アルゲリッチのショパンのソナタ

-匂い立つような3番のソナタを聴いて-

d0063263_16451820.jpg

香ひのピアノは、一つ一つキイを叩くごとに、一つ一つ記憶が奏鳴する。

北原白秋「香ひの狩猟者」より

[PR]

by noanoa1970 | 2009-01-16 16:47 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)