ベーゼンドルファーを使用したバックハウス&クナッパーブッシュVPOとのベートーヴェン協奏曲4番。

ウイルヘルム・バックハウスが、ハンス・クナッパーブッシュと共演したVPOとのベートーヴェンの協奏曲4番。
クッパーブッシュも、バックハウスという巨匠の前では、いつもの自由奔放な指揮ぶりをしないで、徹底的に伴奏指揮者となっているのが面白いと言うと失礼になる。

しかし同じ組み合わせでの「皇帝」1959年ライヴ盤では、協奏曲と言うよりも競争」曲といったほうが良いぐらい、お互いの意地の張り合いが聴こえてくる。
クナがわざとらしく二呼吸ほどおいてから伴奏をつけるシーンモ聴こえてくる。
バックハウスはそんなことお構いないなしに自分の演奏を続けていく。


d0063263_5293442.jpg

この4番の映像では5番で見せたような、意地の張り合いというか主導権争いというか、従って音楽がガタガタになってしまったにに比べて、巨匠同士のハンドシェークの跡が見られるような好演だ。

とても見たかった映像で、UPしていただいた方に感謝せねばならない。

d0063263_5283717.jpg

バックハウスが使用しているピアノだが、「ベーゼンドルファー」であることが分かり、一層付加価値が付いた演奏録画であった。


[PR]

by noanoa1970 | 2012-12-24 10:05 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(5)

Commented by HABABI at 2012-12-24 11:40 x
sawyerさん、おはようございます

1962年5月31日、アン・デア・ウィーン劇場での演奏ですね。DVDを持っています。
第2楽章で、ピアノの音が沈潜して行って、弦がピチカートを合計4回弾くところがあります。いろいろ聴いて来ましたが、この箇所の弦が完璧に揃っているものはありません。この映像では、21:55のところから始まります。意外なことに、1回目がよく揃っています。
ポリーニに負けないほどのスーパーテクの持ち主だったバックハウスが、老境に入り、自分が出している音を聴くことに神経を集中させている様子が、映像でよく分ります。そばにいるボスコフスキーが、ピアノの音に気を配っている様子も窺えます。

私のDVDにはワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の前奏曲が入っています。クナッパーツブッシュは、終始腰掛けて指揮をしているのですが、この曲の時だけは、曲が頂点に達する時に立ち上がります。以前、そんなことが話題になっていた映像です。HABABI
Commented by noanoa1970 at 2012-12-24 13:27
HABABIさん、こんにちは。
巨匠同士の演奏は、概して良くないものが多いのはよく経験します。
バックハウスとクナですからその典型だろうと思いましたが、なかなか良かったので、他の演奏を探すとあったのが5番。これはお互いの解釈が違うのか、クナがへんなアゴーギグをかませるから、まとまりのないものになってしまったと思います。映像は、クナが74歳、バックハウス78歳の時の演奏ですから、丸みが出てきたのと、枯淡の境地に近くなったのでしょうか。味わい深い演奏です。
Commented by Abend5522 at 2012-12-24 22:22
sawyer様、こんばんは。
クナさん、大人しいですね。当時では高齢である両御大、流石だと思います。クナさんを見ると、賀茂大橋の東にあった珈琲店「ゴゴ」の主を思い出します。
Commented by HABABI at 2012-12-25 01:35 x
sawyerさん こんばんは

皇帝の方は、オケ側にこれといった主張はなく、割と単純に主題毎のテンポ設定があるだけのようで、一方、ピアノの方が大げさなくらい大きく速度変化をつけるので、それにオケが付いていけてない印象を受けました。ピアノの音が大きく録られていることもあって、オケがピアノにやり込められている感じがします。
4番の方は、それほど大きな速度変化がないのと、多分、オケがよくピアニストの特徴を知っていたので、破綻がないのだろうと思います。逆に言えば、その様な曲を選んだということで。
クナッパーツブッシュは、例えば、ローターのように、細かく緩急自在にオケを操るタイプの指揮者ではなく、得意とする曲に範囲のある人だったのではないでしょうか。HABABI
Commented by noanoa1970 at 2012-12-25 07:55
御両方さま、おはようございます。
皇帝、開始41秒あたりからのクナの思い切り前打音を挿入するあたり、直前のバックハウスのザッハリなピアノに真っ向から対抗しているかのように聞こえます。この違いが最後まで続きどちらも歩み寄る気配がありません。バックハウスはクナのバックに腹を立てて興奮したのか、ミスタッチを繰り返します。クナは伴奏指揮者としては相手を極端に選ぶのだと思います。コンヴィチュニー&バックハウス盤での皇帝での相性とは全く違いますね。