A CHRISTMAS GIFT FOR YOU

「シャングリラーズ」の「リーダー オブ ザ パック」の懐かしい話題のとき、「ザ ロネッツ」の
「ビィ マイ ベイビー」について少し触れたが、この曲も1964年のヒットだった。
国内では少し遅れて「ザ ヒット パレード」というTV番組で海外のナンバーを日本語訳にしたのが歌われたが、なぜか「シャングリラーズ」の曲は誰も歌わなかった。
全米大1位のヒット曲となった「LEADER OF THE PACK」を歌わないのは不思議だったが、今思えばそれは、その歌の内容、そしてその曲調を知れば明らかで、先ず日本語の訳、そして語りと歌のバランスがが難しかったので、当時の国内の歌手達では・・・特にグループとなると歌いこなす人に該当者がいなかったのだと思われるのである。
「弘田三枝子」「辺プロの3人娘」伊東ゆかり、中尾ミエ、園まりがいて、弘田と中尾は海外の曲を専門に歌ってはいたが、ついぞ彼女達の歌を歌ったことは無かったと記憶する。
小生はどうしても日本語訳の歌が好きになれずにいたから、TV番組は見てはいたが、やはりラジオに多く依存していた。

「BE MY BABY」は・・「忘れられないあの瞳・・・」と弘田や中尾がよく歌ってはいたが、やはりオリジナルに一日の長があって、あの「スペクターサウンド」は国内のバンドではなかなか出せなかったから、どうしてもラジオを聞くことになった。

「THE RONETTES」をプロデュースしたのが「フィル スペクター」で、独特の・・「スペクターサウンド」は、聞けばすぐ彼の曲とわかる、これまでとは異なるがどこか心の中にしみこんでくる曲調を持っていた。

「テディー・ベアーズ」でヒットした、 「会ったと途端に一目ぼれ」という粋な邦訳の「To Know Him Is To Love Him」、「ドリフターズ」のヒット曲「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」「ラスト・ダンスは私に」などをプロデュースした「スペクター」は後に、ビートルズの「サージェントペッパー」や「ハリスン」「レノン」のアルバムをもプロデュースすることになったことは、ご存知の方も多いことだろう。

でも小生にとっては、やはり「THE RONETTES」そして「クリスタルズ」「ライチャスブラザース」とのかかわりの「スペクター」なのです。
d0063263_11265426.jpg

そんな彼が自身で監修したアルバムが「クリスマス」の曲を「スペクターサウンド」でアレンジし、
「ロネッツ」「クリスタルズ」「ボビーソクサー」がそれぞれを歌ったこのアルバムで、ソウルポップななんとも「ご機嫌」(昔の流行語)なサウンドに乗って、思わず「上手い」・・・こんな素晴らしいクリスマスソングがあることを再認識させられるような、上質な音楽に仕上がっているアルバムで、とても気に入っているもの。

最後の「スペクター」自身の語りと、「フィルスペクター」一家が勢ぞろいしたコーラスも素敵で、なんとこの中には、あの「ソング フォー ユー」の作者として有名な「レオン・ラッセル」が一員として加わっているいるのを発見して、「スペクター」の偉大さを知るところとなったアルバムでもある。
01. ホワイト・クリスマス(ダーレン・ラヴ)
02. 雪だるま(ザ・ロネッツ)
03. ザ・ベルズ・オブ・セント・メリー(ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ)
04. サンタが町にやってくる(ザ・クリスタルズ)
05. そりすべり(ザ・ロネッツ)
06. マシュマロ・ワールド(ダーレン・ラヴ)
07. ママがサンタにキッスした(ザ・ロネッツ)
08. 赤鼻のトナカイ(ザ・クリスタルズ)
09. ウインター・ワンダーランド(ダーレン・ラヴ)
10. パレード・オブ・ザ・ウッデン・ホース(ザ・クリスタルズ)
11. クリスマス(ベイビー・プリーズ・カム・ホーム)(ダーレン・ラヴ)
12. ヒア・カムズ・サンタクロース(ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ)
13. きよしこの夜(フィル・スペクターと仲間達)

d0063263_11271936.jpg

スペクターは「ロネッツ」のリードヴォーカルの「ロニー」と結婚したが、後に数々の奇行癖によって、事件を起こすことになるが、ピアノを弾きながら、レッスンをつける映像を見ても、「常人」ではないような雰囲気を漂わせていた。

「シャングリラーズ」をプロデュースした「シャドウ・モートン」も「フィル・スペクター」の門下生だったといわれている。

歌詞を発見したので、忘れないようにアップしておくことにした。
”The Ronettes Be My Baby ”
The night we met I knew I needed you so
and if I had the chance I'd never let you go.
So won't you say you love me,
I'll make you so proud of me.
We'll make 'em turn their heads every place we go.

So won't you, please, BE MY BE MY BABY
be my little. baby MY ONE AND ONLY BABY
Say you'll be my darlin', BE MY BE MY BABY
be my baby now. MY ONE AND ONLY BABY
Wha-oh-oh-oh.

I'll make you happy, baby, just wait and see.
For every kiss you give me I'll give you three.
Oh, since the day I saw you
I have been waiting for you.
You know I will adore you 'til eternity.

So won't you, please, BE MY BE MY BABY
be my little. baby MY ONE AND ONLY BABY
Say you'll be my darlin', BE MY BE MY BABY
be my baby now. MY ONE AND ONLY BABY
Wha-oh-oh-oh.

So come on and, please, BE MY BE MY BABY
be my little. baby MY ONE AND ONLY BABY
Say you'll be my darlin', BE MY BE MY BABY
be my baby now. MY ONE AND ONLY BABY
Wha-oh-oh-oh.

BE MY BE MY BABY Be my little baby.
MY ONE AND ONLY BABY Oh,
BE MY BE MY BABY oh,
MY ONE AND ONLY BABY wha-oh-oh-oh-oh.


「For every kiss you give me I'll give you three」の歌詞のI'll give you threeの部分、threeとは何を意味しているのかいまだにわからないままだ。
[PR]

by noanoa1970 | 2006-12-13 10:15 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)