一周忌

去年の11月17日夜9時頃、愛犬シバがこの世を去った。

夕方から一人で立つことは困難なようになって、其れでも必死に立ち上がるが前ノメリになって、頭から突っ込むという症状を見せ始めた。

前日は元気に散歩に行ったし、食欲も旺盛だったのに、今思えば、夕方2度も小生が座っているイスの前に来たのは、何やら訴えていたのだろうか。

シバは元気な頃、音楽を聞いている小生の傍らにキチント正座して、その頃はまだ健全なメインSP、QUAD、ESL-63の方を向いて熱心に音楽を聴いていたものだった。

コンヴィチュニーのブルックナー5番にすごく反応して、遠吠えを何度も繰り返した。
カラヤンのワルキューレ4幕、そしてマゼールの幻想にも反応したが、これは何れもアナログディスクの再生時であった。
d0063263_17242285.jpg

d0063263_17163894.jpg


今では一人で音楽を聴くことになってしまったのは、なんとも寂しい気持ちである。

今日はシバの好物をお供えとすることにしたが、とりわけ大好きそうだったが、健康のためと、いっさい食べさせなかった「コロッケ」を特別に食べてもらうことにした。

家内はペットロス症候群がなかなか抜けないようで、毎日のお祈りと、供物を捧げていて、在りし日のシバの様子を語ることが多い。

今でも不思議なのは、小さな川や、側溝など、少し深くて水が流れているものには、激しい拒否反応を示したこと。

絶対に橋を渡るのが嫌で、引っ張ってもブレーキをかけるから、抱いてわたらなければいけなかった。

九華公園に花見に行った時、堀に近づくのを拒否したあまり、首輪がぬけて、逃走し、30分掛かってやっと捕まえたことがあった。
どうやら堀の水が怖かったらしい。

しかしそうかと思えば、琵琶湖や大きなダム湖などは平気で、水際まで自分で降りていくから、いったい無いが怖いのかが未だに謎である。
一応水に潜む悪霊を恐れたということにしておくおことにする。

遠出の際には、シバを一緒に連れていくし、よその柴犬を見ては、シバを思う毎日が続いている。

d0063263_174741100.jpg
今日は一周忌だから、シバの好物にくわえて、特別にコロッケをお供えした。
きっと喜んで食べることだろう。

シバは、大阪の劇団の楽屋犬として1歳半まで飼われていたが、劇団が解散となって、手放されることになり、保健所行きとなった犬であった。

恐らくは楽屋で皆が食べる弁当のおかずをもらっていたらしく、それでコロッケ、カボチャの煮物、フライドポテト、コーヒーまで平気で飲食する。

こちらに縁あって来たときには、冷蔵庫の扉に手を掛けたから、それが食べ物催促の意味なのだろう。
しかし、インターホンと外から聴こえる犬の吠え声に反応いて吠えるだけで、催促で吠えることは全くなく、それだけは訓練されていたのか、家の中で一緒に過ごすにはうってつけだった。

長生きを考えて、エイムスのペットフードだけにして、それにジャガイモの茹でたものやカボチャの茹でたものを添えるようにしたが、茹でている時から、鼻をくんくんさせて、この臭がすると自分の大好きな食べ物にありつけることを学習してしまったようだ。

いつもなら食事の前に、「お手と伏せ」をさせてから「待て」を数秒、「よし」で食べ始めるが、ジャガイモとカボチャの時は、待ち切れない状態で、いきなり食べ始めてしまうぐらい好物だった。

散歩の合図をすると、準備のため、体を真横に持ってきて、胴輪とロープをつけるのに便利なようにしてくれる、そんな利口な犬であった。

急な階段を下るときには、スピードを落とし、其れでも先行しそうになると、しばらく待ってくれた犬。

食べ物に執着すること以外は、悪い所が一切ない犬であった。

柴犬は飼い主に忠実と言われるが、まさにシバはその典型だった。
足が長く尾はしっかり巻いていて、左右に流れることなく背中の真上にあるから、精悍に見える。

想い出は尽きないが、きっと向こうでやりたい放題やっていることだろう。

今日は好きだった食べ物を、いっぱいお供えしたから、どれでも好きなモノをタップリと食べておくれ。
[PR]

by noanoa1970 | 2011-11-17 17:47 | 愛犬シバ | Comments(9)

