苦難を乗り越える歌

フォスターのこの曲が頭から消えなく、二日続けてリフレインしている。

それで、手持ちのもの、そして便利なyoutubeと合わせて、10数種聞いてしまった。

youtubeに、探していた動画があったので、貼り付けておくことにした。

CDになったアルバム「アパラチアン・ジャーニー」と同じメンバーによるライブ演奏。

クラシック、カントリー、フォーク、ブルーグラス、作曲、異色の分野の優れものが一同に介し、フォスターを含む、アーリーアメリカンミュージックを演奏したライブ。

Hard times come again no more

Yo-Yo Ma on cello/James Taylor on vocal,guiter And Mark O'Connor on fiddle and Edgar Meyer on bass

我が国でも、オールジャンルが集まって、巨大な日本復興義捐コンサートの開催を望みたい。


[PR]

by noanoa1970 | 2011-03-30 07:21 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)