DRAC興亡史番外編1967機関誌より

6月15日はDRAC-OB会が開催される。
その前に小生と同期で現在同志社大学文学部教授の石坂君が、キャンパス案内ツアーをやってくれるとのことだ。
忙しいだろう身にもかかわらず時間を割いていただけることに感謝しなければならない。
彼とは非常に親しい間ではなかったにしろ、下宿の行き来はたまにあったりした。
下宿では、ブラームスの室内楽を聞かされた記憶がある。
サークル内でも1回生当時から音楽そのものをかなり聴いていた人間であった。
今話すと一番面白い人間であると小生は思っているのだが、以前「君とはジックリ話したい」といっていたので、彼もまんざらではないようだ。

彼は2回生の時にロマン派音楽Gリーダーをやったが、1回生の時にすでにその素地があって、機関誌には論文とみてもよいぐらいの文章を投稿していた。

思慮深い男…それが小生の印象だ。
先日発見した機関誌DRAC16号…1967年発行、に特別寄稿文を投稿した文章があって読み返してみた。

小生も寄稿したのだが、社会学「ジルバーマン」の「音楽はいずこへ」を読んでエキスを抽出したに過ぎなかったのに対し、彼は、多くの文献を当たって長大な論文を書き上げ、其の頁数はB5班25頁にも及ぶものとなった。

当時その中身についての会話は知る限りほとんどなかったのは、内容が難しすぎたのか、不得意ジャンルであったからだろうか。
おそらく、グループの分け方は音楽史に基づいていたから、ほかのジャンルには興味をもてない、自分のハエを追い払うのに精いっぱいだったのだろう。

「二次派の新音楽・後期ロマン派への疑問と考察」と題し、主眼は彼がその当時最も好きだったと思われるブラームスとマーラーをキーファクターとし、いわゆる後期ロマン派とはなんであるのかという視点からの文章である。極端に言えばブラームスは復古主義とか形式主義者とか言われるようなものではない…そういうことをいいたかったのだとも読み取れる。

マーラーについての考察もなかなかのものだと思うが今回は割愛する。

いま読み返せば、ロマン主義あるいはロマン派、と二次派の音楽の規定がやや甘いところがあるにしても、大学1回生でこれだけの文章が書けるというのは、文才ともいえるが、やはり音楽そのものを聴き込んでいたことだろう。

聴きこまなければそれを言葉にはできないが、ながら聴きのように、聴いていてなくても言葉にはできる。
その違いは文章に表れるものだ。
テーマをもちながら音楽を聴くのと、聴いて楽しめばよいという者とは帰結が違ってくるものだ。

その中の一部をここに掲載し、こういう努力の積み重ねの結果、彼が今教授という立場にあるという事も認識していただけければと思う次第。

d0063263_20314256.jpg

d0063263_20313998.jpg

d0063263_2031371.jpg





[PR]

by noanoa1970 | 2013-06-10 20:26 | DRAC興亡史 | Comments(2)

DRAC興亡史番外編1969年春サークルオリエンテーションパンフ

古いオーディオカタログに交じって懐かしいものが出てきた。
1969年度の春、新入部員勧誘のためのサークル活動紹介のガリ版で作られたパンフレット。
色あせてしまったが、懐かしいのでDRAC興亡史に加えることにした。

d0063263_11442523.jpg

d0063263_11442236.jpg

d0063263_11442083.jpg

d0063263_11441817.jpg

d0063263_11441531.jpg

d0063263_11441334.jpg

d0063263_11441161.jpg

d0063263_1144792.jpg


元原稿の文字がかすんでいたり、読みずらい個所があるが勘弁願いたい。

[PR]

by noanoa1970 | 2013-05-04 11:46 | DRAC興亡史 | Comments(8)

番外編・・・これも広い意味でのDRAC興亡史か

大学時代のサークルDRACの後輩がfacebookと自分のブログに大瀧詠一の「ポップス普動説」対談をタイプ起こして投稿した。

それを読ませてもらっていろいろな思いが頭を駆け巡ったが、先ずは後輩がその記事
をネット上にUPした狙い、大瀧の理論(自説というか仮説というか)に対するする彼自身の意見はどうなんだろうということが気になったことであった。

SNSやブログをどのように利用しようがそれは自由であることは十分認めるのだが、
今まで彼のブログを拝見し、彼の能力の高さを認めていたから、彼自身の意見があるはずなのに、大瀧の「ポップス普動説」の紹介に止まったことが正直不満であった。

小生の場合、ブログは音楽についての記事が多いが、それはその音楽ないしは音楽に対してのさまざまな志向と向き合った時、自分の想いや感想、演奏についてなどなどをまとめるためと、そういう作業の中で新しい発見新しい価値観の創造を期待してのことで、そういう過程から新しい知見や感性も芽生えてくることが多いからである。

