ソドレミ音型の発祥はケルトか?

今日散歩中に浮かんだソドレミ音型曲。

山の音楽家


真白き富士の嶺




原曲は聖歌623番


おさななじみ


「山の音楽家」はドイツ民謡と言われているし、「真白き・・・」の原曲は聖歌だそうだ。
そして「おさななじみ」は中村八大作曲地推されるが、「鉄道唱歌」とごく類似する。
「鉄道唱歌」の原曲はアイルランド民謡だから、今日上げたいずれもが、源を西欧の民謡に発している。

ソドレミ音型の曲の源を、民謡であると仮定し、その民謡の大本を「ケルト」と仮定すると、面白いものが見えるかもしれない。

[PR]

by noanoa1970 | 2010-03-19 10:19 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(0)