通りゃんせ 

佐藤公彦を実際に見たのは、ラジオから流れた歌を初めて聞いた時から、40年も経った先日のことだった。

最近のフォークソングの番組では、かなりマイナーな歌い手も登場することがあるが、まさか彼が出てくるとは・・・

「ケメ」・・・と、司会者が紹介したときには、一瞬誰のことかと思ったほどだったが、ようやくあの「ケメ」と称された佐藤公彦だと思い出した。

といっても、小生は彼の歌をよく聞いていたわけではなく、いや、本当のことを言えば、EPもLPも所有してないし、ラジオから流れるのを聞いていたにすぎないのだ。

雑誌に掲載された、宣伝用のレコードジャケットの「ケメ」は、コアなフォークソングの歌い手たちとは一線を画す、少し軟弱で、今風にいえばで、ジャニーズ系の甘いマスクのイケメン。

かつては、軟弱そうな中性的な風貌の歌い手が、40年経っても、まだ当時の面影を引きずって、現れたのだから、彼の歌の記憶をほとんど消し去っていた小生は、はたしていったい何を歌うのか、大いに気になった。

早川義夫からギターを借りて、おもむろに歌いだしたのが「通りゃんせ」。

歌を聴いていて、日常の感じとは別物の、自分の中の別の心臓が動き出したようだった。

歌詞は以下の通りだ。

詩を作ったのは女性だと思ったが、意外にもこれは男性の作ったもの。

何の不自由もなく生活してきた彼女に、突然不幸が舞い降りてきた。
はじめはその現実を恨み、生きていく気力もなくしてしまうほどであった。
しかし、ある時から、彼女はそれをふっ切って、現実と向き合い、現実を受け入れた。
今はただ、前を向いて歩いて行くだけ。
これからまた、さまざまな苦難がきても、来るなら来い。
女だから恋もしたいし結婚願望も捨てたわけじゃない。
でも、今は残された家族を守っていくことだけを考える。
いつかはきっと私にも幸せが来ると思うと信じて・・・

こんなことを思わせるような詩の内容でで、その詩にケメは、「ソラドレミ」・・・いわゆる我が国の伝統的民謡にある、四七抜きの音型を持って作曲して歌う。

しかも、ニューミュージック的アレンジに、中性的な声・・・カウンターテナーで歌うアンバランスの美学に、相当打ちのめされてしまった。

「ソラドレミ」音型は、ケメの音楽手法の特徴とも、ほかの曲をyoutubeで見聞きして実感した。
日本のフォークソングの、新しいスタイルだったかもしれなかったのに、なぜかニューミュージックシーンに吸収され、結果コアなフォークファンからも、ポップなニューミュージックファンからも見向きされなくなってしまった感がある。

でもこれだけの曲を歌ったのだから、コアなケメファンは存在するのであろう。

久しぶりに心をざわめかせたケメの歌。
よくぞマスコミに登場してくれたと感謝。


通りゃんせ

作詞 門谷憲二
作曲 佐藤公彦



五月雨 五月よ来るがよい 実らぬ恋もあるがよい
私の縫ったちゃんちゃんこ 着る方も無く 衣替え

八月 葉月の虫の音は 愛しゅてならぬと鳴きまする
かあさま倒れた台所 今じゃ私が おさんどん

神無し 十月来るがよい 私も師走にゃ雪化粧
一人座って窓開けりゃ いつかは情けも 通りゃんせ

   通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの 細道じゃ

五月雨 五月よ来るもよし 実らぬ恋もあるもよし
憎い 八卦見言いおった 30過ぎまで嫁がずと

若いころのケメはこちら
「メリーゴーランド」

[PR]

by noanoa1970 | 2010-05-03 09:34 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(4)

Commented by drac-ob at 2010-05-03 21:22 x
ついにケメが出てきましたか。90年代のフォークリバイバルの頃は岡林も加川良もテレビ(主にNHKのBS)に出なかったものですが、その頃と比べると隔世の感があります。ケメの人気があった頃は僕の高校時代で、彼の作るメロディ・・ライン(歌はちょっと当時はいただけませんでした)は好きでしたが、そんなことをいうと「軟弱者」といわれるので黙っていました(笑)。

しかし、いよいよフォークリバイバルも行き着くところまで来た感じがしますね。森田童子の登場、古井戸の再結成なんかもありそうです。個人的には、三上寛の再評価をして欲しいのですが…。
Commented by エレ at 2010-05-03 23:49 x
ケメは覚えています。
今でも透明感のある歌声が変わらないことに感動しました。
noanoa1970さん、良い歌を聴かせてくださいまして、ありがとうございます。
Commented by noanoa1970 at 2010-05-04 09:07
エレさん、お元気で何よりです。
エレさんの記述にコメントはしたいところですが、なんせ人気者ですから大勢のコメント者であふれていて、其れに丁寧にレスを返すのは、エレさん実に大変だろうと、小生ROMのみで控えている次第です。
そんな忙中のコメント、非常にありがたく思っていて、忘却の彼方ではなかったことを再確認させていただき、今日は非常に気分よしです。「通りゃんせ」は、これからの人生に対する、女性の前向きな気持ちが、ひそやかに滲み出た、歌詞も曲も素晴らしい。このような女性をリスペクトする男性の思いが綴られているようでもあります。
Commented by noanoa1970 at 2010-05-04 09:18
drac-ob さん
「山崎はこ」までもTVに出てしまうようになりましたから、ずいぶん変化がありましたね。いわゆるフォークが、実のカウンターカルチャー出なくなってから、もうずいぶん久しいですが、マイナーな存在だった人たちは、今だから登場できるといった面もあるようです。何がともあれ、選択肢が増えることはよいことで、誰かが丁寧に価値を語ってくれると、きっと現代の若者たちにも通じる何かがあるように思うのですが・・・
三上寛は放送禁止歌が多いから、マスコミにとって危険人物なのは、多分今も変わらないでしょうが、彼の歌の、人間の隠れた土着心象を思いっきりあらわにするところは、他の歌い手とは一線を画すようです。