昔の軽自動車・・・スズキフロンテSSS

1970年代の初めに、軽自動車は一気にその性能をアップした。
ホンダ、ダイハツそしてスズキが軽自動車の3大巨塔で、各社が軽のスポーツタイプを盛んに出したのもこのころである。

それまではほとんどの軽自動車が30馬力以下のパワーでしかなかったが、360CCで36馬力、すなわちℓあたり100馬力というキャッチフレーズとともに、スズキがフロンテシリーズに「SSS」:スーパースポーツセダンというグレードを追加した。

エンジンは、バイクのエンジンをモディファイしたもので、3気筒。
ものすごくピーキーなものだった。

トルクがないから、回転を上げないとパワーが出てこない。
それでアクセルを常に煽って、回転を上げて運転する必要があったが、ダッシュ力や高速のスピードは、すごいものがあった。

タコメーターなど3連メーターがついていて、9000回転以上がレッドゾーンとなっている今では到底考えられないエンジンを積んでいた。

もちろんエアコンなどはないし、リアーエンジンだから荷室はフロントにほんの少し・・・旅行カバンがやっと1つ入るぐらいしかなかった。

それでも一人前に、ギヤーは5速あって、エンジンはうるさいバイクのエンジン音がしたが、運転は楽しかった。

この車、燃料が混合だったから、ガソリンのほかにオイルを供給する必要があった。
満タン5回で1ℓのオイル1缶を消費するから、結構オイル代がかさんだ。

当時ガソリンの価格は、ℓ38円~45円ほどだったと記憶する。

d0063263_9155416.jpg
この小さな車フロンテに、3人とテントと身の回りの物、クーラーボックスを詰め込んで、日本海側から本州の最南端を経て、太平洋側に出る、本州西日本一周の旅の出発時の写真を見つけたのでアップすることにした。

汗と埃にまみれながらの800kだった。

よく見ると、ナンバープレートに、古さを感じることができる。

[PR]

by noanoa1970 | 2008-08-24 09:21 | 歴史 | Comments(3)

Commented by drac-ob at 2008-08-24 23:20 x
スズキフロンテSSS、懐かしいですね。高校の同級生が大学時代乗っていました。一度その車に総勢3人乗り込み、宮崎から京都まで行った事がありましたが、とんでもない目にあいました。

もっともそれに懲りずに、その1年後今度は京都に同じメンバーが結集し、京都から宮崎に向かいました。もちろん、学習能力はあったので、昼間しか走りませんでしたが…。
Commented by noanoa1970 at 2008-08-25 10:05
京都⇔宮崎…これは普通自動車でも相当きついことでしょう。まして軽、それもSSSでは、高速はまだしも、長い上り坂になると、少し油断するとエンストしてしまいましたから・・・
夏ならクーラーのない車では、夜間走りたくなりますが、やはりトラックの多い夜間は危険だと思います。しかし何があったのか気になります。荷物が積めないので、やはり3人までの乗車が限界でした。
Commented by たけちゃんまん at 2015-04-11 14:02 x
初めて購入した車がスズキフロンテSSS。車体カラーはメキシカンオレンジと言う派手な色でした。
20歳の時でした。当時、サニーGXクーペを友達が乗っており、直線では勝てませんがコーナーからの立ち上がりは2サイクルエンジンのスズキフロンテSSSの方が早く、リッター100馬力エンジンは伊達ではありませんでした。