アンゲルブレシュトのフォーレ・レクイエム

「無料クラシックmp3ダウンロード著作権切れ、パブリックドメインの歴史的音源」というサイトのフォーレのコーナーに「アンゲルブレシュト」の名高い録音があることを知った。

最近では「アンゲルブレシュト」という指揮者は、ドビュッシーと親交があり、ドビュッシーの音楽研究家としてもその筋では知られており、評価も高かったが、なにしろ音源がCD化されることが少なく、ごく最近までは、LPで古くから聴いている人たちだけが知っている、いわば幻的存在であった。

かくいう小生も、アンゲルブレシュト・・・あの「聖セバスチャンの殉教」の初演者ということで、その名前は知っていたが、一時セットで出たCDを購入するタイミングを逃したたばかりに、廃盤となって久しかったのであった。

つい最近になってテスタメントから、CD復刻されたので、いずれ入手しようと思い、ショッピングカートに入れておいたのだったが、それが今回このような形で、DLできるのだから、これは大変なことだ。

この前紹介したもう一つのサイトと合わせ、これでいつでも利用可能な音源のDLが2つになり、相当数の音源があるから、古の録音を楽しむのにはうって付だ。

版権切れの復刻CDが多く出回っているが、こうなるともうその生命も終わりではないだろうか。
古い音源の焼き直しで商売をしてきたメーカーは、本当に「クラシックの音源」の提供の仕方を考えないといけないだろう。

ともかくユーザーにとっては、今回の古い音源のDLサイトの出現は、大いに評価すべきことである。

フルルトベングラーをはじめとする、ほとんどの往年の指揮者の録音は今後すべてDL可能となるであろう。

ますます「古き良きもの」の相対的価値が低下していくが、それはいたしかたないことなのか。
少し寂しい気持ちもしないではない。

こんなことを思いながら、アンゲルブレシュトのフォーレのレクイエムを聴いた。


第3稿、すなわち大オーケストラ編であるが、聞こえてくるのは室内楽的響きである点が、他の同じ稿の使用録音とは趣が違う。

テンポを少し速めに取りながら・・・有名なクリュイタンス盤との比較においてだが・・・録音が古い割にはオルガンとハープの音がかなり鮮明に出ている、かなり即物的な演奏のようだが、そのことがこの曲にマッチングしているように思われる。

また…これは録音のせいかもしれないが、低弦を際立たせた演奏と合唱陣の真摯な歌い方からも、多くが「甘い・・死への賛美」のような解釈が多いのに比べ、本格的宗教的な雰囲気の濃い気高い品のある演奏である。

彼は自作の「レクイエム」作品もあるというから、宗教曲には相当の思い入れがあったのだろう。

独唱陣も・・・特にソプラノのフランソワーズ・オジュアは、多くの歌い手の中でも際立ったもので、清楚なそしてビブラートを極力抑えた歌い方は非常に好感が持て、この曲にふさわしい。

評判の高いクリュイタンス盤のディスカウは、小生にはこの曲には似つかわしくないと思うことしばしあるのだが、ベルナール・ドゥミニは、ディスカウのような非宗教的な独音の声質ではなく、これも曲想に見合っていて秀逸である。

録音は古いが、多分あのシャルランで活躍したエンジニアのものとされるようだから、自然であり、mp3データでも十分聴けるものだ。

かつては幻の音源と言われ、デュクレテ・トムソンのLPが市場では数万円の価格で取引されたことを思うと、ありがたくそして感謝のの一言に尽きる。



フランソワーズ・オジュア(S)
ベルナール・ドゥミニ(Br)
ジャンヌ・ブドリー・ゴダール(org)
フランス国立放送合唱団

フランス国立放送管弦楽団
デジレ・エミール・アンゲルブレシュト(指揮)

録音:1955年1月~2月
原盤:仏デュクレテ・トムソン

[PR]

by noanoa1970 | 2009-11-04 10:58 | 徒然の音楽エッセイ | Comments(2)

Commented by こぶちゃん at 2009-11-04 12:11 x
アンドレ・シャルランの録音でしょうね。時代的にはイヴ・ナットのベートーヴェン全集を録音した後の頃だと思います。
私もクリュイタンス盤におけるディスカウ、そしてアンヘラスの歌い方は極めてレクイエムからは程遠いオペラティックなものと思います。
レクイエムは清楚に限りますね(笑)。
Commented by noanoa1970 at 2009-11-04 14:43
こぶちゃんさんお久しぶり。
夜の仕事はいかがでしょう?
十分に力を発揮していることと、推測します。
所で、無料のDLサイト、とてもよいですよ。
今まで苦労しなければ聞けなかった音源もかなりあって、小生は大変楽しみにしています。圧縮データも、PCの音響装置で聞く限り満足できます。紹介したサイトはファイル形式名などが文字化けしていますので、そのままでは開けません。名前を付けて保存の際、自分で拡張子名を付ける必要があります。