昼寝用ベッド占領される

キャンプ用のベッドを昼寝用に使っているのだが、愛犬シバがいつの間にか占領して、今スヤスヤと眠っている。

ベッドに飛び乗って、敷いてある綿のパットで、一頻り爪を研いだ後、静かになったと思うと、いつの間にか眠りについている。

このところいつも、このように占領されっぱなしだが、仕方あるまい。
d0063263_10372522.jpg
d0063263_1037486.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2009-07-28 10:39 | 愛犬シバ | Comments(0)

シバの昼寝

先月、アウトドア用のコールマンの折たたみベッドを昼寝用に出した。

これはすごく便利で、寝転がって音楽を聴くときにも重宝している。

しかし

今は愛犬シバにほとんど占領されてしまっている。


よほど気に入ったようで、いつの間にかやってきて、ベッドの上で軽いいびきをかいて毎日過ごしている。

たまに小生が横になっているにもかかわらず、平気で上がってくることもある。

毛布を敷いてやったら、病みつきになってしまった。

いつもより視線が高く、今まで見えないものが見えるのも、気に入っている理由なのだろう。
d0063263_17342657.jpg
d0063263_17345534.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2009-06-04 17:36 | 愛犬シバ | Comments(2)

全快祝い

昨日の検診の血液検査で、昨年7月に肥満細胞腫という厄介な病気にかかって、抗がん剤治療を続けていた愛犬シバの結果が出た。

d0063263_12155617.jpg
結果は非常に良好で、もう再発の心配はほとんどないとの診断。

もう病院には来なくてもよいというありがたい言葉をいただくことができた。

手術の痕跡もまったく無くなって、シバは元気いっぱい状態だ。

d0063263_12133341.jpg
昨夜はシバの全快祝いをやり、今日は一緒にベートーベンの第9シンフォニーを聴いている。

今のところ一緒に歌うことは、無くなってしまったが、それでも一生懸命耳を傾けている。

不治の病といわれる肥満細胞腫の悪魔から解放されたシバ。

一時はどうなるかと心配したが、よく回復してくれたものだ。

幸運の女神が付いている・・・そんな気さえする劇的回復。

内臓に発病していたら・・・
たぶん発見が遅れ、したがって手遅れになったに違いない。
手術や抗がん剤の副作用で苦しい思いはしただろうが、それを思うと実に幸運だった。

全快宣言できることに感謝!

[PR]

by noanoa1970 | 2009-04-18 12:13 | 愛犬シバ | Comments(4)

シバの近況

10月半ば、注射と投薬による抗がん治療も一段落し、これからは月1回の通院となった。

抗がん剤と投薬の影響か、体力が弱っていたらしく、以前の力強さがなくなったように感じていたとともに、水分と食欲が余計出るようで、1キロ余り太ってしまった。

以前は音楽を聴いていると、必ず近寄ってきて一緒に音楽に耳を傾け、時には音楽に合わせて遠吠えをすることがあったが、手術後は、それまで必ずと覚えしていたブルックナー5番やピンクフロイドの原始心母にも、反応しなくなってしまったのだった。

d0063263_10162995.jpg
それが残念で、ひたすら回復を願っていて、注射と投薬の影響が切れかり、体力の回復の兆しが見え始めた時を見計らって、先日入手した一連のCDあを聴いていると、シバが近寄ってきて、音楽を聴いている小生の膝にもぐりこみ、スピーカーに向かって耳を傾けたのだった。

遠吠えこそしなかったが、かなり長い時間音楽を一緒になって聴けたことに、シバの回復の兆しを実感できた。

抗がん剤と投薬治療が無くなって、このまま何事も起こらないことを願うばかりである。

一時はどうなることと、ものすごく心配もしたが、最近のシバの様子からは、7月のあの衝撃がだんだん遠のいていくのを感じつつある。

ただ、抗がん剤というのは、がん細胞に対してその成長能力を抑えるだけのものであるらしいから、いつ拡張転移するかはわからないから、これからが勝負なのである。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-10-29 10:16 | 愛犬シバ | Comments(4)

冬への扉

ハインラインのSF小説では、猫のピートが冬になると、暖かい夏への扉を求めて、部屋中を歩き回るというシーンを描く。

d0063263_9484274.jpg
愛犬シバは、その反対、夏になると、少しでも涼しい場所を求めて、アチコチ移動する。

d0063263_9532148.jpg
そして体を横たえるのだが、床が温まってくると、また移動して冷たい所を探すのだ。

シバは抗ガン剤治療3回目。
薬のせいでのどが渇くのか、水を欲しがる。
以前の3倍ほど水分補給量だ。

暑さと薬両方が要因だろうか
体を横たえる頻度が多くなった。
過ごしやすい秋が少しでも早く訪れるのを願うばかりだ。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-08-14 09:57 | 愛犬シバ | Comments(2)

