柴田南雄「シンフォニア」1960.12.12

d0063263_21394735.jpg

松平頼則、間宮芳生のバイオリン協奏曲、先に上げた尾高尚忠、外山雄三、三善晃、それらが一番最初の邦人作品体験だったと思う。

サークルで、本当は国民楽派研究グループに入るつもりであったが、その年から消滅し、日本音楽グループとなったからだった。

音楽史に沿ったグープ構成から、初めて現代日本音学というくくりで始まったサークルだが、誰も知見者はおらず、音盤の数も実に限られていた。

日本音楽受容史を学んだ後、注目されそうな音楽家を対象とし、担当を決め小生は「間宮芳生」担当になった。

唯一の自慢は、その頃の邦人作曲家の住所がを入手でき、彼らに対しアンケートを300通ほど出して、100通戻ってきたことだった。
優れた分析能力があれば、結構な試みとなったはずだ。
データ解析の力も能力もないまま、皆で読んで感想を得たに過ぎなかったのは、非情に残念なことをした。

間宮担当だから、とにかく音盤をと、生活に支障が出るのを覚悟で、合唱のためのコンポジションの4枚組LPを購入した。

バイオリン協奏曲は好きな曲で、海野義雄 指揮:渡辺暁雄 東京都交響楽団の録音音盤がどこかにあるはずだ。

2年先輩が当初のリーダーだったが、彼はその前に国民楽派音楽グループをやっていたので、日本的なものと西欧の音楽語法の出会いが果たしてうまう行くのだろうかという問いかけが常にあったように思う。

d0063263_21533990.jpg

彼は吉田秀和の信奉者の一人で、水戸で会社を大きくして今や全国にに500点店舗を展開するカジュアルアパレル会社の会長になった。
公私共に世話になった先輩の一人だ。
水戸芸術会館を支援する立場で、吉田秀和氏とツーショットの写真が掲載された。

この柴田南雄さん、作品よりも著述や評論、音楽番組でのパーソナリティとしてのほうが有名な気がするが、12音技法を日本に導入した重鎮でもある。

バルトークとシェーンベルク、ベルク、ウエーベルンの音楽を必ずしも日本的ではない自己の音楽に応用した。

その頃の現代音楽といえば、クセナキス、ケージやシュトックハウゼンなどは、音源が無く聴くに聞けない状態だった。音盤がほそぼそと登場したのは1968年頃以降だったと記憶する。ブーレーズはまだまだ聞けずにいて知ったのは指輪の少し前あたリという始末。
イタリアの作曲家は誰もまだ相手にできなかった時代。
しかしFMではかなり紹介されていたので、サークルでSONYのテープデッキを購入した。

この曲は12音以外にも当時の音楽語法を取り入れていたように今聴くと思うことがる。
終楽章はジャズっぽい変拍子が巧みだが、バーンスタインのウエストサイドストーリーのような感じがする。

当時は好きなれない曲であったが、今はそんなに抵抗がない。

[PR]

by noanoa1970 | 2013-01-09 21:58 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(12)

