神の怒りの日」の引用であろうが、他の作品には小生の知る限り・・・「レクイエム」を除き、あまり見受けられないと思う。・・・いや、近年になってから初演された「荘厳ミサ」があるが。

ベルリオーズがなぜこの題材を選択したのかを、今知ることはかなわないが、そのヒントの1つとなりそうなものを発見した。

それが16世紀イギリスの古いクリスマスキャロル:コヴェントリー・キャロル :Coventry Carolである。

この中で歌われる内容が、まさに「キリストの幼時」と同じ題材から取られているのだ。

虐殺の悲劇とキリストのエジプト逃避行を歌ったものが、クリスマスキャロルとして歌われるほど、聖書の中の逸話の中でも、特に世の人々に受け入れられてきたのであろう。

ウイキペディアに邦訳が記載されていたので、拝借した。
下記の内容である。

おやすみ、おまえみどりごよ、
ねんね、ねんね、おやすみよ。
おやすみ、おまえみどりごよ、
ねんね、ねんね、おやすみよ。

あねさまいもうと、どうしたら、
この一日を守れるの。
わたしら歌ってきかせてる、
あわれなこの子を守れるの。

王様ヘロデは恐ろしい、
今日命じたの強い兵隊に、
『目に入るなべての子供をば
切り捨て果てよ』と声高に。

わたしはおまえみどりごを、
思って朝からおののくよ。
歌わず喋らず別れましょう、
ねんね、ねんね、おやすみよ。

小生はこのイギリスのキャオルが、海を渡ってヨーロッパ大陸にやってきた、あるいはこれは大胆な推理だが、もともとフランスのキャロルであったのかもしれない。

そして多分ベルリオーズは、このキャロルをどこかで耳にし、その音楽的内容と詩の内容から、興味を持ったのではないか。
また新約聖書の中のマタイ伝に出てくる物語を扱った、『刈り込み人と仕立て屋の芝居』 という劇の中で歌われたというから、この劇を観た可能性も否定できない。

ちなみに「ルーベンス」は、なんども「幼時虐殺」についての絵を描いているから、ベルリオーズがそれを観たという可能性も・・・・

そうしたオリジナルキャロルや絵画に触発された原体験が、「キリストの幼時」制作の原点の1つであった、そう考えてもおかしくはない。

ケンブリッジシンガーズが歌う、とても美しいものがあったのでdぷぞ聴いてください。
クリスマスにピッタリだと思う。

Coventry Carol - The Cambridge Singers


[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-24 15:43 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

「ん」

近年TVなどに出演する、女性タレントや一部女子アナのしゃべり方が気になっている。
おそらくまだ一般化されてはいないと思うが、TV上ではほぼ流行のように使われている。
意思を表現したり、居ぷ蝶のようにも聞こえるが、多分彼女らはそうではなく、単にそういう発音の言葉遣いが、恰好よいと思っているのだろう。

それは何かというと、語尾に「ん」がつく言葉の言い回しで、最期の「ん」を「ぅぅん」と語気を強めて発音することである。

あるときそれに気がついてそれから注意して聴いていたのだが、そのことはその人個人の所産ではなく、他ににもそういう発音をしている人が存在することを知った。

この発音を文字にして表現するのは難しいが、あえてそうするなら、「ん」を発音するとき、通常口と鼻の両方に息の流れが行くと思うが、彼女らの発音は鼻だけへ抜けるもの。
当然口は全部閉じて、しかも口をすぼめて前に出し気味の発音となるようだ。

さらに、あらゆる「ん」が語尾の言葉に対して、使われるようでもないから、もう少し調べる必要があろうが、いままで聞こえてきた範囲では、通常の・・・今までの発音とは少しニュアンスが違って聞こえ、あたかも新しい日本語の発音のように聞こえて、新し物好きで流行に敏感な彼女たちは、こぞってこういう発音をするのだろう。

昨日の番組で阿川女史までもが、この発音をしていたから驚いたが、マスコミ界では流行の兆しなのかもしれない。

となると、マスコミの影響をもろに受けやすい、一般の婦女子がこういう発音をするのもまじかなことだと推測される。

言葉の短縮やアルファベットで象徴化するといった言葉手法も、とうとう発音の領域(今までは方言どまりだったが)どうやら新領域に突入したようだ。

現在では当たり前の感がある「語尾あげ」に通じるところもあり、しかも聴いた瞬間斬新に聞こえ、話の内容にかかわらず(話が少々プアーでも)、ある種断定的にも聞こえるから、あたかも強い自己表現をしているような錯覚を与える効果があるから、発音自体の目新しさとのシナジーで、しばらくは流行するのかもしれない。

聴いていて嫌みはないのだが、どうも少し引っかかる所があるのはなぜだろうか。

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-22 10:31 | トピックス | Comments(0)

メンゲルベルクの第9

ほぼ1週間のご無沙汰でした。
もうすっかり外は冬の装いを呈し、久しぶりの長浜行きの途中の伊吹山も雪化粧。

帰宅第一稿は何にしようか迷ったが、季節がらやはりベートーヴェンの第9にした。

コアなクラシックファンのな中には、年末の第9はやめて宗教曲・・・たとえばメサイヤやマタイ受難曲あたりを聴くほうがよいとおっしゃる方もいるのだが、無類の第9好きの小生はやはりベートーヴェンの第9がいい。

