もう1つの「魔王」

「魔王」と言えば、シューベルトがゲーテの詩に曲をつけているのはご存知のことですが、カール・レーヴェも同じ詩に曲を付けている。
両者の詩の解釈の違いがわかるような楽想だ。

聴き比べてみてください。
Erlkönig, Carl Loewe



Schubert - Der Erlkönig


<訳詞は藤井宏行さんのものです。>
お世話になっている梅丘歌曲会館「誌と音楽」より借りました。

誰がこんな遅い時間に馬を走らせているのだろうか 夜と風を抜けて?
それは子を抱いた父親だ。
彼は少年をその腕に抱えている、
しっかりと抱き、暖めている

「息子よ、なぜそんなにおびえて顔を隠すんだい」
「見えないのお父さん、魔王がいるのが、
王冠と長い裾をした魔王が?」
「息子よ、それは霧の帯だよ」

「おい、かわいいぼうや、さあ、わしと一緒に行くのじゃ!
とても楽しい遊びをわしはお前とやりたいぞ。
色とりどりの花がたくさん岸辺には咲いておるし、
わしの母は黄金の服をいっぱい持っておるぞ」

「お父さん、お父さん、聞こえないの、
魔王がぼくにこっそり話しかけていることが?」
「落ち着け、落ち着くんだ、わが子よ、
それは枯葉の中で風がささやいているんだ。」

「さあ きれいな子よ、わしと一緒に行かぬぞよ?
わが娘はしっかりお前の世話をするはずじゃ。
わが娘は夜に輪舞へと連れて行き、
お前を揺らし、踊らせ、歌って休ませる。」

「お父さん、お父さん、あそこに見えないの、
魔王の娘たちが あの暗いところに?」
「息子よ、息子、よく見えるとも、
あれは古い柳が灰色になって見えるんだ」

「お前が気に入ったぞ、お前の美しい姿にわしはそそられる。
お前が嫌がろうと、わしは力づくじゃ。」
「お父さん、お父さん、ぼく もう捕まっちゃったよ!
魔王がぼくを苦しめるんだ!」

父親はぞっとして、馬を早める、
彼はうめく子を腕に抱えて
ようやくのこと 屋敷へとたどり着いたが、
その腕の中で 子供は死んでいた。


Wer reitet so spät durch Nacht und Wind?
Es ist der Vater mit seinem Kind;
Er hat den Knaben wohl in dem Arm,
Er faßt ihn sicher,er hält ihn warm.

Mein Sohn,was birgst du so bang dein Gesicht? -
Siehst Vater,du den Erlkönig nicht?
Den Erlenkönig mit Kron und Schweif? -
Mein Sohn,es ist ein Nebelstreif. -

“Du liebes Kind,komm,geh mit mir!
Gar schöne Spiele spiel ich mit dir;
Manch bunte Blumen sind an dem Strand,
Meine Mutter hat manch gülden Gewand.”

Mein Vater,mein Vater,und hörest du nicht,
Was Erlenkönig mir leise verspricht? -
Sei ruhig,bleibe ruhig,mein Kind;
In dürren Blättern säuselt der Wind. -

“Willst,feiner Knabe,du mit mir gehn?
Meine T& #246;chter sollen dich warten schön;
Meine Töchter führen den nächtlichen Reihn
Und wiegen und tanzen und singen dich ein.”

Mein Vater,mein Vater,und siehst du nicht dort
Erlkönigs Töchter am düstern Ort? -
Mein Sohn,mein Sohn,ich seh es genau:
Es scheinen die alten Weiden so grau. -

“Ich liebe dich,mich reizt deine schöne Gestalt;
Und bist du nicht willig,so brauch ich Gewalt.”
Mein Vater,mein Vater,jetzt faßt er mich an!
Erlkönig hat mir ein Leids getan! -

Dem Vater grauset's,er reitet geschwind,
Er hält in den Armen das ächzende Kind,
Erreicht den Hof mit Müh' und Not;
In seinen Armen das Kind war tot.
[PR]

by noanoa1970 | 2012-12-09 10:36 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)