池内友次郎、弦楽四重奏「プレリュードとフーガ」

本日は多忙のため、これをUPするにとどまってしまいます。
追って何か書く予定です。

池辺友次郎は山田より20年後に生まれている。
山田がドイツ留学をしたのに対し、最初のフランス留学組みの重鎮である。
しかも、山田が三年しか留学してないにもかかわらず、10年間の長きに渡りパリ音楽院で学んだ。

俳人・高浜虚子の次男であるという情報は、1960年代中頃にはどこにも記されてなく、最初に出たこの「日本の弦楽四重奏曲」のプロフィールにも書いてなかった。

音楽とは関係のない話なので必要がないというえばそうなのだが、彼は俳句もこなしたそうであるらしいから、何らかの形で作品には関係性があるものと思われる。

俳句のことはよく知らないのだが、季語の持つ奥深さ、五七五と言う形式にこだわったところ、
の言葉の奥にあるものの表現無くしては成り立たないであろうことは、この時代の作曲に通じるところ多いとみて良いかもしれない。
俳句は感性が形式の中に横溢されるものと言ウノは、あながち間違ってはいまい。

池内がフランスで接したのは、恐らくこの曲からすると、印象派やラヴェルのみならず、彼らよりも少し古い、例えばサン=サーンス、フランク、フォーレあたりもそうではなかったかということを想像させる。
新古典主義といわれるもの、印象派象徴主義を学ぶ機会は多かったに違いない。

1927から1937というとフランス近代音楽の花が素晴らしく咲き出す時期で「六人組」の時代と大いにかぶる。
他の作品を聞かないでは一概に言えはしないが、この曲の持つものは、フランス前近代の音楽との類似点が多い。
半音階的和声、循環形式、対位法を上手く取り込んだ曲であるが、そこはかとないロマン的情緒が漂う曲で、やはり印象派以後ではなくそれ以前の名残が強いようだ。
フォーレの「夢の後に」を彷彿させるようなところも確かにある。

全貌を網羅して聞かずに言うのはいけないことと承知であえて言えば、彼の門下生には、小倉朗、別宮貞雄、松村禎三、黛敏郎、間宮芳生、林光、矢代秋雄、三善晃などがいるが、彼らの音楽にはフランス音楽以外の影響が強いと思うものが有る。

推測で申し訳ないが、池内がフランスで学んだ主なものは、ドイツでも学べたのではないかと思うぐらい古典的手法の曲なのに対し、当たリ前のことだが、門下生は先生を乗り越え、近代和声から近代フランス音楽が影響したあるいは影響された音楽にまで発展して学んでいるようだ。

それでも彼らの音楽より池内が好みなのは、耳慣れた古くからの音楽語法に有るのだろう。
日本的なものは何ひとつないように聞こえるが、そうではなく、自己創造の日本というものが存在するように聞き取れることが有る。

民謡の引用が盛んになる前のこと、山田も彼も西欧の音楽語法は真似ていても、聴こえてくるのはオリジナルの音楽である。

池内には100句集がありネット上に有ることをAbendさんから教わったので今全て読んでみました。

「はいまわる五色の火蛾や楽譜書く」
「短夜のパリーが好きで何時発つや」


上の2句を上げておくことにします。
父親というより、正岡子規に近く、自由律の俳句に通じるような素振りが有るように思います。

[PR]

by noanoa1970 | 2013-01-19 17:49 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(4)

Commented by Abend5522 at 2013-01-19 17:14
sawyer様、こんばんは。
池内は俳人でもありましたから、虚子の息子であることは俳壇の方で有名だと思います。下記に彼の句があります。音楽を詠んだものもあります。
http://2.bp.blogspot.com/_1dHoKtxpmf8/TLnC4mJs1iI/AAAAAAAAFY8/HFQHCnZLku0/s1600/182ikenouchitomojirou100ku-1.gif
Commented by Abend5522 at 2013-01-19 17:31
続きです。
『プレリュードとフーガ』の特徴は「静けさ」ですね。フーガも音が層になって盛り上がるというものではなく、薄い音が積まれて襲色目を作っているような感を受けます。音の温度は低く、峻厳なものがありますね。父の虚子が基盤とした客観的な写生主義の影響があるのかも知れません。
Commented by noanoa1970 at 2013-01-19 17:42
Abendさま、今100句読ませて頂きました。
小生の印象では父親虚子と言うより子規に近くもう少しで自由律に至らんとするように思いました。色彩感があってかなり、自由でその場にあるものを感じたまま俳にした感じです。奇をてらわないところは音楽にも現れているように思います。
Commented by Abend5522 at 2013-01-19 20:51
sawyer様
池内の俳句には、ちょっと気取ったところがありますね。虚子の句に比べると線が細いような気がします。