魔王雑感その後


これまで「魔王」について、色々書いてきたが、それ以来ずいぶん時がたって、新しいことも見つかったので、ここらで再び書き留めておくことにした。

es scheinen die alten Weiden so grau.
古い柳の木立が灰色に光って見えるんだよ

上はゲーテの詩に曲をつけた、シューベルトやレーヴェの歌曲「魔王」の一節である。

小生は以前から疑問に思っていたのだけれど、「alten Weiden 」を、「古い柳の木」、「シダレヤナギ」とか、調べた全ての訳詞が「柳」としているのは何故だろうと。

この物語の出自から考えると、柳ではなく、他の樹木でなくてはならないように思っていたからであった。

魔王は元々がデンマーク語の「妖精の王ellerkonge」から、ヘルダーが採取したもののドイツ語訳が、「榛の木の王ErleKönig」と誤解したことから、本来ならElfenkönigとしなければならなかったというのが定説になっているようだ。

しかし、「妖精の王」≒「榛の木の王」・・・「≒」としたのは、小生なりの理由があって、ヘルダーが誤訳したと言う説が一般的であるが、そうでなく、「榛の木の王」とは「榛の木」をトーテムとした自然神信仰の象徴で、自然神は後にキリスト教文化からは、「妖精」や「悪魔」と言われるように、妖精の王である「エルフElfen」と、榛の木の王ErleKönig」は同じ出自であるから、ヘルダーの誤訳などではない。

古代ゲルマン神話など民族神話や古謡の収集家、ヘルダーともあろうものが、そのことに気がつかぬはずがないから、言外に意を込めるように、造語として「Erlkönig」という言葉を編み出したと、小生は思っているからである。

樹木を自然神として神格化することは、ドルイド:樫の木の賢者、宿り木、榛の木、の他にも、イグドラシル、アールキング、ハオマ、など多くの古代民族で見られることである。

これらのことから想像すると、古い柳と訳されたalten Weiden、 「柳」に幽霊は似合うが、魔王や魔王の娘の象徴としては疑問が残るから、該当箇所を調べたが、ネット上の辞書では「Weidenは牧草地」となっているので、小生の乏しいドイツ語の知識からはalten Weiden が柳であるとはどうしても考えつかない。

日本人の訳者が、「柳に幽霊」の故事を持って、「柳に魔王」という受けを狙って のことなのか、それとも隠れた意味があるのか、未だにわからないのである。(どうも柳の意味があるらしいのだが・・・)

もしも(alten) Weiden(通常ならば、牧草地を表す)を、緑の殖物であれば何でも良いから、適当なものを選択したのだとすれば、それはトンデモないことで、古代民族の民俗風習を知らない証拠である。

俗語では柳のことを言うのかも知れないと思い、更に詳しい辞書で調べると、 Weiden=柳とするものがあったので、訳は一応正しいのだが、未だに小生は納得できないでいる。

ゲーテの詩の解釈にも関連するかもしれないと、小生は踏んでいるのだが、シューベルトとレーヴェの曲のつけ方というか、詩の部分的繰り返しと省略について書いてあるHPがあった。
今まで気がつかなかったが、極めて興味深いことである。

一番上に上げた部分、「es scheinen die alten Weiden so grau.古い柳の木立が灰色に光って見えるんだよ」を、レーヴェは繰り返していることが判明したのである。

繰り返しは純音楽的意味と、詩の強調の意味があるが、シューベルトはやっていなくて、レーヴェがやっていることは、注目すべきことのように思う。

シューベルトが魔王を作曲したのは1815年頃だと言われているが、楽譜出版は1821年であるから、レーヴェが1824年に、同じゲーテの魔王に曲付けをする以前に、シューベルトの曲をすでに知っていた可能性は大である。

レーヴェは、恐らくシューベルトの曲付けには賛同しなかったのだろう、3年後に全く異なる作風をもって、同じ詩に曲をつけることになった。

なぜならレーヴェという人物は、自身が音楽作品にした、ゲーテや後に流刑の神々・精霊物語を書いたハイネが、ヘルダーの「民謡集」の影響が強いことを知り、自らもヘルダーに興味を持った形跡があるからだ。
異国の古謡やバラッドには特に惹かれるものがあったのだと思われる。

ヘルダーが採取して翻訳した、北方ゲルマンやアイリッシュ&スコティッシュバラッド、「オルフ殿」「エドヴァルト」に、レーヴェは曲をつけているが、単に素材としてだけでなく、その悲惨な内容が持つ異国の民俗的宗教的文化的背景を、身に付けていったのだと思われる。

ゲーテの魔王は、四行詩構成で、これはアイリッシュ&スコティシュ・バラッドと同じ形式で、しかも中味は「ロード・ランダル」と、「魔王」の原型の「魔王の娘」「オルフ殿」「妖精の王の娘」の話は非常によく似ているから、デンマーク民話も、ケルトのオールドバラッドが伝わったのか、その逆なのか興味深い。

従って「魔王」は、古民話=バラッド⇒ヘルダー⇒ゲーテ、ハイネ⇒シューベルト、レーヴェという流れで伝わり、この二人の他に、シュポア、バッハマン、シュレーター、シュナイダー、ツェルター、トマシェク、マテュー、マウンジー、シュロットマンといった作曲家が曲をつけている。(小生は未聴)