Commented by Abend5522 at 2013-01-10 19:15
sawyer様、こんばんは。
私も、柴田南雄は著作やFM放送『現代の音楽』の解説者として知ったのが最初でした。『現代の音楽』のオープニングは、ウェーベルン編『音楽の捧げもの』の「六声のリチェルカーレ」のロジェストヴェンスキー盤でした。気に入ってレコードを買いました。
Commented by noanoa1970 at 2013-01-11 00:37
Abendさま、こんばんは。
今年は学生時代に聴いたまま、まだ完全に把握できてない邦人作品をじっくり聞いていこうと思っています。今日は間宮芳生のバイオリン協奏曲でした。柴田南雄のシンフォニアのB面には矢代秋雄の交響曲がカップリングされています。思えば1965年にTORIOのFMチューナーを一体型ステレオ装置に接続してトスカニーニアワーを、よく聴いてましたが、現代の音楽には全く興味がありませんでした。小生の近現代の接点はは大学生になってからのことでした。オープンリールデッキを買ってだれかが家で録音してきたものを聴いてました。12音、コンクレート、ハプニング、トーン・クラスターあたりはなんとか聞くことができたようです。
Commented by Abend5522 at 2013-01-11 01:20
sawyer様
私は石井眞木の『響層』やヴァレーズの『イオニザシオン』、チャべスの『トッカータ』といった、打楽器による現代音楽が好きでした。ストラスヴール・パーカッション・グループのコンサートにも行きました。
Commented by noanoa1970 at 2013-01-11 11:29
Abendさま。
石井眞木やヴァレーズは、名前を知るのみで、聞くことはできませんでした。1.2何処かに有ると思います。石井さんは合唱曲があったと。ヴァレーズは何かのカップリングで曲名は思い出せません。電子音楽のような感じでした。
Commented by Abend5522 at 2013-01-11 21:28
sawyer様、こんばんは。
合唱曲を作っているのは、兄の石井歓の方ではないかと思います。
私が初めて買った邦人作曲家のレコードは、團伊玖磨の歌劇『夕鶴』でした。
Commented by noanoa1970 at 2013-01-11 23:06
Abend様、こんばんは。
そうでした石井歓さんでした。
團伊玖磨の「夕鶴」は先輩が気に入っていた音盤で、卒業するとき持っていきました。芥川のエローラのカップリングで團伊玖磨のトゥムーヴメントがあります。先ほどデジタル化ミスしてしまいました。ウイリアム・ストリックランド指揮のザ・インペリアルFSOという珍しいものです。近々にUPします。
Commented by Abend5522 at 2013-01-11 23:45
sawyer様
團伊玖磨の『パイプのけむり』は何巻まで読んだか忘れてしまいましたが、エッセイストとしても一流でしたね。芥川也寸志と作った『シラミの歌』のエピソードなど、今も憶えているものがあります。彼の家系を見ると、その華麗な一族ぶりに驚かされます。
Commented by noanoa1970 at 2013-01-12 00:42
Abendさま。
「シラミの歌」は高田渡が引き継ぎましたよ、というのは嘘でしてこの曲の経緯は知りません。
40・50年代から音楽学校に入って音楽の道を志せる人は、そこそこの金持ちの放蕩息子だったのでしょうね。多くの作曲家や演奏家がそういう出自でした。華族出身の方もいらっしゃいました。小生はパイプはちょい読みにとどまりました。ゴジラ大先生は別格でしたが。日本狂詩曲が何処かにあったはずです。
Commented by HABABI at 2013-01-14 17:24 x
sawyerさん、こんにちは
柴田南雄氏の曲について、正直なところ、あまり聴こうという気にはならないものの、LPを1枚持っています。立原道造の詩に曲をつけた歌曲「優しき歌」6曲です。演奏は、中沢桂(ソプラノ)、三浦洋一(ピアノ)です。歌単独ではあまり特徴はないですが、ピアノの音が所どころ現代音楽風の響きを出しているのが面白く、この二人の演奏家の技量の高さを覚えます。
歌曲や合唱曲にはいい演奏録音が沢山ありますが、日本人の作曲した管弦楽曲の演奏録音には、もっといい演奏があってもいい様に思うことが間々あります。HABABI
Commented by noanoa1970 at 2013-01-14 18:10
HABABIさん、こんばんは。
50年代、60年台の演奏家特に管弦楽団は、マダマダ實力が伴ってない時代でしょうね。最近NAXOSからは新しい録音が出てはいますが、なにかがかけているような感じがしています。多分時代の空気感ではないかと。小生の所有するものの中にも、外国人の指揮者が振ったものもありますが、そもそも現代音楽、近代音楽でさえプログラムには乗らない時代でしたから、相当な苦労をしたことと思います。柴田さんの曲は12音技法を取り込んだことに敬意を表して取り上げましたが、小生も何度も聴いてないものです。なじみ深さでは、変奏曲に仕上げた松平さんの12音技法の使い方がいいように思います。中沢桂、三浦洋一は、知名度が高く小生もよく知ってます。中沢さんは第9にも出演した記憶がありますがどうでしたでしょう。
Commented by HABABI at 2013-01-14 18:40 x
sawyerさん、こんばんは
NAXOSからシリーズが出た時に、最初の何枚かを買いました。しかし、それぞれ何度か繰り返し聴いた後は、聴くこともなく棚に入れたままになっています。強く印象に残らなかったのは、曲自体のせいもあるでしょうが、演奏もピンと来ず、些か期待外れでした。
中沢さんはもちろん上手に歌っていますが、三浦氏の伴奏ピアノは、このLPに限らずどの録音でも自由自在な演奏になっており、実に見事です。HABABI
Commented by noanoa1970 at 2013-01-14 21:26
HABABIさん。
小生も5枚ほど入手しましたが、橋本國彦:交響曲第1番/交響組曲「天女と漁夫」(都響/沼尻竜典)以外は良くはなかったです。しかし過去において聞けなかったものが聞けるということは評価すべきことでしょう。こういう日本の音楽で演奏が違うものが育種も録音されるはめったにあることではないですから。仕方ないといえば仕方ないことかもしれません。西洋の真似と言って切り捨てるには惜しい作品がかなりありますが、演奏はただ演奏してるだけといった感じです。西欧の有名曲などは演奏スタイルを学ぶことができますが、こういう作品の場合はそうは行きませんから、指揮者も苦労するでしょう。カラヤンが矢代さんの交響曲を振ったと記述されてましたが、聴いてみたいです。