「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:先祖のこと( 3 )

父親の死と三羽の石碑について分かったこと

11月30日21時に父親「好治」が永眠した。
94歳の往生だった。
戒名は禅心軒碩学顕徳居士、臨済宗妙心寺派の林昌寺の前和尚によって生前つけられたものだ。
49日と納骨は2014年1月18日の寒い中行うことにした。
木曾駒高原にある墓は雪が積もってるかもしれない。
父親の遺品を整理しつつあるが、その蔵書の中に、あるものを発見した。
それは木曽教育委員会発行の「木曽」という書籍で、中に征矢野三羽の石碑に刻まれたものが明らかにされていた。

d0063263_10544263.jpg

昭和34年に造られたその石碑は、刻まれた文字の風化で判別がしにくくなっていたので、この書籍をスキャンしたもの意を掲載することにした。
それによると、征矢野の家は代々木曽原野村の庄屋で、第一次開発を手掛けた五代目征矢野孫左衛門は慶長四年と推定され、八代目征矢野勘左衛門が宝永三年ごろと推定される。
そして征矢野三羽は文政一〇年生まれで慶応三年には征矢野新田開拓をほぼ完成したとされ推定征矢野家の一〇代か十一代。
よって小生は約十五代相当になると思われる。

元号では年代がわかりづらいので簡単に西暦で記しておく。
慶長:1596年から1615年までの期間を指す。この時代の天皇は後陽成天皇、後水尾天皇。江戸幕府将軍は徳川家康、徳川秀忠。
宝永:1704年から1710年までの期間を指す。この時代の天皇は東山天皇、中御門天皇。江戸幕府将軍は徳川綱吉、徳川家宣。
文政:1818年から1830年までの期間を指す。この時代の天皇は仁孝天皇。江戸幕府将軍は徳川家斉。

句碑と創建の理由は以下の木曽教育委員会資料に記載されてるのでここにあげておくことにする。


d0063263_1264543.jpg

d0063263_1264166.jpg

d0063263_1263858.jpg

d0063263_1263469.jpg

d0063263_1262954.jpg

by noanoa1970 | 2013-12-21 11:09 | 先祖のこと | Comments(0)

新しい発見

d0063263_15521124.jpg

お彼岸の中日に木曽にお墓参りに行った。
家内の手術が無事終わった報告と、5月に息子と行って墓の周邊の草取りをした結果を見ての墓掃除を兼ねてのこと。

d0063263_15534056.jpg

d0063263_1553471.jpg

d0063263_1553258.jpg

d0063263_15524338.jpg

もう1つ今回の目的は高祖父が開梱祈願をするために、京都から持ってきたというお地蔵さんが祀られている「岩華観音」にもお参りすることだった。
この話はかなり最近知ったことだから、またその様な観音堂があることはまったく知りもしないことであった。

お参りを終えて、ゴルフ場に接ししてる道路を、森林公園、キャンプ場に向かって直ぐの所に、小さな看板があった。

その存在を知る人は土着の人の一部、そう思うほどみすぼらしく、山に登る途中の空き地にその祠はあった。

d0063263_15551189.jpg

看板には、馬を祀って有る・・・すなわち馬頭観音を祀ったから「岩華観音」・・・岩の端にある観音様の祠であり、成立は不明と有った。

小生が聞伝えに理解した話、すなわち小生の高祖父が慶應3年ぐらいにここらの荒地を開梱しだしたとき、無事を祈るために京都に行って持ち帰ったということは、全く示されてなかった。

ただ、祠には馬頭観音像が1つもない。
有るのはお地蔵さんと道祖神が10体ほど、真ん中にはひときわ大きい・・といっても1Mはない、お地蔵さんがおられた。

やはり高祖父が開梱の安全祈願に作ったもので、馬が活躍できる以前、馬が活躍するのは、この土地が農業地として使えるようになった後のことだろう。

木曽駒ケ岳山麓は、大小の岩や石がたくさんあって、馬で荷車を引っ張る作業は困難であったと思われる。
高祖父の話には、馬を飼っていたことは1つも書かれてない。

恐らく看板の旧名どうり高祖父の時代には「渡沢観音」と呼んでいたのであろう。
曰く因縁は、明治期の建替えおよび伊勢湾台風の折に消失し、その由来も歴史も消えさってしまったと思われる。

どうやら、この看板は、明治期以降のもう少し時代が新しい事実を述べたようだ。

d0063263_15494550.jpg

d0063263_15493790.jpg

もっと驚いたことがある。

d0063263_15545349.jpg

d0063263_15544522.jpg

それはこのあたりを「さきがけの里」と呼ぶような地図が存在したこと。
先祖が残した僅かな土地は、小生が引き継いで、今はほんの少しを「さきがけの里花壇」とし、地元の人達が面倒を見てくれるのは、知っていた。

しかし、「さきがけの里」の区域や、高祖父の名前の通りが存在するなんて言うことは、初めて知った事実だ。
地図には、高祖父の業績を称えるための記念碑が着おs題されているが、桜の古木が書かれてない。

観光客は素通りするし、高祖父のことなど知らないから、ナンのために有る看板かよくわからないが、こうして先祖を少しでも具現化してくれるのは少しうれしい思いがする。
木曽町となっているので、一度問い合わせてみなければならないと思っている。

by noanoa1970 | 2012-09-28 15:55 | 先祖のこと | Comments(15)

迎え火

d0063263_14284082.jpg

今時迎え火を焚く家族、少なくなったと思うが、小生の家では、祖父の代から続くから、120年は続くことになる。小生の息子にも繋いで欲しい風習だ。
松明、マコモ、藁、地方と家々によっても違うようだ。
迎え火と一緒に、キュウリのう馬、ナスの牛を傍らに置くというものもあるようだ。

迎え火はやるが送り火はしないところも・・・・
京都は五山の送り火があるから、個々人ではどうなんだろう。

by noanoa1970 | 2012-08-14 14:29 | 先祖のこと | Comments(3)