さて本題のレーヴェの繰り返しは、文頭に上げた「Es scheinen die alten Weiden so grau."
年老いた柳の木が灰色がかって見えるだけのこと。」の他にもあって、以下が該当箇所に当たる。

Er faßt ihn sicher, er hält ihn warm.
男の子をしっかり抱いている。寒くないようにと。
"Mein Sohn, es ist ein Nebelstreif."
息子よ、あれは霧がたなびいているのだ。
In dürren Blättern säuselt der Wind."
枯葉が風にざわめいているのだ。
Erlkönig hat mir ein Leids getan!"
魔王が僕に恐ろしいことをしてきたよ!
(最後に)Es scheinen die alten Weiden so grau."
年老いた柳の木が灰色がかって見えるだけのこと。

以上が繰り返される内容から、子供をしっかり抱いた親が、子供の見る亡霊に対して、霧だ、枯葉だ、柳だといい、子供の訴えを退けるのに必死な様子が、レーヴェによって強調されることが分かる。
馬の駆ける様子はレーヴェの場合は聞こえなく、木々の葉末の音のように、ピアノが聴こえる。
メロディアスなシューベルトに比べ、レーヴェは後のヴォルフのような、語りと歌とが入りまじったような曲をつけた。

逆読みすれば、2回も繰り返し子供の訴えを否定することは、子供の見たものが事実であるということにもなる。
レーヴェは、「魔王」が何であるのかを、ヘルダーやハイネから学んでいたのではないだろうか。
魔王は樹木榛の木の王であると共に、自然神が変容した、妖精たちの王でもある、ということを。
大人には見えなくても、キリスト教の毒を知らない純粋な子供には、魔王や魔王の娘が見えるのだ。

小生が「柳」を「榛の木」としたいと思ったのは、以上のことからである。

情景描写的なシューベルトと、父親と子供の心理描写的に聴こえるレーヴェの違いは、シューベルトがストーリー素材として魔王を扱ったのに対し、レーヴェは魔王を解釈したこと、その差であるように思うのである。

以下はレーヴェの「魔王」、そして同じくレーヴェの「エドヴァルト」。
「エドヴァルト」は、後にブラームスが2重唱に、そして4つのバラードのトップに入れた「父親殺し」のオールド・バラッドで、ヘルダーが採取し翻訳したものである。母親にそそのかされて、父を殺したエドワードの告白で、不気味な氣配が漂っている。
ブラームスの4つのバラードでは「運命の動機」が巧みに使われる。



[PR]

by noanoa1970 | 2011-08-10 05:45 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(3)

Commented by Abend at 2011-08-11 21:54 x
sawyer様、こんばんは。
>母親にそそのかされて、父を殺したエドワード
これですぐに思いつくのは、歴代イングランド王の中で最も無惨な最期を遂げたエドワード2世と王妃のイザベル・ド・フランス、そして息子のエドワード3世です。森護の『英国王室史話』を何度も読んだので、母イザベルを終生幽閉し、母の愛人マーチ伯モーティマーを処刑したエドワード3世の話は強く印象に残っています。エドヴァルトの話がこれに関係があるのならば、エドヴァルトが父殺しとして描かれているのは奇妙な感じがします。ただ、エドワード3世はスコットランドに大攻撃を掛けてスコットランド王をフランスに敗走させ、フランスとの間に百年戦争の戦端を開いた人物ですから、エドヴァルトの話がスコットランド由来のものであれば、彼を父殺しとするのもうなづけますね。
Commented by noanoa1970 at 2011-08-11 22:27
Abend さまこんばんは
>これですぐに思いつくのは、歴代イングランド王の中で最も無惨な最期を遂げたエドワード2世と王妃のイザベル・ド・フランス、そして息子のエドワード3世です。
小生は彼にたどり着くまでに相当な時間を費やしました。
物凄く複雑なイングランドとスコットランド王室の系統図に、四苦八苦したことが原因です。同じ名前が相当出てきますから、未だゴチャゴチャになっています。
多分このオールドバラッドは、スコットランドンの誰かが、イングランドの王室のスキャンダルを暴こうと意図したもので、其の犯人はブロードサイド(今の週刊誌や3面記事のようなかわら版の作成者であり広報者)で、ブリテン諸島からヨーロッパに伝わったと考えられます。エドヴァルドが、スコットランドのオールドバラッドとされるのは、作者が、そして最初に広まったのがスコットランドだからではないでしょうか。過去記事ですが、父親殺しの犯人探しをやった時のものがあります。http://sawyer.exblog.jp/3628702/
Commented by Abend at 2011-08-12 01:05 x
sawyer様
ご教示の記事を拝読し、私の推測が誤りではないとの自信を得ました。鎌倉幕府と期間が被るプランタジネット朝の歴代の王の多くは、血みどろの一生だった者が多いですね。中でも、エドワード2世に対するイザベルの行いは、当時としても常軌を逸しています。さすがにエドワード3世に生母であるイザベルは殺せませんでしたが、愛人のモーティマーに対しては、貴族と特権であった斬首ではなく、庶民の重罪犯に用いる四つ裂き刑にしています。母を処刑できない分の怒りがモーティマーに加上されたのだと思います。