適切か否かわからないが、誰かがある本の紹介をしたとして、自分の評価や印象を全く書かずに、その本の全文を書いてUPするかといえば、2つの意味でそんなことはありえない。
1つはタイプ起こしの問題、1つが紹介の背景や読後感想、評価なしには紹介は成り立たないからである。
紹介するのだから読んでほしいわけで、それには紹介者が紹介する理由がなければいったい何の目的があるのだろうと紹介されたものと同等に気なるところだ。

後輩の投稿は特定の読者へのインフォメーションであろうと思ったりしてみたが、小生が拝見したのが、Facebookの投稿だったから、特定の人というよりはfacebook参加者に開かれたものといってよいだろう。

ブログを更新したということがFacebookに投稿され、それを読んだ小生は、そこからリンクでブログに入ったのだが、コメントはたぶんブログにしたほうが良かったと思うのだが、Facebookのコメント欄に書いた、というのはFacebookの読者にもわかりやすいと考えてのことであった。
このあたりは非常に難しいところで、小生の場合は、MIXIとブログを連動させているから、MIXIの読者はMIXIからも入ってこれる、しかしFacebookの場合は、彼がやったような手段しかないから、多くの人に読んでもらおうとすると、更新のお知らせという具合に投稿するほかはない。

さらにもう1つ問題があって、Facebookの中に学生時代のサークルの後輩によって「グループ」枠が作られ、現在20数名が参加している。
しかしここは独立しているために、グループの投稿者(小生もそうだが)が投稿するとき、一般枠に投稿するかグループ枠に投稿するか迷うことがある。
一般枠の友人とグループ枠の友人すべてに伝えようとすると、先に言ったように両方の投稿か、一般枠の投稿にしてグループの人間も一般枠で読んでもらうということになる。

そこでコメントはどちらにするほうが良いかという問題に対しては、今考えるとFacebookのコメント欄に投稿したのが小生の判断ミスで、大本のブログにコメント投稿したほうがよかったのだろう。

以上のようなSNSの問題はあるが、運用でうまくやっていくしかないが、重要なのはコメントのつながりで、「いいね!」で終わらないものは、お互いにそれなりの意見交換というニーズがあるからだから、第3者までを顧慮しなくても、つながりがなければ何をやっているのか、さっぱりわからないということで、これはストーリーがわかりやすい昔の掲示板のほうがよかったので、SNSの掲示板機能強化を望むところだ。

無いものねだりしても仕方ないので、誰かの意見が欲しいと思っての投稿、というよりその投稿内容に対しての反応を示しやすい良いうに、「このことについてどう思うか」という具合にたくさん書いてある中から絞っておくか、あらかじめ絞った投稿をするかが必要かもしれない。

そうでなければ普通は、おそらく投稿者は何らかの反応を望んでいるとみるほうが当たっているのだと小生は思う。

コミュニケーションという観点からはどのSNSもあと1歩で今後の改善が望ましい。(時間的制限などあるチャットのサービスで満足してもらっては困る)

そういう意味でもその投稿の狙いがわかるようなことを、さりげなく書いておく必要もあるし、「コメントはここへください、コメントはいりません」とか何等か伝えないと仕方がないであろう。

いったん投稿すればそれが読者にどのように受け取られるかわからない世界だから、神経を使う必要は、いまのところはあるように思う。

以上のことを少し踏まえながら、今後小生が読んだ大瀧(大瀧詠一)の「ポップス普動話」について理解したことしないことなど1テーマに絞りながら書いていければいいと思っている。

[PR]

by noanoa1970 | 2012-03-11 10:01 | DRAC興亡史 | Comments(0)

DRAC興亡史・・・1967~71その6「1967年4月」

≪DRAC入部の頃≫

キャンパスで見て、入部の手続きに・・・」と言いかけると、そうか、それでは何時一日歓迎会をやるから、その日にちと時間に来いと言う。
愛想もそっけもない男、其れが幹事長のT海林氏で、ほどなく会合が有ったとき、紙を三角におり名前を書き入れ机の前に出す準備を手伝っていると、T海林という文字が目に入ったので、アレは幹事長だと挨拶をするため、(一文字違いだが同じ姓名の有名人・・・泣くなよしよしねんねしな、山のカラスが鳴いたとて・・・・と歌った有名な歌手を知っていたから)〇〇〇サンですね、というと「俺はそんな名前じゃないから」と語尾を上げる東北弁らしき口調でいいつつ、「〇〇〇というんだ」知ったかぶりをするなと言わんばかりに言うのだった。

知っていた古い歌い手は名前が「太郎」であったが、幹事長はそれに「幸」・・・あの走れ走れコウタローと、わずか一文字多いだけで、分厚いメガネだけは、よく似たところがあった。
彼は幹事長で、バロック音楽Gのリーダーでもあった。