シバの近況

d0063263_15525424.jpg
応援いただいた皆様にシバの近況報告です。

手術を終えて3週間がたつ。
先日病理学検査結果がわかった。
肥満脂肪腫の「グレード3」「ステージ1」という結果が出た。

グレードとは、悪性度を測る単位で1から3まで有り、3が最も悪性度が強く、ステージとは腫瘍の進行度を表す単位で1は最も軽い。

したがってシバは強い悪性腫瘍があったが、進行は一番低い段階ということになる。

手術のマージン:腫瘍部分からの深さと距離は、充分確保されているという結果であったから、少し安心した。

腫瘍の部位によっては、このマージンの確保が困難であるがゆえに、腫瘍がすぐに転移してしまうからである。

d0063263_1634328.jpg
先日、術後の抜歯の後、治療が始まり、注射による抗がん剤の投与と、抗生物質の飲み薬が処方され、抗がん剤は前足に注射された。

犬によっては抗がん剤によって、食欲が無くなり、体毛が抜けることもあると聞いたが、シバは今のところ普段と変わりなく元気だ。

シバは食事に薬を混ぜておくと、きれいに全部食べてくれる。
薬を飲めない、食べない犬が多いと聞いていたから大変助かる。

ただ薬のせいで、食欲が増進され、喉が渇くのか、普段の3倍近くの水を欲しがるようになった。

残念なことに、遠吠えまでして激しく反応していた音楽にも、今のところ反応の姿を見せない。

もともとそんなに大きくない体の、約10cm四方に及ぶ切除であったから、大変な目にあったわけで、それで性格や体質が少し変化したのだろうか。

この暑さのせいもあるとは思うが、寝そべることが多い。

散歩の時は、綱を引っ張るほど力強く進むから、今のところ体調の悪化は感じられないのに。

手術に当たって剃られたところに、新しい毛が生えつつあり、もう少しで手術の傷後が隠れるようになる。

涼を求めているのだろうか、小生の部屋に来て、棚の一番下の空き部分に体を入れて、眠ることがある。

今現在、シバは「元気」です。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-07-23 16:01 | 愛犬シバ | Comments(4)

縁起を担いで・・・

ウッドデッキで地面を小さくしてしまったせいで、好きな「梔子」が、長いこと枯れてしまっていた。

d0063263_12515316.jpg
昨日、ウッドデッキの上に置いた、薄が植わっているプランターの中に、「梔子」が成長し、花一倫と、蕾までを持っているのを発見した。

復活・・・縁起がいいので写真に撮め、そのあと「お千代坊稲荷」に、シバの回復祈願に向かうことにした。

d0063263_1311303.jpg
d0063263_13121195.jpg
神社の境内には、多くの「キツネ」が・・・・
家内がシバに似ているというので、それも撮影しておくことにした。

d0063263_1331155.jpg
今朝のシバは、散歩も力強く、綱を引っ張っていくほど。
でもやはり、手術の縫い後が・・・多分乾き切ってきて、攣れるのだろうか、時々首をかしげる行為をする。

車に乗せたとき、助手席に移ってきて座ることが有るので、そのときマジマジと手術の後を見ると、逆T字型に10cm×5cmほどの縫いあと。

かなり広範囲に切り取られたことを思われるような痕跡が見られ、深さも恐らく3cm有るのだろうと思うと、シバの頑張りを改めて褒めてやりたくなる。

シバの食欲は相変わらず旺盛だが、まだ少し疲労が残っているのか、暑くなってきたせいなのか、体を横たえていることが多い。

今朝、家内が入手してきた栄養ドリンクを、初めて飲ませてみたが、難なく全部飲み、朝夕2種類の薬・・化膿止めと痛み止めか・・も、難なく食べるように飲み込むから、その点では大助かりだ。

今日はレコードとCDを解禁にして、一番最初には、用意したピンクフロイドの「原子心母」にしようと思う。

東海北陸自動車道が全線開通したら、南砺市福野町のお寺「本福寺」納骨堂に入っている、義父をお参りしようと思っていたが、シバの調子が本格的に回復・・・抜糸するまでは辛抱しなくてはならない。

d0063263_13472266.jpg
今シバは、壁に取り付けてある、オーディオやCD、レコード収納用の棚の、小さな空き間に潜り込んで、眠っている最中だ。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-07-05 13:12 | 愛犬シバ | Comments(0)

