You've Got A Friend

邦題「君の友達」として70年代にヒットした曲である。
キャロルキングがシンガーソングライターとして登場した「Tapestry」:綴織(つづれおり)という意味のアルバムに収録される。

Tapestryは、ゴブラン織とも呼ばれる織物で、その歴史は紀元前まで遡るといわれるし、またその完成までには長年の歳月がかかるといわれることから、キャロルキングが、それまで作曲中心であった彼女が、満を持してこのアルバムを作り上げたことを物語るようだ。

それだけにこのアルバムは聞き応えあるものに仕上がっているようだ。

60年代アメリカンポップス・・・オールディーズのシュレルズ(The Shirelles)のために書いた曲Will You Love Me Tomorrow、

Little Evaが歌って、これも60年代にヒットさせ、後にロックのグランド・ファンク・レイルロードがカヴァーしたことでも有名なLocomotionはご存知のp方も多いはずだ。

有名なのはニールセダカが歌った「おおキャロル」のキャロルとはキャロルキングのことであったという話。
でもこの話を知ったのはかなり最近のことで、その当時はキャロルキングの名前は彼女の書いた曲が有名なわりには知られてなかったから、そのことを知ったときには随分驚いたものだ。

恐らく彼女がまだ10代後半から20代前半の頃ではなかろうか。
「おおニール」というアンサーソングがニールセダかのために作られたというが、こちらは聞いたことが無い。

You've Got A Friendも、多くの歌い手によってカヴァーされているが、小生の好きなものをyoutubeからピックアップしておくことにした。

James Taylor - You've Got A Friend '71
最初は「ジェームステイラー」、この人の歌もかなり頻繁にラジオから流れていて、そのやわらかい歌声とギターテクニックに憧れを強く持ったものだ。


次に・・これは初にお目にかかるもの、余りにメンバーが凄いので上げておく。
Carole King, Celine Dion, Gloria Estefan & Shania Twain - You've Got A Friend・・・4人の歌姫の共演だ。ピアノはキャロルキング、そしてメンバーは上の順序で画面に並んでいる。
それぞれの歌い手すべて味があるが、セリーヌディオンのこぶしが憎いぐらいに上手い!
You've Got A Friend---carole King,Celine,Gloria,Shania


次は、Carole King自身が歌ったもの。かなり後年のときのものだろう、声にやや疲れを感じるが、それでも情感溢れる歌いップリである。オリジナルはやはり良いものだ

最後はこの歌の名品、Donny Hathaway&Roberta Flackのアルバムからのもの。
ここに上げた作品、いずれも素晴らしいが、これは小生の1押しのアルバムから録音されたもの。アルバムRoberta Flack&Donny Hathawayに収録されている。
二人の掛け合いが素晴らしく、何時聞いても幸せな気分に浸ることが出来そうな曲だ。


このアルバムはレコードジャケットも特徴的だから、ジャケット写真をUPしておこう。
素晴らしいジャケットデザインだから、表裏そして中・・すべてを!
d0063263_14195849.jpg
d0063263_14201556.jpg
d0063263_14202985.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2007-11-08 14:11 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(3)

Commented by こぶちゃん at 2007-11-09 16:10 x
Donny Hathaway&Roberta Flack

本日、HMVから届きました!
何と言う偶然。これから聴きます。
Commented by noanoa1970 at 2007-11-09 16:56
どうもです。小生のはアナログ盤のせいか、ロバータフラックの声が上手く再生できていません。彼女の高音部の声の再現は難しそうな感じがします。ビブラートが少なく、倍音成分が聞こえないことが原因なのかしら。
CDではいかがでしょう?(ダニーハザウェイはOKです)
Commented by こぶちゃん at 2007-11-09 19:51 x
聴きました。CDでは彼女の声は問題なく再生出来ました。
すごくハッキリ左にRoberta、右にDonnyが分離します。
今回のCDはRemasterがかかっているので、より明瞭になっていた
のかもしれません。
LPでは、エレピの低音等がVocal帯域を邪魔しているのかな?という
気がしました。
ただ、音はドンシャリですので現代のHiFiシステムで聴くには
一長一短があるかもしれません。
古いQUAD33&303で聴いた方が時代に合っていて良い気がします。
ただ、音楽性は実に素晴らしいものがあります。