過去を振り返りつつ大晦日の第9

大晦日に第9を聞くなんて野暮ったい。
そう思い続けて15年以上が立つ。

そう言えば第9の話題をブログに載せたのは、2005年、「温故知新の第9」だった。
ここで真っ先に取り上げたのが、アルトゥール・ローターが指揮をしたもの。
1楽章の弦のさざなみと終楽章のフォーゴッドの歌わせ方について触れている。

そんな昔のLPは、今年の末になってようやくデジタル化することを覚え、12月は手持ちの珍しそうなものをピックアップしてyoutubeにUPしたものを、自分のブログに持ってきて、ブログ仲間に聴いていただいた。


これは手間がかかるが、お互いのコミュニケーションがより円滑にできる源でもあるし、今まで誰かがyoutubeにUPしたものを、当然というように使ってきたことへの反省でもあった。

動画制作には時間が掛かるし、LPの場合は目が話せないので、その間じっくりと昔の音楽を聞くことができて大変良かったと思っている。
更にブログともだちの方の貴重盤もたくさん聞くことができたことは非常に良かったし、聴き古したと思っていた通俗名曲の新しい解釈の演奏が聞けたことは、無常の喜びであった。

SNSはブログの他にMIXIを利用させていただいていたが、MIXIにブログをリンクサせたことで、自分の日常が書けなくなっていた。
それでFBを利用することになったが、あっという間に100人を超えるフレンドが、昔の職場中心に、また趣味を通したり、社会的発言を通してコミュニケート出来るようになった。

しかしFBは1日目を通さないと、もう誰がたくさんのことをUPするので、追っかけて見るのが大変。
足の速さは並大抵ではないから、コメント返しをしたり、他の人の記事を読んでそれにコメントを返すとなると、相当な時間を要する。

中には読まなくてもなんでも「いいね!」を付ける人もいるようだが、折角フレンドになったのにそれは失礼だから、無理やり「いいね!」はやらないようにしている。
しかしかなりの時間を要す。

「自分の感性ぐらい、自分で守れ、若者よ」と言いたくなることがよくある。

それで年末に、感性の復権を願いつつ聴くことにした第9。
フェレンツ・フリッチャイ、ベルリンフィルの音盤にした。

終わったら、ワーグナーの楽劇「ニーベルンクの指輪」の第3夜「ジークフリート」の第2幕を。
演出は、CGを駆使はしているが、伝統的で好感が持てる。

ジークフリートのような無敵の英雄が待ち望まれる来年である。
お世話になった皆さん、良いお年を。

メディア及び政治経済学者や評論家たち、国会や政府に対するリテラシーを!


[PR]

by noanoa1970 | 2012-12-31 19:01 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)