シバ帰る・・・励ましてくれた皆さん有難う

術後のシバをつれに行った。
予想とは全く違い、その大きさの割には、術後の傷後には、包帯も巻かれて無い状態であった。
これで大丈夫なのか、かなり心配だが、やはり素人の・・・老婆心なのだろう。

よほど心細かったのだろう、小生たちの顔を見ると、こらえていた泣き声を発して、勢いよく、飛びついてきた。
以前の冠婚葬祭時、病院にシバを預けたときは、声が枯れるぐらいまで鳴いていたそうだが、今朝はいつもの声だったから、麻酔で眠っていた時間が相当長かったことを思わせる。(歩ける状態だとは思っていなかったので、驚くこと仕切り)

絶食のせいで少し痩せていたが、今朝はまだ食事を与えてないというので、持参のミルクゼリーをあげると、美味しそうにあっという間に食べてしまった。

後ろ足には、恐らく点滴注射の針のキズを覆う包帯が巻かれていたが、首の後ろは塗った後が見えるままの状態であったから、少々驚いた。

首には、縫ったところを手足で引っかいたりしないように、ラッパ型の治具がはめられていて、シバは何をするのも億劫そう。

自分のサイズより、相当大きい者がはめられているから、歩くとアチコチにぶつかってガサゴソという音を立て、そのたびにシバは驚く様子である。

シバは、ものがこすれあう、かん高い音が非常に苦手で、散歩中でも、そういう音におびえて、小生の顔を見上げることがよくある。

d0063263_1083819.jpg
切開した部分は・・・縫った後を良く見ると、かなり大きく10cm以上はある。
この病気は切開のマージンをかなり大きく取らないと、再発の可能性が大であることを思わせるものだ。
でも幸いなことに、シバに、ちっとも痛がっている様子は無い。

首にカラーをはめられた状態のシバは、周囲の様子が分からないからか、かなり敏感になっていて、チョットした変化にも、鋭く反応するようになった。
車に乗せ、道中宥めながらシバを落ち着かせる。

d0063263_10103184.jpg
我が家に早速帰り、ミルクといつもの食事を上げるが、カラーを巻いたままでは、自由が利かないから、思い切ってそれを取り外し、代わりにタオルで首の傷の部分を巻いてやることにした。

順調なら抜糸まで2週間とのこと。

しかしもうすぐ、病理検査に出した結果が待っていて、病気の進度の判定が下される。
手術は終わったが、判定の結果でその後の治療方法が決まる。

まだまだ心配は続くが、とにかくシバの元気そうな姿が見れたのはありがたいことで、励ましのお便りを頂いたMIXI、ブログの友人の皆様には感謝の気持ちでイッパイです。

エレガンスさん、HABABIさん、DRAC-OBさん、こぶちゃんさん、そしてakeminさん
どうもありがとう。


元気が出るように、タオルの代わりに、Tシャツを着てもらった。
d0063263_10425026.jpg
d0063263_10431561.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2008-07-02 10:30 | 愛犬シバ | Comments(4)

シバのいない日

d0063263_10554819.jpg
d0063263_10561992.jpg
d0063263_10564793.jpg
今日はシバの手術の日。
今朝から絶食だが、そんなことは知らないシバは、お腹が空いたとばかりに、おねだり来る。

自分の食器の前や、小生や家内の前に来ては、何もいわずに、ただひたすら「ご飯だよ」の声を待つ。

黙って座っていれば、今までは大抵食べ物にありつけてきたが、今日はそういうわけには行かない。

伏せをして、片手だけを前に出すのは、督促の記し、そしてそれでもダメなときは、小生の膝の間に入ってきて、後ろ向きに小生の顔を見る。

水も飲めないのでかわいそうだが、それでも散歩にはついてきた。

今朝はいつもより、長めに散歩をさせ、朝9時に到着するように病院へ向かう。

病院への道を覚えているシバは、途中で嫌がって鳴き、到着しても、病院内には行こうとしない。

抱きかかえて連れて行き、引き渡すと、観念したようにおとなしくつれられていった。

手術が何時に始まり何時終わるかの説明が無いままではあるが、後は先生にお任せするしかない。

念のために、今日は病院でお泊り、明日朝一番で迎えに行くのだが、今日は一日中まんじりともしない。

音楽絶ちしてから、すでに4日。
小生に出来ることはそんなことぐらいでしかない。

帰りのラジオから「シバの女王」がながれ、レーモンルフェーブルが亡くなったとの知らせ。

家内には言わなかったが、不吉な予感がして仕方が無かった。

明日の朝、元気なシバの姿を見ることが出来るように願うばかりだ。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-07-01 10:58 | 愛犬シバ | Comments(3)