Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125 Arthur Rother

ようやくLPからPCに落とすことができた。
原因はソフトの不良というか、WIN2000,MEまでしか対応してなかった。
HPでは対応としてあったが、それはハードのことだった。
バージョンアップがないk,確認したが、ハードが生産中止なので、サポートしてないということ。
ONKYOUはハードは、そこそこだが、発売当時のOSから変更した人には使えない、それもソフトの。
せい、それで、無料のソフトを見つけて、昨夜から奮闘して先ほど出来上がった。

音量調節がよくわからなかったので、だいぶ大きくなってしまいました。
視聴するにあたり、はじめは小さくして、ヴォリュームの調性をお願いいたします。

ルームアコースティックの音はないけど、レコードそのものの音がすると思う。
50年経っているので、雑音は勘弁して下さい。

1楽章。


2.3楽章


4楽章

[PR]

by noanoa1970 | 2012-12-20 12:32 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(6)

Commented by HABABI at 2012-12-20 15:23 x
sawyerさん、こんにちは

録音が出来るようになって、良かったですね。確かに、録音レベルが高いですね。それと、モノラルになっています。アンプの設定がモノラルになっているのでは?

私の方のオーディオ・ボードは、録音時に別の出力ラインで音声モニター出来ることが分かりました。

声楽陣も凄く頑張っていて、最後はオケが少しテンポを落とした後、素晴らしく荘厳に終わっていますね。HABABI
Commented by HABABI at 2012-12-20 17:32 x
sawyerさん、「プロセッサーを使って作った1楽章」の方を確認しましたが、モノラルになっています。まだ、何か設定が違っているようです。

合唱の方は、時々特定の人の声が目立っていたりして、面白い録音になっていると思いました。演奏会での録音なのか、独特の雰囲気がありますね。HABABI
Commented by noanoa1970 at 2012-12-20 17:33
HABABIさん、こんばんは。
SPからの視聴とモニターではステレオでしたから、ソフトのオーディオ設定を確認しなかったかもしれません。ステレオ-96/16bitを選択するのを忘れた可能性大です。ドヴォコン1.2楽章をUPしますのでご確認ください。
合唱人に少々難点はあれど、集中してますね。何かの行事があった時なのかもしれないですね。
ドヴォコン確認しましたがやはりモノーラルでした。機器系統は何もおかしな所がないようですから、お試し版が怪しそうです。違うものw探します。
Commented by noanoa1970 at 2012-12-20 17:37
HABABIさん、こんばんは。
お試し版がくさいと思いますので、他のソフトを探してみます。
オーディオのバランサーが勝手に左になっているので不意義だったのですが、それが原因だったかもしれません。
Commented by Abend5522 at 2012-12-20 22:01
sawyer様、こんばんは。
sawyer様、こんばんは。
使ったことはないのですが、下記のフリーソフトは評判が良いみたいです。
http://soundengine.jp/software/soundengine/


Commented by noanoa1970 at 2012-12-20 23:34
Abendさまこんばんは。
情報有り難うございます。有るソフトをDLしたらツールバーに不必要な物がいっぱい出て困ってます。削除法が見つからず、イライラしているところです。ペンギンは良い感じですね。必要のないものを消してからDLしてみます。