「ほっ」と。キャンペーン

That Doggie in the Window

昨日のブログ、「犬と音楽」で、思い出した曲の正体が判明した。
歌ったのは、パティ・ペイジ・・・この人は「テネシーワルツ」で大ヒットした人でも有る。

ただ歌詞の内容は記憶とは少し異なっていて、「How Much Is That Doggie In The Window」
つまり、「あのショーウインドウの中にいる犬はお値ら?」という始まりであった。

犬の名前を尋ねるものではなくて、値段を尋ねるところが、50年代であろうか・・・その頃のアメリカのペット状況を表しているようで、日本ではその頃まだ犬をペットショップで売り買いすると言う文化は無かったように思うので、今改めて聞いて見ると、とてもアメリカらしい歌であることが分かる。

How much is that doggie in the window? (arf! arf!):ワンワンと聞こえる犬の鳴き声
The one with the waggley tail
How much is that doggie in the window? (arf! arf!)
I do hope that doggie's for sale

I must take a trip to California
And leave my poor sweetheart alone
If he has a dog, he won't be lonesome
And the doggie will have a good home

How much is that doggie in the window? (arf! arf!)
The one with the waggley tail
How much is that doggie in the window? (arf! arf!)
I do hope that doggie's for sale

I read in the paper there are robbers (roof! roof!)
With flashlights that shine in the dark
My love needs a doggie to protect him
And scare them away with one bark

I don't want a bunny or a kitty
I don't want a parrot that talks
I don't want a bowl of little fishies [Try our Swim with the Goldfish activity!]
He can't take a goldfish for a walk

How much is that doggie in the window? (arf! arf!)
The one with the waggley tail
How much is that doggie in the window? (arf! arf!)
I do hope that doggie's for sale
I do hope that doggie's for sale

猫や金魚やオウムなんかは欲しくない!
あの犬が欲しい!
どうか、私に売ってちょうだい!
大好きな彼のためにも!

「彼」を恋人とするか、自分の「子供」とするかで、この歌の意味合いは違うが、いずれにしても、人と犬の両方に対する愛情がイッパイの歌であることは間違いないし、パティ・ペイジの歌唱は子供に対する愛情らしきものが溢れるようだ。

さすがに愛犬家達の投稿が多いらしく、動画にはそれぞれの飼い犬たちの姿が録められている。
しかし、やはりここはパティ・ペイジの歌う姿が欲しいと、さらに検索をすると、バージョンの異なるものが見つかった。

こちらは、耳に親しんだものより、やや早めのテンポで、軽快に聞こえる。
この動画では、自分の子供のために、子犬を求めるシーンが撮影されている。


YOUTUBEの動画をリンクしておきます。
聞いてみてください。

How Much Is That Doggie In The Window - Patti Page

by noanoa1970 | 2008-07-04 08:48 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(1)

Commented by じゅんいち at 2015-05-07 15:22 x
はじめまして

僕も好きな一曲ですが、こんな意味だったのですね。
確かに愛情にあふれたやさしくて良い歌です。

ありがとうございました。