角刈りで学生服という井出たちだったから、およそ音楽文化サークルには似つかわしくないと思うような、執行部役員副会長のK出さんの司会で、サークル活動方針と理念の説明があり、その後グループのリーダーによる活動方針の発表が終わり、自己紹介をして初回の会合が終わった。

加茂川べりの喫茶店でやったと思うが、そのときには部員が約70名ほどいただろうか。
このような手配や合宿の手配は、N道さんという面倒見の良い3回生の手によるもので、彼も日本音楽Gに所属した関係でかなり世話になった。

[PR]

by noanoa1970 | 2007-08-22 13:57 | DRAC興亡史 | Comments(0)

DRAC日本音楽Gでの体験-Ⅱ

1967年の大晦日、小生は仲間と八坂神社に行った。「おけら参り」といい、「神社でいただいた火縄を消さずに家に持ち帰り、その火で台所の火を起こすと無病息災が約束される」と言う。
わらを円形に巻いたものに火をつけ、火が消えないように、クルクルとまわしながら、境内にある「おみくじ」のところに行き、おみくじを引くと・・・なんと「凶」が出てしまった。新年を迎えるのに縁起でもないことである。小生はこれ以上仲間たちと一緒にいるのが苦痛となり、ひとりひそかに隊列を離れて、人ごみの中を彷徨った。どこをどう歩いたかは定かではないが、しばらく彷徨うと、目の前に突然「松明」の火が映った。
松明の火に目が慣れてくると、そのむこうに巨大なお寺が出現した。
d0063263_13455574.jpg


「知恩院」であることに気づいたのはしばらくしてからであったが、大きな本堂に近づいてみると、時計はすでに12時を回っており、新年となっていた。

そこで小生が見たものは大勢のお坊さんたちが、・・・100人はいただろう・・・・新年を迎えて声明を唱えている光景だった。しばらく聴いていたが、何か得体の知れない大きな力を感じて、しばらくその場を動けなかった。まさしくこれは、お経等ではでなく「音楽」であった。

DRAC日本音楽Gで、誰を研究するかを決めなければならない時期、どうしても「音盤」で作品が多く聴ける作曲家から選択しなければならず、数人の候補の中から、小生はこの「声明」に刺激され、「間宮芳生」を選んだのであった。d0063263_15311961.jpg

このレコードは大枚を費やして購入した「合唱のためのコンポジション」3枚組みである。
下宿代と同じ金額だったことを覚えている。
[PR]

by noanoa1970 | 2005-06-14 11:27 | DRAC興亡史 | Comments(0)

DRAC日本音楽Gでの体験-Ⅰ

d0063263_19365335.jpg
DRACでの研究活動が始まって最初に聴いたのがこの録音。外山雄三さんの「ラプソディ」「子守歌」小山清茂さんの「管弦楽の為の木挽き歌」、そして尾高尚忠さんの「フルート協奏曲」が録音されているものである。・・・・「伝統」とは何であるか・・・との議論の末に、グループ全員でこのレコードを聞いた。N響の演奏、指揮者は岩城宏之さん、フルートは「吉田雅夫」さんである。
解説を読んでも確かなことは分からないが、聞いたのは1967年のことであるから、このLPの録音はそれ以前のことである。
1枚のアルバムなのに、化粧箱入りという珍しいレコードで、「キング」レコードの力の入り方が思われる。またキング=ロンドン=DECCAは、ケルテスの「青髭侯の城」でも豪華化粧箱入りで1枚のLPを発売したから、こだわっていた担当が当時いたのだろう。今なら考えられない付加価値のつけ方だ。
d0063263_1138465.jpg
d0063263_11432634.jpg写真は「青髭公の城」に出演した、若きクリスタ・ルートヴィッヒと指揮者兼監督のケルテスである。

今ではもうなんともないことなのであるが、当時「ラプソディ」を聴いたときに思ったことは、「チョット恥ずかしげで、なんとなくむずがゆい、妙に落ちつかなくそわそわする・・・・そんな感想を持ったので、聞いてみると、ほとんどの部員・・・といっても全部で6人しかいなかったのだが・・・同じような感想を持ったとのこと。この曲が本当に好きになったのはそれから30年時を隔ててからのことであった。

しかしそんな中、尾高さんの「フルート協奏曲」・・・・ちょっとドップラーのハンガリア田園幻想曲に似てはいるが、2楽章の展開部の美しいメロディには激しく魂を揺さぶられてしまった。

d0063263_14452162.jpg
上のジャケットは「ランパル」の録音が出るのを待ち望んで入手したLP、これも良かったが今ではやはり「吉田」サンの方をより好んでいる。
[PR]

by noanoa1970 | 2005-06-12 18:59 | DRAC興亡史 | Comments(0)