クルト・マズア/N響の第9

d0063263_1441824.jpg
年末恒例NHK第9コンサートが22日開催され、その模様がBS-Hで放映されるのを楽しみにしていたのを、本日観ることができた。

興味は大きく2つあって、1つはマズアはかねてから第9の女性パートに、少年少女合唱団を、起用していて、本公演でもそうする旨伝えられていたこと、そして第2楽章のティンパニをディミヌエンドさせているのが今回見られそうなことである。

マズアは82歳という年になって、その指揮ぶり・・・楽曲解釈が変化したのではないかかと、期待と不安を持って臨んだのだが、その心配は見事に裏切られた。

やや早めのテンポで音楽を造り、ほとんど・・・かなり細かいものは見受けられるのだが、インテンポで通していた。
3楽章は指揮者によっては、抑揚をつけてオケを歌わせるものがあるが、マズアは、かなり即物的に音楽を進める。

このようなスタイルの演奏は、録音されたものを何回も聞くには良いのだが、ことライブでは少し物足りなさを感じるだろう。

30年ほど前のゲヴァントハウス管とのスタジオ録音と、さしてその解釈に変化はないようで、マズアの第9の演奏スタイルが昔と同じように、したがってその姿勢や解釈に微塵もたじろぎがないということであろう。

d0063263_14433591.jpg
オケはスタンダードな両翼配置で、ティンパニを中央奥に配置する。

N響は技術的にはとても素晴らしく、世界的水準レベルに達しているとは思うが、この演奏では、かなりクール。
今の季節これだけの慣習と総勢200人以上の大舞台なのだから、もう少し熱いものが感じられてもいいのではないだろうか。


しかし言いかえれば、熱くなる心情を通り越したところにある、プロなりの客観性が出た演奏ともいえよう。

マズアの指揮ぶりは、大仰なところは一切なく、指揮棒も使わないから、派手さは全くない。
年のせいかというと、そうでもなさそうで、指揮台のバックガードからかなり離れたところ・・・オケに1番近いところに立っての指揮であった。

マズアは、口でも指揮をする。

そして各パートへの指示がかなり細かいことが特徴だが、後はほとんどオケに任せているような気配が漂う。

2楽章のティンパニは、やはりディミヌエンドしていたが、奏者はかなり苦労すると思われるが、難なくこなしていたのはさすがであった。

テーネの歌い方は「G-F」で、小生の好みの方法だ。
一番心配した邦人のソロは、全員高水準で、最初に出るバリトンは、高域に少しだけ難があるものの、最近ではベストに入る出来栄えとお見受けした。

テナーもほとんど崩れがなく、この難しいパートを高水準でこなしていた。
それに引き換え、女性ソロ陣は少々焦り気味なのか、上がり気味なのか、多分本領を発揮できずに終わった感があった。

さて総じて素晴らしかったのだが・・・

小生が1番ガッカリしたのは、せっかく起用した少年少女合唱隊だ。
といっても、彼らの技量のことではなく、せっかくの起用の意図らしきものが発揮されず、まったく効果的でなかったこと。

d0063263_14421857.jpg
小生は女性パートの代わりに、少年少女合唱を起用するものと思っていたが、それは勝手な誤解で、そうではなく、正面左わきに20から30名の合唱隊が配置されるのみで、後は通常の合唱団の人数配置に彼らを加えたにすぎなかった。
したがって期待した少年少女合唱の、レスビブラートの天国的あるいは宗教的静謐さの声が、大人の声に同化されたのか、あるいは埋もれてしまい、これでは非音楽的意味しかない結果となってしまった。

これは少年少女合唱隊では数が不足したので、通常合唱団に彼らを加えることでの妥協の産物なのだろうか。
それともこの大舞台を経験させたいとの思いやりなのだろうか。

この場に参加した彼らは、一生思い出として残るであろうし、今後成人しても合唱をやる人も多いだろうから、そういう意味では、良かったことになろう。

少年少女合唱を、とても期待しただけに、残念なことであった。

それにしてもマズア・・・こんなにもザッハリッヒな指揮者だったかと、これから手持ちの音盤を聴いて確認してみることにした。

[PR]

by noanoa1970 | 2009-12-26 14:45 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(2)

Commented by maru at 2009-12-26 17:21 x
今日26日そのマズア指揮の演奏会に行ってきました。
印象はほとんど書かれている通りで、悪い演奏ではなかったけれど、あまりにザッハリッヒカイトで熱さに欠け、これではわざわざホールに行く必要はないかな、という所でした。(最近聴いたパーヴォ・ヤルヴィのCDの方が全く面白い。)少年少女合唱団は確かに全く生きておらず、意図倒れの感は否めず、でした。
Commented by noanoa1970 at 2009-12-26 19:21
maru さん参加されたのですね。
26日の演奏も同じような調子でスト、やはり指揮者とオケのバランスが悪いということでしょうか。
付け焼刃的で、あまりこなれてなかった感は否めません。
そして少年少女合唱隊の起用の位置が見えない結果になったということは、プロデュース不足なのかもしれません。高チケットで参加した人は不満があるかもしれませんね。残念なことですが、滅多に凄い「生」は、ないようにに思っていたほうがいいのかもしれません。