何度も書いていることなのだが、小生の場合、指揮者の技量を図るメジャメントの重要な曲が、ベートーヴェンの第9である。

オケと合唱のコントロールの・・・・すなわち指揮者と演奏者の息が少しでも合ってないと、たちまち音楽が破綻してしまう。
だから名のある指揮者でも、良い演奏にあたることが少ない。
しかしどちらかといえば、無名に近いオケと合唱団を束ねながら、ものすごい演奏をしたものに巡り合うことがある。
ペーター・マークとパドーヴァヴェネトの演奏は、その最たるものだと思う。

年末にはクルトマズアが第9を指揮するそうで、例によって少年少女合唱隊を参加させるようだから、どのような第9を聞かせてくれるか、とても楽しみなことだ。
ゲヴァントハウスとの録音と同様の、ティンパニのディミヌエンドが見られるかもしれない。

さてメンゲルベルクの演奏だが・・・

予想は、ある程度していたものの、こういう演奏は今では全く見られなくなってしまった。
この演奏に比べれば、世の中の全ての第9演奏がザッハリッヒにさえ思えてくる。

メンゲルベルクの演奏を、良くロマンティックという言葉で語ることが多いようだが、はたしてそれだけでこの演奏における彼の特徴が言いあらわせるだろうか。

それは甚だ疑問であると同時に、いままで彼が「ロマンティック」な演奏指揮者という一言だけで、片づけられてきた感があることを、もう一度見直さなければならないのではと思った。

小生の予想の範囲を超えた、アップテンポで終始通した演奏と、予想通りのルバート、ポルタメント。
楽譜を改ざんしたかと思わせるようなトランペットのでしゃばり。
アツと驚く、終楽章コーダの仰天のリタルランド。

こんな点からして、「ロマンティック」な演奏・・・そう位置づけらてしまったようで、言葉を換えれば「古い演奏スタイル」である・・・そう言っているようにも聞こえるが、しかし現在このようなスタイルの演奏は皆無だけに、小生には逆に新鮮に聞こえた。

楽譜原理主義的演奏や、ピリオド演奏が主流の様相を呈しているが、そのことは指揮者の総合的な技量がずいぶん狭くなってきたことを物語るとは言えないだろうか。

作曲家に変わる・・・あるいは楽譜に書かれないが、「こうあるべき」といった真のカリスマ的指揮者の不在が(このことは指揮者本人だけが招いた結果ではないと思うが)現代の演奏様式を模索しきれずに、自分を客観的にとらえざるを得ない過程で、(それが新しいと勘違いしているようなことが見受けられるのだが)楽譜原理主義的演奏や、ピリオド演奏に回帰しているのではないだろうか。

メンゲルベルグをはじめとする、彼らの時代の演奏のいくつかを聴くと、指揮者のカリスマ性がなくなってきていることを、音楽自体から気がつくことが多い。

言葉を換えれば、聴いていてこの演奏は誰誰の演奏だ・・・そういう風に演奏者を特定できるような特徴を華々しく持つ演奏が、実に少ないということになる。

現代では演奏様式というものは感受することが可能なものはなく、まして個人の演奏様式スタイルも、その特徴があまりなくなってしまったように感じられる。

小生は・・・演奏スタイルの歴史は、多少のアレンジこそあれ、おそらく繰り返すように思うから、そのうち18世紀の伝統を色濃く受け継いで、その上で自分の特色を色濃く出した演奏が、再びもどりそして脚光を浴びる時代が来るものと予想している。

複製芸術時代になってから、たとえばこのメンゲルベルクの演奏のように、あくの強い演奏はいつも繰り返して聴くには少々重たいと感じる方も多いと思うし、またそういう演奏技術以外のところで、演奏をやんわりと規定する力が働くのではないだろうかと思うこともある。

そのためか、ライブと録音でかなり毛色の違う演奏をする指揮者(いちばんよくわかるのは、テンポとリピート)も見受けられるが、これなどは再生音楽、すなわち繰り返し何回も聞くという所から、演奏自体が規定された証拠かもしれない。

メンゲルベルクの第9はライブ演奏の録音である。
しかしこの時代には、先ほどのライブと録音における演奏の違い等は考慮しなくてよい時代でもあったと推測できるから、ライブだから特別あのような演奏をしたわけでなく、メンゲルベルクの特徴が大いにあらわれている演奏であるといえよう。

彼はナチスとの関係が純音楽的評価に影響されるのか、毛嫌いする人も見受けられるが、そのことは分けて考え、やはり音楽そのものを聞いてあげるべきだろう。
小生は彼のスタイルは好きであり、近年現代を通じての物足りなさを十分補ってくれる演奏であるから、今まさに再評価するべき演奏であるものと確信している。

細かいことだが、バリトンあるいはバスのレチタチーボ、「テーネ」を「F-F」でなく「G-F」と歌わせることも、気に入っていることだ。

トー・ファン・デル・スルイス(ソプラノ) スーゼ・ルーヘル(アルト)
ルイ・ファン・トゥルダー(テノール) ウィレム・ラヴェッリ(バス)
アムステルダム・トーンクンスト合唱団
オランダ王立オラトリオ協会合唱団
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ウィレム・メンゲルベルク:指揮
1940年5月2日ライヴ

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-19 11:02 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)

本日より

約1週間ほど不在になります。
コメントのお返しが滞りますが、その節はお許しください。
noanoa1970
[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-09 07:15 | トピックス | Comments(0)