日本の「メルトーメ」か?

d0063263_1775716.jpg
「メルトーメ スイングス シューバートアレイ」というVerveの音盤を出して聞いた。
「マーティペイチ オーケストラ」をバックにして、ミュージカルナンバーを取り上げた有名な録音である。

フランク シナトラやジョニー ハートマンやチェット ベーカーもいいものだが、小生はこの録音が好きで、いつしかJAZZでの愛聴盤となって久しい。

(1)トゥー・クロース・フォー・カムフォート
(2)ワンス・イン・ラヴ・ウィズ・エイミー
(3)ア・スリーピン・ビー
(4)君住む街角
(5)オール・アイ・ニード・イズ・ア・ガール
(6)ジャスト・イン・タイム
(7)ハロー,ヤング・ラヴァーズ
(8)飾りのついた四輪馬車
(9)オールド・デヴィル・ムーン
(10)ホワットエヴァー・ローラ・ウォンツ
(11)トゥー・ダーン・ホット
(12)ロンリー・タウン

鼻に抜けるような、そして言葉をシッカリと音にする・・・いわばオーソドキシャルで古典的な歌唱法だが、今では珍しい歌い方となってしまったようで、逆に新鮮である。

YOUTUBEにかなりの動画があるので、その一部をリンクしておく。
メルトーメの若い頃のもの。
この人、目がものを言うようにして歌うらしく、ジャケットの顔写真と同じ「目」の表情をして歌っている。上目遣いの目と髪型が特徴的だ。
フレーズの最後を必ずビブラートを掛けるのは「シューバートアレイ」でもおなじみのこと。

夜中に一人で・・・ウイスキーグラスでも傾けながら聞きたいものだ。
http://www.youtube.com/watch?v=rWWVGyxvSCk

この人を動画で見ていたら、ある人を思い出し、探してみると、これもYOUTUBEに動画があった。
先日ある番組で見た「大塚まさじ」の「アフリカの月」だ。
「石田長生」のギタートリオをバックに、JAZZにアレンジして歌っていた。
「メルトーメ」と「大塚まさじ」本来であれば、似ても似つかない存在なのだが、大塚のビブラートと声のトーン、ひょっとしたらメルトーメを真似たものかと思うほど似たところがある。
どのくらい似ているかというと、ほんの10%ほどにしか過ぎないが、顔だともなんとなく似ているようで、もし大塚が目を大きく見開いたら、メルトーメになるだろう。

「アフリカの月」は、故西岡恭蔵夫妻(KUROちゃん)の作詞作曲になる、いわばフォーク分野の名曲。
JAZZアレンジしたのも、とてもいいものだ。
ジャンルを超えた活動を、演奏家達は、聞き手が思っている以上に、実際は行っているものだ。
http://www.youtube.com/watch?v=QCj7v5EzrMk

[PR]

by noanoa1970 | 2007-06-23 17:08 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)