お気に入りの珈琲と聞きたいレコード

リー・コニッツとレッド・ミッチェルが、1974年にステイプルチイスに録音したコールポーターも作品ばかりを集めたアルバム。

ジャン・リュック・ポンティが、フランクザッパの曲を演奏した「KINGKONG」

ジャックブルース、カーラ・ブレイ、ドン・チェリーの3人が会し、サミュエル・ベケットの詩にマイケル・マントラーが曲をつけた超レア盤「NO ANSWER」

復帰後のアート・ペッパーのアルバムも・・・

・・・定盤の「ジャイアントステップ」、「ア・デイ・インザ・ライフ」や、リーモーガンが聞きたくなって、「イーストコーストjAZZ」などかなり珍しいものも取り出だした。

ジャケットの上にある赤い缶は、京都三条堺町の「イノダ」の珈琲、小生の大好きな
レギュラーコーヒー「アラビアンブレンド」である。

高田渡が「三条に行かなくちゃ・・・三条堺町のイノダって珈琲屋へね」

珈琲を飲みながら60年代のJAZZ喫茶の気分を味わってみたい。

d0063263_1238964.jpg
d0063263_1238308.jpg

[PR]

by noanoa1970 | 2007-10-22 12:52 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)