映画・TVに使われた音楽・・・「劇伴」音楽

1967年2月、小生の大学受験の日。京都に行きたかった小生は京都の大学を2つ受験することにし、その2校目が「DRAC」があった「同志社」である。
京都に母親の兄が居て、最初は伯父夫婦の家に世話になって受験したが、2回目は遠慮して、三条辺りの旅館に泊まることにした。
よせばいいのに、母親は京都にいけるので喜んでついてきたが、小生は凄く鬱陶しかったので、河原町の映画館で映画を見るといって、母親と別れることにした。
母親は心配そうであったが、結局小生を残して岐路に着いた。

そのとき見たのが「続・夕日のガンマン」。すでに「夕日のガンマン」は見ていて、その2作目がちょうど上映中であったのだ。d0063263_9264988.jpg
中学生時代にTVで見た「ローハイド」で若いカウボーイを演じた「クリント・イーストウッド」の見事なガン裁き、其れまでの西部劇と違って「予定調和」らしきものが感じられなく、主人公が瀕死の状態になり、危機一髪で、このあたりは定番だが・・・女性の力を借りて最後に相手をやっつけるというもので、「勧善懲悪」の縛りから遠くの位置にある作り方がとても斬新で、。「黒澤」の「用心棒」と良く似たつくりであった。

小生は「マカロニウエスタン」とよばれる他の映画も良く見た。
「モンゴメリー・ウッド」の・・・この人は改名して「ジュリアーノ・ジェンマ」となったが・・・の「荒野の1ドル銀貨」もお気に入りの映画で、彼のアクロバット射撃は爽快であった。

「夕日のガンマン」の音楽を担当したのが「エンニオ・モリコーネ」である。美しいメロディアスな、しかしどこかしこ哀愁の有る口笛に魅了されて、LPを買ったほどであった。

解説によると
「エンニオ・モリコーネ」はイタリアの映画音楽家としてN.ロータを正統派の横綱とすれば、異端児中の最大の人物であった。しかしロータ亡き後、モリコーネは名実共にイタリア映画音楽最大の立役者となり、国際的名声も高まるばかりである。

 ローマのサンタ・チェチーリア音楽院で、12音技法に強いG.ペトラッシに学んだ。これまでに書いた映画音楽は450本ほどあり、やたらめったら書きまくったという感が強いが、ちゃんと、それぞれの映画に合った音楽スタイルになっているところがすごい。マカロニ・ウェスタンの音楽が有名だが、恋愛もの、文芸映画、歴史スペクタクル、犯罪、ホラー、コメディ……など、守備範囲は無限大と言えるほど広い。

本職は現代音楽作曲家だけに、実験的な音色や手法を使ったものも多く、それが彼の音楽をアクの強い個性的なものにしている。最近は大管弦楽に朗々と歌わせる王道を行く作品も多いが、人気は一向に衰えない。


「ニーノ・ロータ」は小生もCDを所有していてよく聴くのだが、「モリコーネ」はサントラLPを40年前に聴いただけである。、ここら辺りで、「現代音楽作曲家」としての「モリコーネ」を聴いて見なければなるまい。果たしてどのような音楽が聞こえてくるか今から楽しみである。
[PR]

by noanoa1970 | 2006-01-31 09:30 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)