ラストワルツ

わが国では、「越路吹雪」が歌った"Save The Last Dance For Me"・・・オリジナルハは、「stand by me」でおなじみの「ベン・E・キング」が参加したドゥーワップコーラスグループ「The Drifters」が歌ったもの。
この題名をまねたのかとも思うようなタイトル
「ザ・バンド」の、有名な解散コンサートとされる「ラスト・ワルツ」のDVDを入手した。
d0063263_10341551.jpg

この映像はすでにLDで、何度も見てはいたのだが、さすがにとり回しが辛く、手軽に見るにはやはりDVDという選択となった。
といってもこのDVD購入のきっかけは、たまたま近くのマイカルの中のCDショップを物色中、
先日アップした映画音楽の「ディミトリー・ティオムキン」の参加した作品を探しているときに、偶然見つけたものだった。
d0063263_10432793.jpg

タイトルが目に入ると同時にDVDケースに、かなり大きく価格が表示されていて、すぐに980円と読むことができた。
あまりの安さに、まさかあの「ラスト・ワルツ」であろうはずがない・・・と思って手にとって眺めると、こともあろうかまさしくあの「ラスト・ワルツ」なのだった。

LDを購入したときには確か1万円札でお釣りが少なかったと記憶するのだが、同じものが1000円でお釣りが来てしまう。
確かこの映画が公開されたのは1978年、かなりの話題となり音楽ファンなら、「ウッドストック・
コンサート」や「バングラデシュ・コンサート」、そして「エルヴィス オン ステージ」と同様誰もが知っており、見ている映画である。

まだ30年しか時を経てないにもかかわらず廉価版としてDVD発売されたことに、少なからぬ驚きを隠すことができなかった。
DVDであればパソコンで見れるから、大仰にAV装置の世話にならなくてすむし、小生のAV装置は、少し古い・・・100インチのスクリ^ンにプロジェクターで投影するタイプだから、それを使って見るためには少し気持ちを入れないといけないのだ。

その点PCでは、スピーカーを音楽的に優れたものにするだけで、手軽に映像を楽しむことができるから、最近はもっぱらPCを利用するようになってきた。

映像は、やはりデジタルリマスター処理の効果なのか、LDより数段よくなっている。
980円という信じられない価格は、以下のゲスト出演者たちのうち誰でも一人を見て聞けるだけで、十分その価値観を満足させてくれるもの。

ちなみに出演者は
ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ヴァン・モリソン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ドクター・ジョン、マディー・ウォーターズ、ロニー・ホーキンス、ポール・バターフィールド、ニール・ダイヤモンド、エミルー・ハリス、ザ・ステイプルズ、リンゴ・スター、ロン・ウッド
匆々たるメンバーだ。

映画「アリスの恋」「ニューヨーク・ニューヨーク」「タクシー・ドライバー」の監督でもある「マーチン・スコセッシ」は、「ウッドストック」、「エルビス・オン・ツアー」の編集を手がけた・・・・影の監督とさえ言われる人だから、「ラストワルツ」に7人ものカメラマンを配備して撮影に当たらせたという。
「ラスト・ワルツ The Last Waltz」 1978年(公開)
(監)  マーチン・スコセッシ Martin Scorsese
(製)  ロビー・ロバートソン Robbie Robertson
(撮監)マイケル・チャップマン Michael Chapman
(撮影)ラズロ・コバックス LaszloKovacs
     ビルモス・ジグモント Vilmos Zsigmond
     デヴィッド・マイヤーズ David Myers
     ボビー・バーン Bobby Byrne
     マイケル・ワトキンス Michael Watkins
     ヒロ・ナリタ Hiro Narita
(編集)イウ・バン・リー Yeu-Bun Yee
    ジャン・ロブリー Jan Roblee
(コンサート・プロデューサー)
    ビル・グレアム Bill Graham

最後の場面、「ロン・ウッド」と「リンゴ・スター」が加わってのボブディランの傑作、「アイ シャルビー リリースト」のシーンは感動的、しかしもう少し主演者全員のソロを聞かせてほしかった。中途半端に終わるのが至極残念。
エンディングに流れるのは一般的にイングランド民謡とされる(小生はスコットランドの歌だと思っている)「グリーンスリーヴス」
ザ・バンドもNGDBもナッシュビルの地でカントリー・ブルーグラスを通して、遠くブリテン諸島の伝統歌を想起したのかもしれない。
d0063263_12324135.jpg
d0063263_12331866.jpg


「ラストワルツ」と同時購入したDVDは「リオ・ブラヴォー」という西部劇。
これについては、いずれ・・・・・・
[PR]

by noanoa1970 | 2006-11-14 10:35 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(1)

Commented by drac-ob at 2006-11-14 23:03 x
この廉価版シリーズはツェッペリンやストーンズのものもあり、重宝しています。ザ・バンドはディランとともに一時代を築いた大御所ですが、解散後はメンバーが自殺したり、結構不幸な歴史を記していますね。以前GYAOで最近の元ザ・バンドのメンバーのフィルムを見ましたが、みんな年取っていました(当たり前だ)。