スイットナー氏逝く

この1月8日に亡くなったとの情報を耳にした。
スイットナーの小生のコレクションは、ごくごく少なく、今までもN響を指揮する姿をTVで拝見するのみであった。

これといって特徴があるわけでもなく、どちらかといえば地味な存在の指揮者であるように思ったのと、出身はどこかの東欧諸国の1つなのだろうと、勝手に思ったりしていて、小生の興味の対象からは大きく外れていた。

彼のモーツァルトがよいとの評判にも耳を貸さないで、実に長い間過ごしてきたのだが、5年ほど前だったか、edelから廉価で発売されたブラームスとドヴォルザークの交響曲全集を目にし、彼の「新世界」以外のドヴォルザークが、はたしてどのような演奏なのかと興味を持ち、それまで集めたブラームス演奏とも比較してみようと購入したのだった。

ドヴォルザークについては、「新世界を聴く」のブログ記事にUPしたが、「ブラームスを思わせるようなドヴォルザーク」という印象を書いていて、小生は好印象を与えている。

d0063263_1115475.jpg
この時は「新世界」単独盤しか聴いてなかったのだが、それから5年後入手したのが上にあげたブラームスとドヴォルザークの全集のCDである。

追悼の意を込めて聴いてみようと思ったのは、ブラームスの3番の交響曲である。
これには理由が2つあり、1つはこれらの中で最も追悼に相応しい曲だと思ったこと。

もう1つが、全8枚に収録された楽曲の中で、なぜかこの3番だけが2枚目と3枚目に楽章がまたがっているので、CDを交換するのが面倒だから、いままで数回しか聴かなかったので、記憶も定かでなく、この機会にじっくり聴いてみることにしたというわけだ。

3番の交響曲は、カラヤンとウイーンフィルの古いDECCA録音を好んで聴いてきたが、今となっては、あの少々甘味が強い演奏が鼻につくことがある。

言ってみれば、決して悪くないのだが、何度も繰り返して聴くには少ししんどい演奏だと言える。

その反面スイットナーの演奏は、これといった特徴こそないのだが、実に気持ちよく多分何回か繰り返し聴いても飽きることのない演奏のように思われた。

シュターツカペレ・ベルリンのオケの響きがものすごく美しく、濁りが微塵もない。
過去にこのオケ殻このように美しい響きを弾きだした指揮者は、はたして存在するのだろうか。
小生の経験では未だかつてない素晴らしいものだ。

特にブラームでのオケの響きは、多くのオケの演奏を聴いてきたが、歪っぽく濁りがちであることが多く、それが当たり前のような感があったのだが、スイットナーのシュターツカペレ・ベルリンは、一皮も二皮も、汚いものが撮れて、実に美しい響きを醸し出す。

指揮者の特徴を、ややもするとアーティキュ-ションやアゴーギグがメインに語られることが多いが、オケの響きを極めて美しいものに仕上げるということも、指揮者の技量の大きな1つなのだと小生は思うのである。

最近ではこのような指揮者は、あまりお目にかかることがないのだが、ペーター・マークとパドーヴァベネトと並んでスイットナーは素晴らしい。

何もピリオドをやらなくても、こういう演奏があれば、十二分に満足することができ、昨今のピリオドをオーセンチックにする傾向には、大いなる疑問を呈さざるを得ない。

ひょっとして、重要な指揮者の技量そのもの・・・オケをコントロールする技量が、欠けているのではないかとさえ、疑わしく思われてしまう。
スイットナーは、世間の評価はさほどでもないようだが、多分熱烈なコアなファンが存在するのだろう。

小生は今のところ、ほんの少ししか彼の音楽を聴いていないから、まだそこには到達していないのだけれど、多分聴けば聴くほど彼の良さが解ってくるのだろうと推測している。

彼は「マエストロ」という称号は、残念ながら与えてもらえなかったと記憶するが、実力からみれば、その名に十分値するのだとも大いに推測できる。

そのうち彼の音楽の集大成盤なども出ると期待するが、そうなれば是非ジックリ聴いてみたい指揮者の1人である。

謹んでご冥福を、お祈りする。

[PR]

by noanoa1970 | 2010-01-14 11:03 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(3)

Commented by こぶちゃん at 2010-01-14 11:50 x
そうでしたか、お亡くなりになりましたか…
1年ほど前だったか、BS2で日曜深夜、老齢の彼と奥方の仲睦まじい様子を放送していましたが、既に引退後の映像だったと思います。

彼の代表作はモーツァルト「魔笛」。歌手陣とオケ(ドレスデン歌劇場)が揃った素晴らしい演奏です。

シルヴィア・ゲスティの夜の女王(アリア)が唯一の問題だった記憶がありますが、私はLPとCDの両方で聴いていました。

もし未聴ならば是非、聴いてみて下さい。
Commented by noanoa1970 at 2010-01-14 15:17
こぶちゃんさん
ご教示ありがとうございます。
魔笛は評判が良いみたいですね。
ベームとサヴァリッシュ盤しか持ってないので、入手したいと思います。
Commented by こぶちゃん at 2010-01-14 19:25 x
サヴァリッシュはLPで持ってました…確か4ch録音でしたね(笑)。
私は、他にクレンペラー(アリアのみで台詞無し)、クリスティー、ノーリントン盤を持ってます。
モーツァルトのオペラではフィガロと魔笛が一番好きですね。