「死の都」・「廃市」

d0063263_18573232.jpg
「コルンゴルト」という作曲家がいる。最近クラシック界ではある種「ブーム」となった。小生は10年前から音楽関係の雑誌2を全く読んでないので、「コルンゴルト」についての知識も、音楽も、ブームになったことも知らなかったが、一度聞いてみようとCDをあさって何枚か入手した。その一つがオペラ「死の都」である。
d0063263_17573016.jpg
原作は「『死の都ブリュージュ』で作者は、「ローデンバック」である。「ローデンバック」はベルギーの名門一族の生まれで、かれの父祖が住んだ「ブリュージュ」はかつて「水都」として繁栄を誇っていたが、今や活気を失った「死の都」と化しているといわれるが、実際は港などが土砂が堆積して、かっての商業港都市としての繁栄こそ無いが、当時の面影や、古い風景が今も残っているという。
d0063263_175834.jpg

1892年に発表された代表作を「コルンゴルト」がオペラにしたものである。

オペラは、妻を亡くした男の「幻影」をドラマ風に仕上げたものであるが、原作はいささか趣をことにし、「ブリュージュ」の「光と影」=「陰影」の風景をとてもよく書いている。昔の追憶をたどるような書き方である。d0063263_17584655.jpg

小生は「福永武彦」の「廃市」を想起していた。
「廃市」は

「さながら水に浮いた灰色の棺(ひつぎ)である。」・・・ 『おもひで』 北原白秋
「あなたが、あなたが好きだったのは、一体誰だったのです?」・・・・・・・・

というト書きで始まる、「柳川」を舞台にした水路と陰影の風景とが織り成す古い町が、徐々に生気をうしなって滅んでいく姿と、男女の不条理な人間関係の織り成す「彩」を、都会から卒論を書きに来た学生の目で捉えた短編小説である。
d0063263_17561078.jpg
この小説は、「福永」の作品の中でも「海市」、「死の島」とともに、ベスト・・・いやトップランクの作品であると小生は思っている。
学生時代に彼のほとんどの作品を読んだことがあり、後年ATGから大林監督により映画化されるに及んで、ますますその意を強くした。書庫を探せば「初版本」が見つかるはずである。

「ローデンバック」「北原白秋」「福永武彦」「ブリュージュ」「柳川」「コルンゴルト」「大林宣彦」
小生は、これらの関係を大いに直感するのである。
「トーマス・マン」「ヴィスコンティ」「ヴェニスに死す」「マーラー」を想起する人も居ると思うのだが、小生はやはり「廃市」の方に親和性を感じてしまう。

「廃市」の映画の中の「水路で行く花嫁姿」「懐中時計」
そしてコルンゴルトのオペラでの「カリオンの音色」がとても印象的である。
そして其れが「時間をさかのぼる追憶の象徴」なのだろう。
[PR]

by noanoa1970 | 2006-02-28 17:59 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)